鞄(バッグ)

30代に人気のビジネスバッグブランドランキング

投稿日:

 

こちらでは、30代のメンズに人気となっている、ビジネスバッグやブリーフケースなどのブランドをご紹介していきます。

高級ブランドから、穴場のような、オススメブランドまで、幅広くランクインしていますので、是非、チェックしていってください。

 

1位 COCOMEISTER(ココマイスター)

http://cocomeister.jp/

どんなブランド?

ココマイスターは、ここ数年で人気が一気に急上昇した、注目のブランドです。

30代でビジネスバッグを狙っているなら、ココマイスターが圧倒的にオススメできます。

ココマイスターの魅力は、ヨーロッパ製の高品質なレザーを、日本の職人が丁寧に縫製しているという黄金のコラボレーションによって、商品が製造されているというところです。

価格帯や購入層は?

ココマイスターのターゲットは、30代~60代くらいと幅が広く、渋みと落ち着きのあるテイストは、高年齢層な男性にもウケています。

価格帯は決して安くないのですが、長年に渡って活躍させられるということを考えると、コスパは非常に良いと言えます。

お薦めのシリーズは?

クリスペルカーフローゼンハイム

クリスペルカーフローゼンハイム

ドイツで最高峰と言われる高級なボックスカーフによって仕立てられている、エレガントなブリーフケースです。30代というと、ベテラン世代に突入する年頃ですから、こういった重厚感のあるバッグを狙いにいくのがオススメ。

 

マットーネアルヴィート

マットーネアルヴィート

革らしい革の、味わい深いテイストを楽しむことのできるビジネスバッグです。シンプルでエレガントでもあるのですが、どことなく、カジュアルなシーンにも溶け込んでくれそうな風合いがチャーミング。

 

2位 TUMI(トゥミ)

TUMI(トゥミ)

http://www.tumi.co.jp/

どんなブランド?

TUMIの魅力は、とにかく機能性に優れていて、ハイスペックということでしょう。

女性ウケを狙ったり、セクシーな色気をアピールしたり、というラインを狙っている人よりも、とにかくデキる男の、ビジネスパートナーを探しているんだ!そういうバッグを求めているんだ!という人にオススメできる、男のためのブランドです。

価格帯や購入層は?

TUMIのメインターゲットは、まさに30代くらいです。

PCを持ち運ぶ機会の多い人や、出張する機会の多い人など、とにかく忙しく過ごしているメンズなら、誰もがTUMIのバッグに魅力を感じることでしょう。

価格帯は、機能性を考えると、かなりお得であると言えます。コスパが抜群に良いブランドです。

お薦めのシリーズは?

オーガナイザー・ブリーフ

オーガナイザー・ブリーフ

耐久性の高いバリスティックナイロンで仕立てられている男性的な魅力に満ちたブリーフケースです。15インチのPCを収容することが可能。タブレットなども安心して収納できる保護パッド付きです。ショルダーストラップも付属しています。

 

「テイラー」ポートフォリオ・ブリーフ

「テイラー」ポートフォリオ・ブリーフ

TUMIの中でも、落ち着きと気品と高級感に満ちているエレガントなラインのバッグです。スリムで持ち運びがしやすく、キャリーバッグとの連結も可能なので、出張が多いビジネスマンにオススメできます。

 

3位 土屋鞄製造所

土屋鞄製造所

https://www.tsuchiya-kaban.jp/

どんなブランド?

土屋鞄製造所は、日本で古くから革製品の開発を行っている老舗ブランドです。

老舗というと、古臭いイメージを持つ人も多いかもれしれませんが、土屋鞄の場合は、常に洗練された魅力に溢れています。

職人も若い世代の人を多く採用しているようで、最先端のトレンドをさりげなく商品に取り入れるのが得意です。

価格帯や購入層は?

土屋鞄製造所は、ランドセルの製造も行っているようなブランドですし、古くから日本に存在していますので、まさに老若男女、小学生くらいから、シニア層のお年寄りまで、全ての人々に愛されています。

ビジネス向けのエレガントでシンプルなバッグも揃っているので、注目すべきでしょう。

価格帯は、ほどよいラインで、購買欲を煽ってきます。

お薦めのシリーズは?

ウルバーノ シティートート

ウルバーノ シティートート

イタリア産の最高級皮革が採用されている、エレガントなブリーフケースです。ナチュラルなのに上質というのが、30代くらいの若いビジネスマンにしっくりくることでしょう。キュッと鳴く革の魅力にもハマってみてください。

 

アルマスバッファロースクエアブリーフ

アルマスバッファロースクエアブリーフ

素材にバッファローが使われているので、そのほかのバッグよりも、ワイルドで、独特の男性的な魅力に満ちているブリーフケースです。さりげなく2トーンで仕上げられているところも注目すべきポイント。

 

4位 dan genten(ダンゲンテン)

dan genten(ダンゲンテン)

https://genten-onlineshop.jp/pc/item/index.cgi?itemBrcd=12

どんなブランド?

ダンゲンテンは、地球環境などにも配慮している、革製品ブランドです。

ナチュラルで、革本来の表情がよく生かされているようなバッグが多く展開されています。

ゴートやバッファローなど、希少価値の高い革製品なども揃っているところが魅力です。

無骨なのに洗練されているという、独特の世界観にハマってみてください。

価格帯や購入層は?

ダンゲンテンのメインターゲットは、まさに30代くらいとなっています。

シンプルだけれど、ディテールが凝っていて、本物ならではの高級感に満ちているような、そんなバッグと相性が良さそうだと感じる人はダンゲンテンに注目すべきでしょう。

価格帯は、お高めですが、高価過ぎることがないので、安心して手を伸ばせます。

お薦めのシリーズは?

スムリ ショルダーバッグ

スムリ ショルダーバッグ

シックな色調なのに、複数のカラーが巧みに使われているので、洗練された印象に仕上がっているショルダーバッグです。スムリというのは、奄美の方言で、「染める」の意。土臭さがありつつも、都会的に仕上がっている独特のバランス感が魅力です。

 

タスカ・メン サコッシュ

タスカ・メン サコッシュ

男性の外出に必須なアイテムを過不足なく収めることができる、スッキリとスリムなサコッシュバッグです。身軽な通勤スタイルに憧れを抱いている人は、こういったコンパクトなバッグにも注目してみてください。

 

5位 ILBISONTE(イル ビゾンテ)

ILBISONTE(イル ビゾンテ)

http://www.ilbisonte.jp

どんなブランド?

イルビゾンテは、イタリアの本格的な革製品ブランドです。イルビゾンテといえば、特徴的なのは、バイソンのロゴでしょう。

このロゴは、単体でファッション雑誌の表紙を飾ることもあるほど、威張りの効く、オシャレなマークとして有名なので、やはり狙うなら、そこはロゴ入りのバッグでしょう。

価格帯や購入層は?

イルビゾンテの価格帯は、30代のメンズにとって、絶妙であるといえます。

高過ぎると生活に不安を感じてしまいますし、かといって安過ぎるとファッションにお金を掛けている感覚が味わえません。

イルビゾンテはそんな30代が安心して手を伸ばせるような価格帯に設定されているところが魅力なのです。

お薦めのシリーズは?

ショルダーバッグ

ショルダーバッグ

クラシカルな佇まいで、上品な魅力に満ちているショルダーバッグです。2つのベルトは、シンプルながらも、フォルムなどディテールが凝っていて、さりげない高級感に満ちています。エンボス加工されているロゴにも注目。

 

ショルダーバッグ

ショルダーバッグ

コロンとしたフォルムがキュートで、革製品好きなら、誰もが間違いなく好反応を示しそうな、愛らしいショルダーバッグです。ヤキヌメの色は、美しい経年変化も期待でき、長年に渡って、愛着を抱いていけることでしょう。

 

6位 COACH(コーチ)

COACH(コーチ)

http://japan.coach.com/

どんなブランド?

30代の男性がブランドモノのバッグを狙うなら、コーチがオススメです。

コーチといえば、高齢の女性が好むニューヨークのブランド、という認識を持っているとしたら、それは古いです。

コーチは、若いメンズ向けのラインが非常に充実していて、種類も多く、ハイセンスな商品が揃っていうるのです。

価格帯や購入層は?

コーチのバッグは、ハイブランド品だけあって、価格もそれなりに高価です。

しかし、一流のブランドが製造しているバッグだけあって、何年も愛用していけることを考えると、コスパは良いといえるでしょう。

それに、そのほかのハイブランドよりも、若干リーズナブルというとろこが魅力だったりします。

お薦めのシリーズは?

メトロポリタン スリム ブリーフ マテリアル ブロック レザー

メトロポリタン スリム ブリーフ マテリアル ブロック レザー

高級品なのに、全くイヤミがなく、男性からも女性からもウケが良さそうなブリーフケースです。2トーンで構成されているところがハイセンスで、オシャレ上級者のアイテムといった香りがします。これで10万円を切っているのは、お値打ち。

 

ハドソン 5 バッグ

ハドソン 5 バッグ

都会的なテイストでありながら、クラシカルな雰囲気もあり、絶妙なバランスで仕上がっているコーチならではの上品なバッグです。シンプルなのにディテールでここまで魅せてくるのはさすが。独特の色調にも目を奪われます。

 

7位 PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

http://www.pellemorbida.com

どんなブランド?

ペッレモルビダは、日本で誕生した、革製品のブランドです。

豪華客船の旅という独特のコンセプトがあり、地中海沿岸でバカンスを楽しむ大人が愛用していそうな、エレガントで洗練されたバッグの数々を楽しむことができます。

メイドインジャパンなので、品質、機能ともに、安心できるのが魅力です。

価格帯や購入層は?

ペッレモルビダのターゲットは、30代の男女です。

これまでは、自分が好きなテイストのものばかり選んで来たけれど、これからは人の目も意識したような大人っぽい、本格的なアイテムを身に着けなければ…、というように、目線をグッと高くあげたい人にオススメできます。

価格帯は、品質相応でコスパはとても良いです。

お薦めのシリーズは?

CA-013

CA-013

ペッレモルビダらしい要素が、シンプルな中にもギュッと凝縮されている、エレガントなブリーフケースです。船底のような流曲線や、遊び心に満ちたタグ、海面のようにキラキラとしたエレガントなテクスチャーが魅力といえるでしょう。

 

Mare

Mare

クールでスタイリッシュな、ブリーフケースです。特に、ハンドルが船のように浮いて見えるところが、このバッグのユニークなポイント。シンプルなのに、ほかとは違う、独特の存在感があるのです。

 

8位 BURBERRY(バーバリー)

BURBERRY(バーバリー)

https://jp.burberry.com/

どんなブランド?

バーバリーは、イギリスで誕生した伝統的なファッションブランドです。

その最大の魅力は、高級感に溢れているのに、どこまでもチャーミングなタータンチェックでしょう。

バーバリーといえば、チェック柄なので、せっかくならチェックの施されたバッグや財布やコートなどを狙ってみるのがオススメです。

価格帯や購入層は?

バーバリーの価格帯は、おそらく、想像している以上にかなりお高めです。

高校生がマフラーで愛用しているブランドというイメージがあるので、庶民派なのかと思いきや、実は超がつくほどのハイブランドなのです。

そして、そこがバーバリーの本当の魅力でもあると言えます。バッグなら少なくとも10万円くらいの予算は見積もっておいてください。

お薦めのシリーズは?

ラージ ロンドンチェック ブリーフケース

ラージ ロンドンチェック ブリーフケース

バーバリーらしいチェック柄が絶妙なコントラストで施されている、洗練された印象のブリーフケースです。ショルダーストラップも付属しているので、手提げと、ショルダーの2通りのスタイルを楽しむことができます。

 

ラージ ロンドンチェック ブリーフケース

ラージ ロンドンチェック ブリーフケース

いかにもなブリーフケースからは、あえて少しはずしたようなフォルムとなっているところが絶妙にオシャレなバッグです。バーバリーらしいチェック柄も健在。カラーは、チャコールとブルー系の2パターンで展開されています。

 

9位 LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

http://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/homepage

どんなブランド?

ルイヴィトンと言えば、誰もがその名を知る、世界的な超一流ブランドです。

誕生国はフランスなのですが、日本での人気はとにかく圧倒的で、それほど経済的に余裕がないはずの高校生であっても、皆が皆、こぞってルイヴィトンに憧れを抱くほど。

30代に突入したのであれば、ハッタリではなく、余裕をもって、ルイヴィトンのバッグを購入できるはずです。

価格帯や購入層は?

ルイヴィトンの価格帯は、かなりお高めです。

バッグであれば、10万円以上の予算を見積もっておかないと、選択肢が広がらないでしょう。

購入層は非常に幅が広く、若ければ10代から、上はシニア層までといった感じで、とにかく、ブランドものが欲しければ、ルイヴィトンを選んでおけば、間違いありません。

お薦めのシリーズは?

ダンディ・ブリーフケース

ダンディ・ブリーフケース

いかにもルイヴィトン!なラインから、少しだけ狙いをそらしているところがオシャレなメンズ向けのビジネスブリーフケースです。ただの市松模様ではなく、ところどころにヴィトンのロゴマークが入っているので、充分に威張りを効かせられます。

 

カルターブル

カルターブル

光沢感や、グラデーションの具合など、まるで芸術品のように美しい、ブリーフケースです。こんなバッグで通勤することができたら、それは間違いなく勝ち組であると言えるでしょう。ヴィトンのおなじみなモノグラムも、ワンポイントで施されていて、かなりオシャレ。

 

10位 BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

https://www.bottegaveneta.com/jp/

どんなブランド?

ボッテガ・ヴェネタと言えば、イタリアのブランドで、一流の中でも最上級に位置するような存在です。

特徴的なのは、イントレチャートと呼ばれる、レザーの細かい編み込みです。

これはボッテガのアイコンであり、ほぼすべての商品に、この編み込みは施されています。

30代に突入したなら、こういったブランドのバッグを狙いにいきましょう。

価格帯や購入層は?

ボッテガの価格帯は、超がつくほど高価です。

庶民には簡単には手が出せないので、ボッテガのバッグを持っていたら、それだけでセレブであると認定してもらえることでしょう。

本当に経済的な余裕がないと購入できないブランドなので、メインのターゲットは、30代、40代、50代くらいになってきます。

お薦めのシリーズは?

マイクロイントレチャート エンボス ブリーフケース

マイクロイントレチャート エンボス ブリーフケース

中央に大胆なストライプが施されている、都会的で洗練された印象のブリーフケースです。ボッテガのアイコンである、イントレチャートも健在。価格は、33万円台とかなり高価ですが、その価値は必ずあります。

 

モロ イントレチャート カーフ ブリーフケース

モロ イントレチャート カーフ ブリーフケース

シンプルながらも、どこまでもエレガントで、本物を見抜く目を持った大人の心に、確実にフックするであろう、ブリーフケースです。落ち着きのある、絶妙な色合いにも注目してください。価格は、32万円ほどです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?30代の大人なメンズから人気のあるブランドをご紹介させてもらいました。

お気に入りのバッグを見つけて、是非、購入してみてください!

-鞄(バッグ)
-,

Copyright© メンズファッションブランド7 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.