鞄(バッグ)

日本製トートバッグのブランドランキング

投稿日:

 

こちらの記事では、高品質でかつハイセンスな、日本製トートバッグを開発している、メンズ向けの人気ブランドを、トップ10のランキングでご紹介していきます。ラフに使えるトートバッグは、現在、ビジネスシーンでも主流になりつつあるので、見逃さないでください!

 

1位 HERGOPOCH(エルゴポック)

HERGOPOCH(エルゴポック)

http://www.hergopoch.com

どんなブランド?

エルゴポックは、メイドインジャパン品質が魅力の、オーソドックスなバッグや財布が展開されているブランドです。

オリジナルで開発しているレザーの質はとても高く、アンティークな色ムラが美しい上に、発色も良いので、シンプルなスーツスタイルやジャケットスタイルの日に、差し色として使えるようなアイテムも揃っています。

価格帯や購入層は?

エルゴポックのバッグをメインで購入してる層は、30代前後の男女ですが、商品の雰囲気自体は、世代を問わない仕上がりになっているので、高校生や大学生であっても、使いこなすことができるでしょうし、シニア層の方にもお薦めできます。

価格帯は標準ランクくらいで、安心して購入することができるはずです。

お薦めのシリーズは?

06-TTM(トートバッグ)

06-TTM(トートバッグ)

数あるトートバッグの中でも、こちらは最高にシンプルなデザイン。だからこそ、追求されている美しいフォルムとテクスチャーの魅力に酔いしれてみてください。タテ・ヨコの比率や、ハンドルの長さがここまで絶妙なバッグは、なかなかありそうでないはずです。

 

06-UT(2wayトートバッグ)

06-UT(2wayトートバッグ)

コロンとした角丸なフォルムと、縦長のフォルムが、学生チックでもあり、大人カワイイ雰囲気を放っているトートバッグです。ストラップも付属しているので、斜め掛けして使うことも可能。

 

2位 aniary(アニアリ)

aniary(アニアリ)

http://www.aniary.com/

どんなブランド?

オーソドックスでも、大人しくなり過ぎていない、上品でかつポップなアイテムが欲しい!ということなら、アニアリがお薦めです。

アニアリは、職人のこだわりが強いブランドで、皮革や金具からオリジナルで開発しているため、とにかく素材の品質が良い上に、バリエーションも豊富なのです。

特に、10種類以上存在するカラーバリエーションは必見ですので、お見逃しなく。

価格帯や購入層は?

アニアリの商品は、20代後半くらいから、40代前半くらいの男女と相性が良いでしょう。

ただ、奇抜な個性があるわけではなく、誰にでも似合うテイストが魅力なので、高校生や、シニア層の人々にも違和感なくマッチするはずです。

価格帯は、国産の良質な商品が楽しめるわりには、リーズナブルという印象です。

お薦めのシリーズは?

01-02012

01-02012

定番テイストの商品が多いアニアリの中でも、特に代表的なモデルとして人気を博していた名作トートバッグです。豊富なカラーバリエーションも健在。入荷待ちの色もあるので、運良く好みのカラーに出会えることを祈ります。

 

11-02001

11-02001

生活のありとあらゆるシーンを支えてくれそうな、オールラウンダータイプのトートバッグです。機能性が追求されていながら、ミニマルなデザインにまとまっており、スタイリッシュに肩から提げることが可能です。

 

3位 dan genten(ダンゲンテン)

dan genten(ダンゲンテン)

https://genten-onlineshop.jp/pc/item/index.cgi?itemBrcd=12

どんなブランド?

ツウ好みの渋めなアイテムが欲しい!と狙っているメンズは、ダンゲンテンでバッグを探してみてください。

ダンゲンテンには、他のブランドではなかなか見掛けない素材のアイテムが揃っています。

特にゴートスキンなどは珍しいので、ワイルドな風貌に興味があるという人は、注目しておくべきでしょう。

レディースラインであるゲンテンとの棲み分けもできているので、より男らしいバッグを手に入れることができます。

価格帯や購入層は?

ダンゲンテンは、革素材そのものの魅力に惹かれる、マニアな人々にウケているブランドです。

世代的には、20代後半くらいから、50代くらいのメンズと相性の良いデザインであると言えるでしょう。

価格帯は、標準ラインか、それよりもやや高めくらいなので、絶妙に購買意欲をそそってもらえるはずです。

お薦めのシリーズは?

ネウトロ トートバッグ

ネウトロ トートバッグ

シンプルであることに徹した、男らしい表情のトートバッグです。余計な縫製部分が極力避けられているので、スタイリッシュかつスポーティーな印象もあります。肌触りのよいソフトレザーは、姫路のタンナーで製造されたものである、とのことです。

 

サドルベルト トートバッグ

サドルベルト トートバッグ

馬具からインスパイアされているという、独特の装飾が魅力的なトートバッグです。ワイルドな雰囲気があり、男らしい無骨な印象も与えてくれます。骨張りの強い革が、次第にほぐれていく感じにも魅せられてみてください。

 

4位 GANZO(ガンゾ)

GANZO(ガンゾ)

http://www.ganzo.ne.jp

どんなブランド?

本物の革製品愛好家が、一目を置く国産のブランドと言えば、ガンゾです。

奇抜な個性や、大胆なデザインは必要ないから、とにかく、質の良い革素材を、丁寧に縫製して欲しい!そんな願いを持っているメンズと相性ピッタリのブランドであると言えるでしょう。

商品の品揃えやバリエーションも豊富なので、定番っぽいシンプルな革アイテムを狙うなら、まずは覗いてみるべきブランドであると言えます。

価格帯や購入層は?

ガンゾの製品と相性の良い世代は、30代~40代くらいの、情報通なメンズです。

ガンゾは、一般的が知名度がそこまで高いわけではないので、ブランドの名前や雰囲気よりも、商品の品質や中身で勝負したい!と考えるタイプの人に響く傾向があると言えるでしょう。

価格帯は、決して安くありませんが、品質を考えると、コスパは良い方のブランドであると考えて良いです。

お薦めのシリーズは?

CERVO (チェルボ)ZIPトートバッグ

CERVO (チェルボ)ZIPトートバッグ

佇まいは、どこか無骨な雰囲気ですが、レザーの質は非常に柔らかく、まるでカシミヤのような肌触りであるところが売りという、ギャップ感が魅力的なバッグです。素材は、鹿の革である、とのこと。希少価値の高い高級品です。

 

BRIDLE (ブライドル)トートバッグ

BRIDLE (ブライドル)トートバッグ

使い勝手の良い、舟形のボディーを、堅牢なブライドル素材で組み立てているという、上品なトートバッグです。開口部には、しっかりとファスナーも付いているので、中身が無防備になる心配もありません。

 

5位 PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

http://www.pellemorbida.com

どんなブランド?

大人のためのエレガントな船旅をイメージしたようなブランド、ペッレモルビダでバッグを購入すれば、一気に洗練されたワンランク上の雰囲気を演出することができるようになるでしょう。

ペッレモルビダは、地中海近辺のような世界観が魅力となっているブランドですが、実は日本発の国産クオリティが楽しめるブランドなのです。

男女問わず人気があるので、カップルでの愛用もお薦めできます。

価格帯や購入層は?

ペッレモルビダの商品は、30代~40代くらいの男女と相性が良いでしょう。

価格帯的に、標準クラスか、それよりも少し高めくらいなので、海外ハイブランドのように、持っているだけで超セレブアピールができるかというと、そういった特別な威力があるわけではありません。

その代わり、ギラギラしていない、上品なオシャレを演出することができるはずです。

お薦めのシリーズは?

ST006

ST006

便利なミニポーチも付属している、横型のトートバッグです。中央のファスナーから覗いている2トーンな差し色は、まるで船の中から、外の景色を観ているかのような雰囲気でもあります。

 

MB046

MB046

ペッレモルビダらしいセンスと遊び心の詰まった、王道ラインのトートバッグです。上品なレザーと、船底のような流曲線、そして、ホイッスルという、全ての要素をたっぷり堪能してください。

 

6位 HERZ(ヘルツ)

HERZ(ヘルツ)

https://www.herz-bag.jp

どんなブランド?

革の持つ、ナチュラルな温かさや、可愛らしさに、魅せられたいという人は、ヘルツに注目してみてください。

ヘルツは、とにかく職人のこだわりと愛情がたっぷり詰まっているブランドです。

革そのものの表情を楽しむための商品もあれば、技術力のある職人でないと表現できないような凝った装飾の施されている商品もあり、とにかく品数が豊富なので、一見の価値あり!です。

価格帯や購入層は?

ヘルツの商品は、高校生くらいの若者から、シニア層の男女まで、幅広い人々に愛されています。

存在感があるのに、学生服にも、カジュアルなジャケットにも、スーツスタイルにも、どんな格好にも不思議と似合ってしまうところが、ヘルツのバッグの魅力です。

職人さんが、こだわりを持って手造りしているのに、価格帯は驚くほど良心的でリーズナブルです。

お薦めのシリーズは?

スクエアトート(G-68)

スクエアトート(G-68)

素材は柔らかいのに、輪郭がハッキリとしていて、しっかりとした使い心地を味わうことのできる、トートバッグです。サイズは2種類あり、色も3種類から選ぶことができます。シーンに応じて使い分けるというのもアリでしょう。

 

2wayビジネストート(G-61)

2wayビジネストート(G-61)

カッチリとしていて、機能的であるのにも関わらず、堅くなり過ぎていないスタイルで、革製品独特の愛らしさを堪能することのできるビジネストートバッグです。ショルダーストラップに加え、天ファスナーも付属しているスグレモノです。

 

7位 土屋鞄製造所

土屋鞄製造所

https://www.tsuchiya-kaban.jp/

どんなブランド?

土屋鞄製造所は、日本が誇る老舗ブランドでありながら、常に最先端の尖った空気感を漂わせているという、まさに老若男女に向けたブランドです。

職人の中にも、若い世代の人々を積極的に採用しているため、フレッシュな雰囲気を保ち続けているのです。革素材の品質も本格的で、かつ造りも丁寧であるため、長年使うためのバッグを選びたいなら、土屋鞄製造所は、非常にお薦めできます。

価格帯や購入層は?

土屋鞄製造所は、若い世代から、シニア層の人々まで、多くの男女に支持されています。

オーソドックスな製品が多いので、定番として持っておきたいアイテムを探す時に、これほど適しているブランドはなかなかないでしょう。

価格帯については、決して安いというわけではありませんが、品質が良く、耐久性も高いものが多いので、コスパは良いブランドであると言えるでしょう。

お薦めのシリーズは?

ウルバーノ シティトート

ウルバーノ シティトート

カッチリとしたフォルムに焼け焦げたような風合いの色っぽいバケッタミリングレザーという、洗練されたオシャレビジネストートバッグです。トートはだらしない印象になってしまいそうで苦手、という人に是非、お薦めしたい逸品です。

 

ヒノン フレームトート

ヒノン フレームトート

エレガントな空気感で、男女問わずに愛用できそうなトートバッグです。持ち手の根革部分に施されている装飾が、ダイヤモンドのようで、セレモニーのような場に安心して連れていくこともできるでしょう。

 

8位 SLOW(スロウ)

SLOW(スロウ)

https://www.souhait-online.com/

どんなブランド?

スロウは、ものづくりの街、大阪の南堀江に本拠地を構えているブランドです。

時代のスピーディーな流れに取り残されまいと必死になるのではなく、普遍的で根源的な考えに基づき、じっくりと腰を据えつつ商品と向きあう、それがスロウのあり方です。

日本最高峰と言われる革のタンナー、栃木レザーとのコラボレーションによって、数々の名作を産み出していることでも有名です。

価格帯や購入層は?

スロウは、落ち着きのある大人世代な男女にウケているブランドです。

そろそろ、年齢も年齢だし、本格的な革製品のアイテムを持つようになってみたい、…けれど、チャラチャラした印象の海外ブランドには興味がない、という、スロウはそんな人々の感性に特にマッチするブランドであると言えます。

価格帯は、標準よりもやや高めくらいです。

お薦めのシリーズは?

SLOW-HERBIE 2way tote bag

SLOW-HERBIE 2way tote bag

ロウ引き加工が丁寧に何度も施されており、強度に加え、重厚感もプラスされている2wayのトートバッグです。味わい深いレザーの質感には、独特のムラも表現されており、ありとあらゆるメンズファッションにフィットするはずです。

 

SLOW-bono zip tote bag

SLOW-bono zip tote bag

日本で最高の技術を誇ると言われている、栃木レザーで誕生した、フルベジタブルタンニングレザーが採用されているトートバッグです。純正なヌメ革の、ナチュラルな表情は、非常に魅力的。無駄が省かれているデザインなので、素材の良さが光っています。

 

9位 master-piece(マスターピース)

master-piece(マスターピース)

http://master-piece.co.jp

どんなブランド?

マスターピースは、ファッションの流行発信源である、大阪の南堀江に拠点を構えるメンズ向けのブランドです。

デザインは、流行の最先端!といった感じで、シンプルなものよりも、凝った装飾の施されているものが多いという印象です。

カジュアルなストリート系の男子にマッチするのはもちろんのこと、キレイ目の服装に合わせることで映えるアイテムもあるので、片っ端からチェックしていくべきでしょう。

価格帯や購入層は?

マスターピースは、20代~30代くらいの、若いメンズと相性の良いブランドです。

価格帯も、そこまで安いわけではありませんが、高価過ぎて手が出ないということはないので、大学生くらいの経済力であっても、充分に手を伸ばすことが可能といったラインです。

お薦めのシリーズは?

VAND

VAND

パンチングという装飾技法によって、カラーを2トーンに魅せている、ハイセンスなトートバッグです。発色がかなり鮮やかでかつ、カラーバリエーションも豊富なので、スーツの差し色などにさりげなく加えてみてください。

 

レザー2wayトート

レザー2wayトート

ベテラン世代のビジネスマンにも、是非、愛用して欲しい、重厚感のある本格的なビジネス向けトートバッグです。革の質感がマニア向けで、キメが細かく、経年変化の期待できる仕上がりとなっています。

 

10位 YUHAKU(ユハク)

YUHAKU(ユハク)

https://www.yuhaku.co.jp

どんなブランド?

YUHAKU と言えば、その染色技術の高さで国内外から注目を集めている、芸術性の高いブランドです。

透明感のあるグラデーションを作るというのは、ハイレベルな職人であっても、なかなか表現できることのない、高度な技術だと言われています。

ガラスケースの中に入れて飾っておきたくなるほどの、ハッと目を惹くようなYUHAKUアイテムの存在感に、魅せられてみてください。

価格帯や購入層は?

YUHAKU の商品と相性が良いのは、アーティスティックな感性を持つ男女です。

世代が関係しているというよりは、自身の持つアイテムに、強いこだわりを持っている人にウケているという印象。

商品のクオリティが高い分、価格帯もそれなりに高めとなっていますが、YUHAKU の商品を購入しようという人は、あまり金額を気にせず、何がなんでもこのバッグが欲しい!というような買い方をしているように見受けられます。

お薦めのシリーズは?

トートバッグ

トートバッグ

エレガントな大人の男女のためのアイテム、といった感じで、気品溢れる佇まいのトートバッグです。しっかりとした造りで、ビジネスにもプライベートにも寄り添ってくれるような頼もしさが感じられることでしょう。フラップの色彩がとにかく美しいです。

 

Shopping Unisex UMBRIA / トートバッグ

Shopping Unisex UMBRIA / トートバッグ

日本とイタリアの国交150周年を記念して造られたというモデルになります。中央部分にあしらわれている、独特の色彩溢れるデザインは、まさにYUHAKUならでは、といったところでしょう。

 

まとめ

以上、こちらの記事では、日本製のトートバッグについて、メンズ向けの人気ブランドをランキング形式にて、ご紹介させて頂きました。

アナタは、トートバッグを、ビジネスシーンで使う派ですか?それとも、カジュアルスタイルなオフに愛用したいタイプでしょうか?お気に入りのトートが見つかることを祈っております!

 

-鞄(バッグ)
-, ,

Copyright© メンズファッションブランド7 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.