鞄(バッグ)

ビジネスリュック(メンズ)の人気ブランドランキング

投稿日:

 

ビジネス向けのバッグといえば、ブリーフケースが定番ですが、最近は、リュック派の人が増えてきていると言われています。

ハンズフリーで動きやすく、スタイリッシュなバックパックを、こちらの記事では、特集していきますので、最後までチェックしていってください。

 

1位 TUMI(トゥミ)

TUMI(トゥミ)

http://www.tumi.co.jp/shop/

どんなブランド?

ビジネスバッグには、とにかく高い機能性であることを求めたい!ハイスペックであるということに強い魅力を感じる!という人には、TUMIがお薦めできます。

TUMIは米国で誕生したバッグのブランドなのですが、とにかく、ビジネスシーンに特化した、ありとあらゆる便利な機能が詰め込まれているため、定番ブランドとして、今、幅広い世代のビジネスマン達の間で爆発的な人気を誇っているのです。

価格帯や購入層は?

TUMIのバッグは、ビジネスバッグに対して、色気や女ウケなどを求めず、とにかく利便性の高い高機能なものが欲しい!と願う男性からの支持を得ています。

価格帯は、それなりに高価となっていますが、ハイスペックである割にはお求めやすいラインに設定されていると言えます。耐久性も高いので、コスパはかなり良いと考えていいでしょう。

お薦めのシリーズは?

「ネリス」バックパック

「ネリス」バックパック

TUMIの特徴でもある、ミリタリーテイストが保たれている、洗練されたバックパックです。撥水加工も施されているので、雨に降られても安心。とにかく仕切りや、小分けのための収納機能が充実しているので、これ1つあれば、不安などないでしょう。

 

「エルウッド」バックパック

「エルウッド」バックパック

デジタル端末を持って、アウトドアに出掛けたい、なんてシチュエーションでも重宝しそうな、華のあるバックパックです。迷彩柄がベースとなっていますが、現代的で都会チックなテイストが魅力となっています。

 

2位 Orobianco(オロビアンコ)

Orobianco(オロビアンコ)

http://orobianco-jp.com

どんなブランド?

オロビアンコは今、若い世代のビジネスマン達の間で、新定番的存在と呼べるくらいの、爆発的人気を誇っているビジネスバッグのブランドです。

ポイントは、ほどよくゴージャスである、というところと、リーズナブルな価格帯。そして、イタリアのブランドであるため、雰囲気が洗練されている、ということでしょう。

人と被ってしまいやすいという難点はありますが、それだけ、多くの人に支持されている、安定感のあるブランドだということです。

価格帯や購入層は?

オロビアンコの世界観がよく似合うのは、20代〜30代くらいの層です。

華やかな雰囲気があるので、エレガントさは欲しいけれど、まだまだ落ち着くには早いかな、という考えを持っている人と相性がピッタリ!といった感じです。

価格帯は、非常にお得で、3万円〜5万円くらいの予算を見積もっておけば、多くの商品を入手することが可能です。

お薦めのシリーズは?

DILIGENTE-G 01

DILIGENTE-G 01

トートバッグと、バックパック、2WAYで使用することが可能な、機能性の高い商品です。シンプルで使いやすい外装でありつつも、オロビアンコらしい、凝った装飾が特徴的。ポケットが2段階になっているところも、デザインのアクセントになっています。

 

RIGORE-G 01

RIGORE-G 01

軽さを追求した結果、辿り着いたという、無駄が削ぎ落とされているバックパックです。シンプルにまとめられていますが、しっかりとイタリアンカラーのリボンも施されており、また、ロゴのエムブレムも光っているという、洗練されたオシャレ感のある逸品。

 

3位 PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

http://www.pellemorbida.com

どんなブランド?

ペッレモルビダは、日本で誕生したブランドです。

世界観的には、地中海沿岸で休暇を楽しんでいるセレブ…がイメージされるのですが、それでありつつ、安心のメイドインジャパン品質が楽しめる、というのは、色々な意味でお得と言えるでしょう。

豪華客船という、芯のしっかりしたコンセプトがあるので、遊び心の感じられるテイストも、同時に楽しむことができます。

価格帯や購入層は?

ペッレモルビダは、30代後半以降くらいの、エレガントで大人な男女と相性の良いブランドです。

どんなバッグを持ったら、垢抜けて見えるだろう…と悩んでいる人は是非、ペッレモルビダに手を出してみてください。

価格帯はほどよく高価ですが、驚くほどではなく、コスパは良いと言えます。

お薦めのシリーズは?

リュック型ブリーフバッグ

リュック型ブリーフバッグ

リュック型のビジネス向けなブリーフケースです。シンプルな構成となっていますが、絶妙に美しい、さりげない流曲線や、ロゴのサイズ感などに、とにかく上品さが漂っています。カラーは全4パターン展開です。

 

MB041-リュックサック

MB041-リュックサック

レザーの質感に大人っぽい艶が感じられる、ペッレモルビダらしいセンスの光るバックパックです。オシャレなタグと、ホイッスルも付属していて、かなり贅沢な内容に。カラーは、定番のベーシックな色から、ハッと目を惹くブルーやレッドまで豊富に揃っています。

 

4位 Felisi(フェリージ)

Felisi(フェリージ)

http://www.felisi.net/

どんなブランド?

イタリア発のブランド、フェリージは、洗練された上品な大人のためのブランドです。

海外のハイブランドは、どうしてもギラギラした感じや、これ見よがしなイヤミっぽさを発してしまったりしますが、フェリージは、そういった悩みとは無縁のブランド。

どこまでも、爽やかで好感の持てる雰囲気が魅力となっています。

価格帯や購入層は?

フェリージは、30代〜40代前後の、エレガントな男女と親和性が高いブランドです。

オールレザーの商品となると、それなりに高価になってしまいますが、フェリージは、レザーに上質なナイロン素材を巧みに組み合わせてくるのが得意なブランド。

そして、そういったラインの商品は、比較的価格も安く、かなりお買い得となっています。

お薦めのシリーズは?

15/54/2/AM+NK

15/54/2/AM+NK

ラウンドジップの形が、笑った時の口元に似ている、明るいイメージのバックパックです。カラーは2種類で展開されているのですが、どちらも、コントラストの効いた2トーンが印象的。コットンキャンバスと、バケッタレザーのコラボレーションも魅力です。

 

1735/1/DS+DS+A003

1735/1/DS+DS+A003

正統派なブリーフケース、という表情をしていますが、実は「持つ」「掛ける」「背負う」という3つの用途を使い分けることのできる、優れものな高機能商品です。フェリージが得意としている、シルクのような光沢感に溢れるナイロン素材も魅力なので、堪能してください。

 

5位 COACH(コーチ)

COACH(コーチ)

http://japan.coach.com/

どんなブランド?

誰もが憧れるハイブランドの一角を担っているのが、ニューヨーク発のコーチです。

コーチは、数ある海外系ブランドの中でも、落ち着きのある雰囲気が人気となっており、日本国内では特に、知名度とシェアを誇っています。

街を歩けば、確実にコーチのリュックを背負っている人や、コーチの財布で会計している人を見掛けるはず。安定感のある、信頼できるブランドです。

価格帯や購入層は?

コーチの商品を購入している層は、幅が広くなっていますが、特徴的なのは、若者だけでなく、ミドル層やシニア層からの支持もかなり高い、ということです。

流行り廃りもないので、定番のものを購入すれば、それだけで、10年、20年と、長いこと、違和感なく愛用していけることでしょう。

価格帯は、お高めですが、ヴィトンやグッチと比べると、求めやすいラインです。

お薦めのシリーズは?

NEW ブリーカー バックパック

NEW ブリーカー バックパック

堅牢性と、洗練性とを、併せ持っている、都会的なバックパックです。素材に採用されているのは、丈夫なペブルレザー。ノートパソコン用のスリーブも施されているので、ビジネス向けの通勤リュックにピッタリです。

 

キャンパス バックパック リップ アンド リペア ウィズ ヴァーシティー ストライプ

キャンパス バックパック リップ アンド リペア ウィズ ヴァーシティー ストライプ

コーチらしい、上品でスタイリッシュなストライプが印象的なバックパックです。光沢感の違う、複数の種類のブラックで、柄を際立たせる、というのは、かなり上級なオシャレと言えるでしょう。微妙に10万円を切っているので、狙い目です。

 

6位 HERZ(ヘルツ)

HERZ(ヘルツ)

https://www.herz-bag.jp

どんなブランド?

ヘルツは、ツウな革製品愛好家達からの人気が高いブランドです。

職人が愛情を込めて、デザインし、手作業で製造を行っているという商品の数々は、高品質でありながらも、可愛らしい仕上がり。

可愛いというと、女性や子供にしか似合わないイメージがあるかもしれませんが、ヘルツのバッグが持っている可愛らしさは、大人の男性にも似合う、というところが魅力なのです。

価格帯や購入層は?

ヘルツのバッグは、子供から大人まで、どんな人にも似合うとく特徴を持っています。

カラフルというわけではないのに、商品の存在感が強く、かといって、身につける人の個性を邪魔してしまうこともない、という絶妙なオーラを放っています。

価格帯は、ハンドメイドの商品が味わえるわりには、非常に安価に設定されていると言えるでしょう。かなりリーズナブルで、お得感の強いブランドです。

お薦めのシリーズは?

ガロンリュック

ガロンリュック

大人向けのランドセルというキャッチコピーで展開されている商品です。全身をファッショナブルに決めなくても、シンプルなスタイルにこれを1つ背負うだけで、一気に、オシャレ上級者になれてしまうところが魅力。

 

【FACTORY ITEMS】ラウンドファスナー2wayリュック(SF-1715)

 【FACTORY ITEMS】ラウンドファスナー2wayリュック(SF-1715)

最初から、使いこまれたような風合いを放っているところが魅力の、2WAYリュックサックです。ハンドルがしっかりしているので、手提げバッグのように持っても安定します。ストラップは取り外すことができるという希少なタイプです。

 

7位 BURBERRY(バーバリー)

BURBERRY(バーバリー)

https://jp.burberry.com/

どんなブランド?

バーバリーは、英国で誕生した、伝統的な高級ブランドです。

タータンチェックの柄は、圧倒的な人気と知名度を誇っており、高校生など、若い世代の間でも、マフラーやスカートなどが、時代を問わず大ブレイクしています。

キッズ向けのラインもあるので、家庭的な印象を持っている人もいるかもしれませんが、実は驚くほど高額だったりするので、決して、ナメては掛かれない正真正銘のハイブランドです。

価格帯や購入層は?

バーバリーは、とにかく上品で、誰からも好かれるというところが魅力です。

企業の就職面接を受けるとか、彼女のご両親へ挨拶に…、といったように、大事な場面では、バーバリーに頼りたい、と考えている人も多いことでしょう。それだけ、信頼度抜群のブランドであると言えます。

価格帯は、超高級です。一生モノのバッグを買うくらいのつもりで臨むのがちょうど良いかもしれません。

お薦めのシリーズは?

ジップトップ レザー バックパック

ジップトップ レザー バックパック

2トーンのジップが印象的な、スタイリッシュ系のバックパックです。シンプルですが、どこからどう見ても高級品であるということが伝わってくる、独特のオーラに満ちています。価格は、20万円を越えていますが、それだけの価値は確実にあると言えるでしょう。

 

ヴィンテージチェック&レザー レンジャーバックパック

ヴィンテージチェック&レザー レンジャーバックパック

確実にバーバリーであるということがわかる要素を欲しているのなら、やはり、こういったデザインのバッグを持つ、というのがお薦め。気品のあるチェック柄が全体にあしらわれている贅沢な商品です。20万円を越える高級品ですが、一生使っていける素晴らしいバックパックです。

 

8位 BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

https://www.bottegaveneta.com/jp/

どんなブランド?

ボッテガヴェネタは、イタリアで誕生した超高級ブランドです。

ハイブランド系のバッグは、独特のわかりやすいシグネチャーを持っていたりしますが、ボッテガ・ヴェネタの特徴は、レザーが編み込まれている、ということ。

この編み込みは、イントレチャートと呼ばれ、ボッテガで展開されている、ほぼ全ての商品に要素として盛り込まれています。

エレガントな編み込みは、セレブ達に憧れられるほどの存在感を放っています。

価格帯や購入層は?

ボッテガヴェネタの世界観は、30代後半くらいからの、経済的に余裕がある大人なセレブ達と相性が良いでしょう。

メンズラインも、レディースラインもある、ユニセックスなブランドです。

価格帯は、バックパックであれば、30万円前後を見積もっておくと良いでしょう。数あるハイブランドの中でもトップクラスに贅沢なブランドです。

お薦めのシリーズは?

トルマリン ナッパ ダブルブリック バックパック

トルマリン ナッパ ダブルブリック バックパック

前面の大きなポケット部分に、気品のあるイントレチャートがあしらわれているタイプのバックパックになります。活動的なアーバンスタイルにマッチする、大人の男性のためのラグジュアリーなアイテムです。

 

ニューライトグレー ハイテクキャンバス シティ トゥ カントリー バックパック

ニューライトグレー ハイテクキャンバス シティ トゥ カントリー バックパック

2トーンで構成されている、デザイン性の高い、オシャレなバックパック。イントレチャートの要素は封印されている!?かと思いきや、しっかりと、サイドのポケットに施されているので、お見逃しなく。

 

9位 Louis Vuitton(ルイヴィトン)

Louis Vuitton(ルイヴィトン)

http://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/homepage

どんなブランド?

ルイヴィトンは、海外系ハイブランドの代表的存在とも言える、キングオブブランドです。

「L」と「V」が組み合わさった、独特のモノグラムは、あまりにもメジャーで、アンチが存在するほどの威力を持っています。

ルイヴィトン自体は、伝統的でハイセンスなブランドなのですが、憧れを持つ人が多過ぎる故に、オシャレな人も、そうでない人も、次から次へとヴィトンのバッグを求める、という傾向が。

それ故、個性的でありたいタイプの人からすると、好みが分かれる…といった存在になっています。

価格帯や購入層は?

ヴィトンのバッグは、10代〜20代くらいの若い世代の男女から、猛烈に憧れられています。

ただ、本物のヴィトン製バッグは、そこまで若い世代からすると、手が出ないような価格帯に設定されています。

本当にヴィトンの価値がわかり、純正のバッグを求めることができるようになるのは、30代を過ぎてから、といったところでしょう。

お薦めのシリーズは?

マッチポイント・バックパック

マッチポイント・バックパック

ルイヴィトンの新しい象徴として人気になっている、市松柄の施されているバックパックです。30万円近い価格が設定されている超高級品なのですが、メッシュ素材などのヌケ感があり、気張り過ぎていない感じが、とにかくオシャレ。

 

アヴェニュー・バックパック

アヴェニュー・バックパック

スリムなシェイプが独特のインパクトを放っている、洗練された印象のバックパックです。カラーは2種類展開となっていますが、ここは是非、鮮やかなブルーを狙ってみて欲しいところでしょう。

 

10位 GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)

https://www.gucci.com/jp/

どんなブランド?

グッチは、オシャレが極まり、上級者になってくると、必ず求めたくなる、イタリアの超高級ブランドです。

「GG」のシグネチャーや、赤と緑のラインが象徴的で、これをファッションに巧みに取り入れることができたら、間違いなく一目置かれるようになるでしょう。

シンプルなものから、華やかなものまで、商品は非常にバリエーションが豊か。男性人気も女性人気も高く、ヴィトンと並び、ブランド界の王様的存在と呼ばれています。

価格帯や購入層は?

グッチの価格帯は超高価です。バックパックを求めているということなら、予算は20万円以上を見積もっておくべきでしょう。

飽きの来ない、定番ブランドなので、長く愛用していけることを考えれば、思い切り投資をしておいても、損はないはずです。

特にビジネスに使うバッグを探している、ということなら、ここでグッチ製の良いバッグを妥協せずに買っておく、ということは間違いのない判断であると言えます。

お薦めのシリーズは?

GGスプリームキャンバス バックパック

GGスプリームキャンバス バックパック

グッチらしいオーラに満ちている、デザイン性の高いスタイリッシュなバックパックです。赤と緑ではなく、赤と青の組み合わせでストライプが構成されているため、ストレート過ぎない、クールな魅力も感じられます。

 

GUCCY ミディアム バックパック

GUCCY ミディアム バックパック

1980年代のゲーム文化へのオマージュとしてデザインされているシリーズ。GUCCY の文字は、SEGA のロゴを拝借しているとのこと。ゲーム業界で働いているセレブリティな人にも是非、愛用して欲しい逸品です。

 

まとめ

ビジネス向けのバックパックをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?思わず、瞬間的に購入してしまいたくなる商品もあったのではないでしょうか?ちなみに、高級ブランドのバッグは、直接店舗で買おうとすると気おくれしてしまう可能性があるので、ネットで購入するというのは、かなりお薦めです。

 

-鞄(バッグ)
-, ,

Copyright© メンズファッションブランド7 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.