財布

ロングウォレットが人気のメンズ財布ブランドランキング

投稿日:

 

大人が持つ財布といえば、容量が大きいのに、スリムなロングウォレットでしょう。こちらでは、そんなロングウォレットで人気となっている、メンズ財布のブランドをランキング形式でお届けします!

 

1位 aniary(アニアリ)

http://www.aniary.com/

どんなブランド?

アニアリは、日本で誕生した比較的新しいブランドです。徹底して国産であることにこだわり、高品質なメイドインジャパンの革製品を楽しんでもらうということに対し、誇りを持っているブランドでもあります。

特にオリジナルで開発されている、アンティークな質感のレザーや、豊富なカラーバリエーションが魅力となっているので、ラインナップを隅から隅までチェックしてみてください。

価格帯や購入層は?

アニアリの商品を購入している層は、革製品に対して、独自の目線でチェックをするような、ツウなタイプの人々です。

オーソドックスなフォルムでありながらも、色彩のバリエーションは独特だったりするので、挿し色的な使い方で個性をアピールするのにも向いています。

価格帯は、財布なら3万円前後で、高品質な割には安価であると言えるでしょう。

お薦めのシリーズは?

01-20007

01-20007

薄マチのスリムなボディが魅力的な、アニアリらしい長財布です。スーツやジャケットスタイルが多いという人にとっては、必需品であると言えるでしょう。カードホルダーも、脅威の18枚分という収容力を誇ります。

 

12-20010

12-20010

薄いマチの長財布を使っている人は、仕事がデキる大人…というイメージを持ってもらえることでしょう。こちらは、コインコンパートメントを排除し、クロコの型押しがされているという、さらにアダルトな雰囲気が魅力の商品です。

 

2位 COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)

http://cocomeister.jp/

どんなブランド?

スーツに似合う、オーソドックスで落ち着きのある雰囲気の財布を求めているなら、ココマイスターという選択肢がベストかもしれません。

ココマイスターは、ヨーロッパの紳士が愛用していいそうなテイストが魅力のブランドですが、実は、日本で誕生した、メイドインジャパン品質を楽しむことのできるブランドです。

熟練された職人達が、丁寧に縫製しているため、作りの細かさは天下一品です。

価格帯や購入層は?

ココマイスターの商品を購入している層は、そろそろ本格的なレザーの商品が欲しい…と考え始めるミドル世代のビジネスマン達です。

30代後半くらいから、40代、50代くらいのメンズにとって、ドンピシャでニーズにハマるようなブランドと言えるでしょう。

価格帯は、決してやすくはありませんが、とにかく質が良いので納得の上で購入することができるはずです。

お薦めのシリーズは?

ジョージブライドルシリーズ

ジョージブライドルシリーズ

デキる大人の男は、重厚感のあるブライドルの財布を求める傾向にありますが、そんな中でも、こちらは、外装内装ともに上質なブライドルが贅沢に使われてるシリーズになるので、かなりお薦めできます。

 

マットーネシリーズ

マットーネシリーズ

イタリアの伝統的な皮革、マットーネは、いわゆる温かみのある、革らしい革の質感が魅力的です。ココマイスターは、マットーネ素材を使ったグッズの開発を得意としており、編み込みのシリーズなども展開されているのでチェックしてみてください。

 

3位 Felisi(フェリージ)

Felisi(フェリージ)

http://www.felisi.net/

どんなブランド?

フェリージは、イタリアで誕生した、上品で洗練された空気感が魅力的なブランドです。

フェリージの場合、重厚感があるというよりは、爽やかで明るい雰囲気となっており、女性ウケも間違いなく良いであろうブランドと言えるでしょう。

特に、鮮やかなブルー、オレンジ、イエローなどは、かなり発色も良く、会計時には確実に人目を惹くことでしょう。

価格帯や購入層は?

フェリージの商品を購入している層は、30代〜40代くらいがメインとなっています。

高級感があるのに、リーズナブルというところが魅力なので、50代、60代くらいになってくると、少し物足りなく感じられるかもしれません。

ユニセックスなブランドであるため、女性へのプレゼントにも適しています。

お薦めのシリーズは?

3005/SA

3005/SA

スリムな財布を求める人は多いかもしれませんが、こちらは大容量のウォレットで、あえて全体がコロンとしているところに、愛嬌とたまらない魅力があります。さらには、クロコの型押しで、大人っぽさと、ちょっぴり尖った個性も感じられるという絶妙なアイテムです。

 

954/SA

954/SA

クロコのエンボスが、フラップ部分にのみ施されているため、質感のコントラストを楽しむことのできる、オシャレでかつ上品なシリーズ。小銭入れは、大きく開くマチ付きで、コインの出し入れが行いやすいという点も魅力です。

 

4位 PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

http://www.pellemorbida.com

どんなブランド?

ペッレモルビダは、豪華客船の旅に連れて行きたくなるような商品を…という、明確なコンセプトの元に展開されているレザーグッズのブランドです。

随所に、船や海などの要素が感じられるため、大人の遊び心を満たしてくれるのが嬉しいポイント。ユニセックスなブランドで、カップルでの愛用もお薦めできます。

地中海近辺の雰囲気が漂っているのですが、実は日本のブランドなのです。

価格帯や購入層は?

ペッレモルビダの商品を購入している層は、高級ブランドの持つエレガントな雰囲気が好き!だけれど、高級過ぎるブランド品だとこれ見よがしになってしまってちょっと…と考えるタイプの男女です。

海や船、イタリア近辺の空気感を愛し、思い入れがあるという人も、ペッレモルビダにハマっているようです。

お薦めのシリーズは?

deck9

deck9

ペッレモルビダの象徴でもある、船や波を思わせる流曲線が、しっかりとあしらわれているシリーズになります。ペッレモルビダらしいカラーはブルー系ですが、実は鮮やかなオレンジもあるなど、バリエーションは豊富です。

 

Barca

Barca

スーツに似合う、シックなオールインワン長財布です。オリジナルレシピで開発されているという、シュリンクレザーの上品な質感も楽しんでみてください。船底のようなラインの流曲線も魅了的です。

 

5位 GANZO(ガンゾ)

GANZO(ガンゾ)

http://www.ganzo.ne.jp

どんなブランド?

ガンゾは、革質が素晴らしい!ということで定評のある、日本のブランドです。

一般的なブランドとしての知名度は、そこまで高いわけでもないのですが、革製品に対して一定以上の知識がある人なら、ガンゾの財布を見せただけで「お!いいところの財布を使ってるね」と、言ってくれるはず。それくらい、ガンゾは、知る人ぞ知る、ツウにとって魅力的に感じられる本格志向のブランドなのです。

ブライドルやコードバンなど、紳士ウケのよい、定番のレザー以外にも、希少価値の高いリザードやクロコの財布などが揃っています。

価格帯や購入層は?

ガンゾの商品を愛用している層は、本物を見抜く目を持った大人なビジネスマン達です。

ガンゾは、海外のハイブランド品が持つ、これ見よがしな空気感がちょっと…という人達が、最終的に行き着くような、質の高いブランドなのです。

価格帯は、多少高めですが、品質を考えるとコスパは良いと言えるでしょう。

お薦めのシリーズは?

GD (ジーディー)ファスナー付き長財布

GD (ジーディー)ファスナー付き長財布

下部がスッキリとスクエアにまとめられている長財布です。クロームレザーが使われているので、軽くて薄いという点も魅力。フランス革の持つ、繊細なイメージを重視した、カラーバリエーションにも注目してください。

 

LIZARD5 (リザード5)ファスナー付長財布

LIZARD5 (リザード5)ファスナー付長財布

リザードの中でも、最も高級とされる「リングマークトカゲ」の革が採用されている、希少価値の高い長財布です。GANZO特有の、切れ目本磨き仕上げなど、クラフトマンシップも光っているので、お見逃しなく。

 

6位 GLENROYAL(グレンロイヤル)

GLENROYAL(グレンロイヤル)

http://glenroyal.jp

どんなブランド?

グレンロイヤルは、1979年にスコットランドで誕生したブランドです。

ビジネス向けで、品の良い、オーソドックスなアイテムが揃っており、クラシカルな雰囲気がありつつも、時代にマッチしている洗練された空気感が魅力となっています。

革そのものが丁寧に染め上げられているため、使えば使うほど、深い味わいが出てくるのも、嬉しいポイント。

特に、上質なブライドルレザーの魅力を知りたいなら、グレンロイヤルほど打ってつけのブランドもないでしょう。

価格帯や購入層は?

グレンロイヤルの商品を購入している層は、上品な雰囲気や、英国紳士的なテイストを好む、大人なビジネスマンです。

そこまで手が出しづらいブランドということではないので、1つくらい、本格的な革製品を使っていてもいいかな、なんて考える就職活動中の大学生なんかもグレンロイヤルの財布を愛用していたりします。

お薦めのシリーズは?

ROUND LONG PURSE

ROUND LONG PURSE

ロングセラーの長財布です。意外とありそうでない、フラップ付きで、「きちんと」した感じが全体から漂っています。コインジップの端に、あえてのカーブが掛かっているなど、使い勝手も追求されている優れた良品です。

 

LONG WALLET WITH ZIP

LONG WALLET WITH ZIP

薄マチに仕上げられている長財布です。必要最低限が詰め込まれている、シンプルで洗練されたデザインは、スーツスタイルとの相性も抜群。コインポケットのカーブにより、中身が取り出しやすくなっている点も評価されています。

 

7位 FARO(ファーロ)

FARO(ファーロ)

http://www.farojapan.com

どんなブランド?

ファーロは、1965年に誕生した、日本のブランドです。革製品に興味がなかったという人にとっては、あまり耳慣れないブランドかもしれませんが、実は創業から50周年以上も経っている老舗ブランドだったりします。

ファーロの製品には、ヨーロッパ発のブランドのような、上品で洗練された空気感が漂っているのですが、それ以上に特筆すべきは、その技術力の高さでしょう。

圧倒的に薄い財布の開発が得意なブランドといえば、それはファーロです。

価格帯や購入層は?

ファーロの商品を愛用している層は、スーツにに似合うスリムな薄型財布を求めている、お目の高いビジネスマン達です。

世代は選ばないテイストですが、メインターゲットは、30代~40代といったところでしょう。

価格帯は、機能性の割にそこまで高くないので、狙い目です。

お薦めのシリーズは?

SPERIO FIN-CALF

SPERIO FIN-CALF

いわゆる、ファーロのハイレベルな職人技をたっぷりと見せつけられている感のある、超薄型財布です。スーツの内ポケットにスッと入るスレンダーなボディを求めているという人は、まずこちらの商品を検討してみてください。

 

SPERIO LIZARD

SPERIO LIZARD

最高級のリザードが使用されている、ファーロの仕事っぷりが光る薄型財布です。型押しではなく、本物のリザード革になるので、存在感は圧倒的。カラーも豊富なので、製品とのバランスを見て好みのものをチョイスしてください。

 

8位 JIMMY CHOO(ジミーチュウ)

JIMMY CHOO(ジミーチュウ)

http://www.jimmychoo.jp/ja/

どんなブランド?

ジミーチュウは、1996年に誕生した、ハイブランドです。元々は、レディース向けのシューズのブランドとして有名になりましたが、メンズ向けのバッグや財布もラインナップが充実しており、芸能人やセレブがこぞって愛用したがる、ハイセンスなブランドです。

無地に星のスタッズという特徴は、無名のブランドでも真似しやすいテイストなのですが、本物の持つオーラが放たれているのは、やはりジミーチュウの製品のみなのです。

価格帯や購入層は?

ジミーチュウの商品を愛用しているのは、経済的に余裕のある男女です。

ただ、ちょっと尖ったようなパンクな雰囲気があるため、世代的には若い方が似合うでしょう。

若いのにセレブという狭いポジションを狙いに来ている感のあるブランドなので、より一層、人々の購買欲を煽ってくる存在と言えます。

お薦めのシリーズは?

CARNABY

CARNABY

ジミーチュウと言えば、スターのスタッズですが、こちらは、ラウンドタイプのマルチスタッズが、星型にあしらわれているという、少々珍しいテイストの商品になります。長年愛用している本物のファンが、飛びつきそう。

 

CARNABY

CARNABY

いわゆるジミーチュウ「らしさ」が感じられる、王道の長財布です。星のスタッズがランダムに散りばめられているこの雰囲気は、そこまでブランドに詳しくない人でも、「あ!ジミーチュウだ」と気づくレベルでしょう。

 

9位 WhiteHouseCos(ホワイトハウスコックス)

WhiteHouseCos(ホワイトハウスコックス)

https://www.frame.jp/whitehousecox/

どんなブランド?

ホワイトハウスコックスは、1875年に創業した、英国の歴史あるブランドです。

100年以上も前から、革製品の開発と販売を続けている、信頼と実績に裏打ちされたブランドになるわけです。

品質も使い勝手も良く、持っていると、人からうらやましがられるので、まだホワイトハウスコックスのことを良く知らなかったとう人も、これを機に是非、注目してみてください。

大人向けの雑誌で取り扱われる機会も多いので、いつかは、ホワイトハウスコックスの財布を…とうように刷り込まれている層も多いようです。

価格帯や購入層は?

ホワイトハウスコックスの商品が似合う世代は、落ち着いた雰囲気を持つ大人な男女で、具体的には、40代、50代くらいの人々に、特にお薦めできます。

20~30代くらいであっても、ホワイトハウスの財布を愛用していたら、若いのに、本物を見抜く目を持っているんだね、という評価を得られそうです。

お薦めのシリーズは?

S8819 LONG WALLET / VINTAGE BRIDLE

S8819 LONG WALLET / VINTAGE BRIDLE

英国で何世紀も変わることのない伝統的な製法によって開発されているブライドルレザー。そんなブライドルレザーの上質な魅力をたっぷりと堪能することのできる長財布です。革本来の持つ、ナチュラルな魅力がそのまま生かされているのもポイント。

 

S9697 LONG WALLET / REGENT BRIDLE

S9697 LONG WALLET / REGENT BRIDLE

オンオフ問わずに使える、兼用タイプの財布として、長年親しまれている定番の折り財布。特殊な型押しがされているので、傷が目立ちにくいという利点もあります。スリムながらも、ジッパー式のコインケースが備わっているなど、機能性も優良。

 

10位 Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

http://www.viviennewestwood-tokyo.com/top/CSfIndex.jsp

どんなブランド?

ヴィヴィアン・ウエストウッドは、1971年に創業した、イギリス発のブランドです。

英国製というと、上品なイメージを持たれるのが基本ですが、こちらは、パンクでロックな側面がフィーチャーされています。

パリコレにも登場する有名ブランドで、日本でも、数多くの芸能人が愛用しているなど、コアな人気を誇っています。

女性ファンが多いブランドですが、メンズラインも充実しているので、カップルでの愛用もお薦め。

価格帯や購入層は?

ヴィヴィアン・ウエストウッドの商品を購入しているのは、ライトな層よりもむしろ、ヴィヴィアンのコアなファン層が中心です。

ヴィヴィアン好きは、ヴィヴィアンでしかアイテムを買わないというくらい、熱狂的な信者が多かったりします。

そう言われると簡単には手を出しづらいかもしれませんが、価格帯的には、それほど恐ろしい部類ではないので、安心して購入してくてださい。

お薦めのシリーズは?

CANTERBURY MAN 長財布

CANTERBURY MAN 長財布

ヴィヴィアンを象徴するオーブのマークと、稲妻とがパターンでエンボスされいてる、ユニークでポップなシリーズ。レザーの質は本格的なので、独特の味わい深い経年変化を楽しむこともできるでしょう。

 

NAPPA 長財布

NAPPA 長財布

シンプルな薄めのボディに、ヴィヴィアンの金属ロゴが浮かび上がっている、美しいロングウォレットです。飽きのこないシンプルなデザインで、不動の人気を誇るシリーズ。プレゼントにも最適です。

 

まとめ

いかがでしたか?お気に入りのロングウォレットは見つかりそうでしょうか?財布は、毎日使う貴重なアイテムですから、妥協はせずに選びたいものですよね!購入の際には、是非、こちらのランキングを参考にしてみてくださいね。

 

-財布
-,

Copyright© メンズファッションブランド7 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.