財布

日本製メンズ財布の人気ブランドランキング

投稿日:

 

こちらの記事では、日本製のメンズ財布を、ランキング形式でご紹介していきます。大人っぽいものや、シンプルでも存在感のあるものなど、様々なテイストの財布が紹介されているので、参考にしてみてください!

 

1位 GANZO(ガンゾ)

http://www.ganzo.ne.jp

どんなブランド?

ガンゾで財布を購入しよう、と考える人は、ズバリ!高品質であるということにこだわりを持つ人です。

ネームバリューがあるから、とか、デザインが個性的だから、ということを基準にしているのではなく、とにかく、素材が良くて縫製が丁寧であるということに関して厳しい目を持っている人が、最終的にガンゾを選ぶ傾向にあるのです。

商品のバリエーションも多いので、必ずおメガネにかなうものが見つかることでしょう。

価格帯や購入層は?

ガンゾの商品を購入している層は、情報ツウで、日頃からネットの口コミなどをしっかりチェックするタイプのメンズです。

世代的には、30代~40代の人々と相性が良い、と言えるでしょう。

海外のハイブランドに飽きてしまったという人が、流れ流れて、ガンゾに辿り着く、という話もあります。

価格帯は、高品質なだけあって、やや高めとなっていますが、驚くほどではありませんので、安心して購入することができるでしょう。

お薦めのシリーズは?

THIN BRIDLE (シンブライドル) ファスナー付き長財

THIN BRIDLE (シンブライドル) ファスナー付き長財

外装のシックなブライドルレザーに対し、内装には、オイルの含まれたショルダーヌメが合わせられているという、大人っぽい雰囲気の長財布です。経年変化もバッチリ楽しめる、ハイブリッドな商品です。

 

LIZARD5 (リザード5)二つ折り財布

LIZARD5 (リザード5)二つ折り財布

エキゾチックなアダルト感を演出したいなら、リザードの財布が最もて適していると言えるでしょう。型押しではなく、本物のトカゲ革が採用されているため、こちらの商品は高級感が違います。

 

2位 FARO(ファーロ)

FARO(ファーロ)

http://www.farojapan.com

どんなブランド?

ヨーロッパっぽい、洗練された空気感が魅力的なファーロですが、実はこちら、日本が誇るメイドインジャパンの技術が詰まったブランドなのです。

特筆すべきは、超薄型の財布を開発する技術に関して、おそらく日本一のレベルであろう、ということ。

スーツの内ポケットに入れても型くずれしないような、スマートな財布が揃っているので、セレモニーなどの場で活躍してくれる商品を探している、という人にもウケています。

価格帯や購入層は?

ファーロの商品と相性の良い層は、アラサー、アラフォー世代の、上品なメンズです。

エレガントなデザインが中心で、かつ華があり、キレイ目系のファッションによく似合うことでしょう。

女性にもウケる雰囲気なので、デートを控えているという人の、強い味方となってくれるブランドでもあります。

価格帯は、標準クラスで、高過ぎることも、安過ぎることもありません。

お薦めのシリーズは?

FLAP LONG WALLET ITALY-SHRINK

FLAP LONG WALLET ITALY-SHRINK

絞りの型押し加工が施されている、上品なシュリンクレザー製の長財布です。収納力が高く、機能的にも優れているので、ビジネスシーンにおいても活用できることでしょう。発色の良い、オレンジなどのバリエーションにも注目してください。

 

ASTI2 FIN-CALF COMBI

ASTI2 FIN-CALF COMBI

コンパクトな二つ折り財布の中でも、ここまで薄いものは他に類を見ないことでしょう。とにかく薄くてスタイリッシュであることが魅力的な商品です。内装との鮮やかな2トーンコントラストも爽やかです。

 

3位 YUHAKU(ユハク)

YUHAKU(ユハク)

https://www.yuhaku.co.jp

どんなブランド?

YUHAKUは、染色技術に定評のあるブランドで、その商品のほとんどは、豊かな色彩に溢れています。

特に、魅力的なのは味わい深いグラデーションで、色が重ねられているのに、黒ずんでいない、透明感のある仕上がりには、日本国内のみならず、世界からも注目が集まっていると言います。

存在感のある、芸術的な財布を持つことによって、日々のテンションを上げたい、という人や、財布の美しさがキッカケとなって、話題が膨らめばいい…なんて思っている人にお薦めです。

価格帯や購入層は?

YUHAKUの商品に反応する人々は、軒並み、アーティスティックな感性を持っています。

実際、YUHAKUの商品は、少々高めなのですが、YUHAKUの財布やバッグに惹かれる時というのは、ほとんど「一目惚れ」だったりするので、あまり価格のことは気にせずに買っていく人が多いようです。

品切れも多く、コアなファンを虜にしているというわけです。

お薦めのシリーズは?

ラウンドファスナー束入れ

ラウンドファスナー束入れ

フォスキーア技法という、モヤがかかっているかのような、味わい深い風合いが魅力的な、美しい長財布です。ここまで色彩的に主張のある財布というのは、なかなか見掛けないことでしょう。この存在感は、YUHAKUならではです。

 

ブライドル クラッチウォレット

ブライドル クラッチウォレット

財布、というよりもクラッチバッグのような使用感で持つことのできる長財布です。上質で堅牢なブライドルレザーは、大人になったら是非、押さえておきたいアイテムの1つ。3つ折りという構造も、希少価値が高いのでお薦めです。

 

4位 土屋鞄製造所

土屋鞄製造所

https://www.tsuchiya-kaban.jp/

どんなブランド?

土屋鞄製造所には、定番っぽいオーソドックスなアイテムが揃っています。けれど、決して地味ではなく、いかなる商品でも「どこか垢抜けている」というのが、土屋鞄製造所ならではの、真骨頂と言えるでしょう。

その背景には、職人さんに若い世代の人が多い、という秘密も隠されているようです。信頼度の高い老舗企業でありながら、最先端の空気も持っているという、新旧の良さをどちらも併せ持ったブランドであると言えます。

価格帯や購入層は?

土屋鞄製造所は、老若男女、全ての層に似合うブランドですので、どんな人でも安心して購入することができるでしょう。

元々は、ランドセルを開発していたメーカーなので、子供でも土屋鞄製造所の製品を愛用している人はいる、というわけです。

カップルや家族全員で、土屋鞄製造所にハマってみてはいかがでしょうか?

お薦めのシリーズは?

コードバン長財布

コードバン長財布

いつの時代も、紳士からの人気が高いレザーといえば、それはコードバンです。定番の革素材であるからこそ、土屋鞄製造所のような手堅い安心のブランドで、このような財布は求めていくべきでしょう。

 

コードバン二つ折り財布

コードバン二つ折り財布

革のダイヤモンドと言われるコードバンの魅力を、本当に光らせることのできるブランドは、数少ないかもしれません。信頼度の高い土屋鞄製造所で、飽きのこない最上級の二つ折り財布を入手してみてください。

 

5位 HERZ(ヘルツ)

HERZ(ヘルツ)

https://www.herz-bag.jp

どんなブランド?

ヘルツというのは、ドイツ語で「ハート」を意味するのだそうです。ヘルツが何故、この名前を選んだのか、というのは、商品を見れば明らかでしょう。

ヘルツの財布や、バッグには、とにかく職人さん達の「愛」が込められています。

こだわりの強いデザインや、ユニークなコンセプトが詰まっている、本格的なのに可愛らしい商品の数々に、ヘルツで是非、出会ってみてください。

価格帯や購入層は?

ヘルツの商品は、高校生くらいの若者から、シニア層な男女まで、誰もに似合うという魅力を持っています。

デザインさえ気に入れば、誰でも安心して即購入して良いでしょう。

注文が入ってから制作を始めるという贅沢なスタイルであるにも関わらず、価格帯は意外なほどにお得です。

試しに1つ、ヘルツの商品を注文してみるというのは、決して後悔のない選択であると言えるでしょう。

お薦めのシリーズは?

マチ付きダブルラウンドファスナー長財布

マチ付きダブルラウンドファスナー長財布

飽きの来ないシンプルなフォルムで、男女問わず、幅広い層の人々から人気となっているモデルの長財布です。ダコタレザーの風合いは、上品でありつつ、とても軽やか。全ての部屋にマチが取り付けられているので、使用感はゆったりです。

 

コーディオンウォレット

コーディオンウォレット

蛇腹マチ構造になっている、収容力重視のアコーディオンタイプな長財布です。フタ留めがされている差金も、デザインのアクセントになっていて、あまり既視感がありません。財布をクラッチバッグのような雰囲気で使いたいという人にもお薦めできます。

 

6位 万双(マンソウ)

万双(マンソウ)

https://www.mansaw.net

どんなブランド?

男が憧れる男になりたい、と願っているなら、万双のようなブランドで財布をチョイスすると良いかもしれません。

部下が出来てきて、男としてナメられたくない…と思った時、海外のハイブランドに走る人もいることでしょうが、当然、そこで抵抗を感じてしまう、という人も少なくないはず。そんな時にお薦めできるのが、マニアに愛されるブランド、万双なのです。

本格的で高品質な、こだわりの強い商品に出会えるので、必ず名前を覚えておくべきえしょう。

価格帯や購入層は?

万双の商品と相性が良いのは、40代以降のベテラン世代なビジネスマンです。

50代、60代くらいの、「本物を見抜く目を持った」人々からも支持されているブランドなので、安心して購入してみてください。

ただし、実店舗は少ないので、東京近郊以外の人は、オンラインショップを頼ることになるでしょう。

価格帯は、やや高めとなっていますが常識の範囲内です。

お薦めのシリーズは?

双鞣和地 ラウンド長財布

双鞣和地 ラウンド長財布

万双が、6年もの月日を費やして開発したという、オリジナルの皮革によるラウンド長財布です。一般的なレザーとは、手間の掛けられ方が違うので、見る目のある人には、必ずその良さが伝わることでしょう。

 

ブライドル ラウンドミニ財布

ブライドル ラウンドミニ財布

シンプルなミニ財布ですが、細かい部分に、職人のこだわりと美学が宿っているので、こちら、その辺の無名ブランド系財布にはない、圧倒的な存在感が違っています。素材は、上質なブライドルレザー。紳士のためのアイテムです。

 

7位 COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)

http://cocomeister.jp/

どんなブランド?

ココマイスターのHPをチェックしていると、英国紳士なモデルが登場するので、イギリス発のブランドなのかな?と思う人もいるかもしれませんが、実は、ココマイスターは日本で誕生したブランドになります。

完全にメイドインジャパンで、丁寧な縫製が魅力なのですが、革の素材そのものは、イタリアや、ドイツや、イギリスから輸入していて、かつ、世界観もヨーロッパチック。日欧の良いとこどりができる、と評判になっているブランドです。

価格帯や購入層は?

ココマイスターは、30代後半以降のビジネスマンと相性が良いブランドです。

上は60代、70代の男性でも、違和感なく愛用し続けることができるでしょう。

オーソドックスなアイテムが中心で、スーツや、上品なジャケットに似合うものが数多く展開されています。

価格帯は、そこまで安いわけではありませんが、コスパという意味ではかなり良いと評判のブランドです。

お薦めのシリーズは?

ジョージブライドルシリーズ

ジョージブライドルシリーズ

ココマイスターは、ブライドル製の商品を多く取り扱っているブランドですが、そんな中でも、本当にブライドルを極めたいという人は、このジョージブライドルシリーズに手を出します。なにしろ、外装にも内装にも、上質なブライドルが採用されているので、高級感が違うのです。

 

ロンドンブライドルシリーズ

ロンドンブライドルシリーズ

ロンドンブライドルシリーズでは、外装のブライドルに加え、内装でイタリアの伝統的な皮革、マットーネを楽しむことができます。このコンビネーションは、かなり贅沢。さらには、カラーの組み合わせも、それぞれ特徴的なので、最高の1品を選んでみてください。

 

8位 PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

http://www.pellemorbida.com

どんなブランド?

ペッレモルビダは、地中海近辺のような、セレブが訪れる、ヨーロッパのリゾート地っぽい世界観を構築していますが、実は日本で誕生しているブランドです。

洗練されている、エレガントな外装が魅力的で、いかにも大人が持つアイテム、といった雰囲気が漂っています。

商品全体に、海面の輝きや、船のような流曲線が施されていて、とても上品です。

価格帯や購入層は?

ペッレモルビダの商品は、男女問わず愛用できるところが魅力です。

世代的には、30代~50代くらいが最もマッチするでしょう。

大人同士のプレゼント交換にも向いているブランドなので、夫婦やカップルで愛用してみて欲しいところです。

価格帯は、安いわけではありませんが、高品質であるわりには、ほどほどに設定されているので、狙い目です。

お薦めのシリーズは?

9SL-002

9SL-002

ペッレモルビダらしさが、特に前面に出ているエレガントな長財布です。アイコン的な流曲線は、高低差がゆるやかで、穏やかな日の海面を思わせてくれます。カラーは4色展開となっています。

 

LI004

LI004

ペッレモルビダの真の実力を知ることになる、高級なリザード製の二つ折り財布です。日本で鞣されたという、リングトカゲのレザーウォレットを、3万円代で入手できるというのは、かなりお得です。

 

9位 aniary(アニアリ)

aniary(アニアリ)

http://www.aniary.com/

どんなブランド?

アニアリは、ものづくりに対する意欲が半端ないブランドで、とにかく、最上の品を追求していこう!という気概に溢れていることが感じられます。

レザーや金具へのこだわりが強いので、そこからして、オリジナルで開発していたりしますし、カラーバリエーションも、これでもか!というほど豊富なので、必ず好みの品が見つかることでしょう。

価格帯や購入層は?

アニアリの商品を購入している層は、30代〜40代くらいの、わりと落ち着きが感じられる若い世代です。

オーソドックスな商品が中心なのですが、奇抜な色が揃っていたりするので、ファッションに対して、どうコーディネートしていくか、ということを考えるのが楽しいブランドであると言えます。

価格帯は、開発コストが掛かっているわりに、比較的良心的です。

お薦めのシリーズは?

12-20000

12-20000

圧倒的な大人っぽさがあり、上質な雰囲気を漂わせている長財布です。カードホルダーは、なんと18枚分。構造的にも優れている、アニアリらしい傑作です。カラーによってレザーのテイストが変わるので、よく吟味してください。

 

18-20004

18-20004

シンプルなだけではなく、きちんと大人っぽい艶が感じられる、エキゾチックな二つ折り財布となっています。クロコの型押しが施されているのですが、実はダブルエンボスで、かなりこだわりが詰まっています。

 

10位 HERGOPOCH(エルゴポック)

HERGOPOCH(エルゴポック)

http://www.hergopoch.com

どんなブランド?

エルゴポックは、シンプルだけれど、しっかりとした存在や主張が感じられるような、筋の通ったアイテム、芯のしっかりしたアイテムを持ちたい、と考えている大人に愛される、メイドインジャパン品質のブランドです。

ビジネスシーンにも向いていて、かつ、カジュアルなスタイルに合わせても、ちゃんとテンションを上げてくれるような、エレガントでかつポップな商品が揃っています。

価格帯や購入層は?

エルゴポックの商品は、アラサー、アラフォー世代の男女と相性が良いでしょう。

デザインが凝っていて、奇抜なものよりも、シンプルなんだけれど、とにかくシルエットが美しい、とか、素材が上質なので、余計な装飾が必要ない、というようなものに惹かれる人が、エルゴポックの商品を購入していくようです。

価格帯は標準クラスで、手を伸ばしやすいところも魅力的。

お薦めのシリーズは?

06W-WTR(ラウンドファスナー長財布)

06W-WTR(ラウンドファスナー長財布)

エルゴポックがこだわって開発している、手染めのオリジナルレザーが楽しめるシリーズです。こちらのラウンドファスナー長財布は、なんと、カードを21枚も収容でき、とにかく機能性も高く、お薦めです。

 

06W-WTB(2つ折財布/札束入れ)

06W-WTB(2つ折財布/札束入れ)

ポケットにスッキリと収まる、薄マチタイプの二つ折り財布です。厳選されたオリジナル素材の質感も味わってみてください。どのような経年変化を遂げていってくれるのか、にも期待が寄せられます。

 

まとめ

以上、こちらの記事では、信頼のできるメイドインジャパン品質が楽しめる、日本製の財布について、情報をお届けさせてもらいました。お気に入りのブランドは、見つかりましたでしょうか?

 

-財布
-, ,

Copyright© メンズファッションブランド7 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.