鞄(バッグ)

日本製ビジネスバッグのブランドランキング

投稿日:

 

こちらでは、日本製ビジネスバッグの人気ブランドを、ランキング形式にてご紹介していきます。高品質で、安心して購入できると言えば、やはり日本製に勝るものはありません。ここで、どんなブランドがあるのか、知識を入手していってください。

 

1位 COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)

http://cocomeister.jp/

どんなブランド?

日本製の高品質なビジネスバッグに興味がある、ということなら、まずはココマイスターに注目するというのが、色々な意味で無難であり、賢い選択であると言えるでしょう。

ココマイスターは、スーツによく似合う、ビジネスマンにピッタリのバッグや財布が展開されているブランドで、雰囲気はヨーロッパの気品に満ちているのに、縫製を行っているのは日本の職人で、とにかく丁寧な仕上がりと信頼感が魅力なのです。

近年、ネットなどで話題となり、急成長を遂げているブランドです。

価格帯や購入層は?

ココマイスターの商品を購入している層は、30代後半くらいから、60代くらいまでと、幅広い層のビジネスマン達です。

造りが頑丈なので、一度購入すれば、少なくとも5年以上は愛用していけるはずです。

ブライドルや、コードバンや、マットーネなど、経年変化が魅力でもあるので、ビジネスバッグという相棒と共に、歳を重ねていく喜びなど、実感できることでしょう。

価格帯は、標準よりもやや高めといったところです。

お薦めのシリーズは?

クリスペルカーフローゼンハイム

クリスペルカーフローゼンハイム

クリスペルカーフは、サラリとしたクールな表情が魅力的なドイツ製の皮革です。重厚感よりも、スタイリッシュな感覚を演出したいという人に向いているので、試してみてください。

 

マットーネモンドビマイスター

マットーネモンドビマイスター

優雅で、圧倒的な存在感を誇る、マットーネの編み込みが美しいレザーバッグです。光に反射すると、キラキラ光るテクスチャーには、誰もが目を奪われることでしょう。

 

2位 GANZO(ガンゾ)

GANZO(ガンゾ)

http://www.ganzo.ne.jp

どんなブランド?

日本製のビジネスバッグで、とにかく質の良いブランドを挙げなさいと言われたら、ツウな人は、ガンゾの名前を出すことでしょう。

ガンゾは、一般的な知名度に関してはそれほど高くありませんが、ガンゾでビジネスバッグを選んでいるということは、それだけ、革に対してこだわりがあり、お目が高い、ということの証になります。

品数も豊富なので、まずは覗いてみることをお薦めします。

価格帯や購入層は?

ガンゾの商品を購入している層は、30代~40代前後くらいの情報ツウなビジネスマン達です。

名前が知れ渡っていない分、ネットなどで知識を集めることが得意な層の人々が購入している、といった印象です。

雰囲気的には、オーソドックスなので、どんな世代の人にもマッチします。

価格帯は、品質が良い分、標準よりも少し高めくらいです。

お薦めのシリーズは?

BRIDLE (ブライドル)38cmブリーフケース

BRIDLE (ブライドル)38cmブリーフケース

堅めのスタイリッシュな表情で、重厚感もあるという、ブライドル製の上質なブリーフケースになります。いかにも仕事のデキる男性が使いそうなアイテム、といったところでしょう。

 

GD (ジーディー)ブリーフケース

GD (ジーディー)ブリーフケース

余計な装飾がないので、存分に革そのものの表情を楽しむことのできる、牛革製のブリーフケースです。革の産地はフランスで、ボックスカーフ専門の名門タンナーで開発されています。

 

3位 aniary(アニアリ)

aniary(アニアリ)

http://www.aniary.com/

どんなブランド?

アニアリは、上質でありながらも、ポップで親しみやすい雰囲気の、オーソドックスな商品を提供してくれるブランドです。

生産を海外に頼ろうとするブランドが多い中、アニアリでは徹底して、メイドインジャパン品質にこだわっています。

レザーの開発から、自社にて手掛けているので、他ブランドでは楽しめない独特の表情を持つ革や、カラーバリエーションを楽しませてくれます。

価格帯や購入層は?

アニアリの商品を購入している層は、30代前後のビジネスマン達が中心です。

商品のフォルムに関しては、オーソドックスであり、どんな世代の人にも合う印象ですが、カラーバリエーションが華やかなので、若い世代との親和性が高いと言えるでしょう。

価格帯は良心的で、質のわりには安く設定されていると言えます。

お薦めのシリーズは?

01-01005

01-01005

ストイックにビジネスマンのためのバッグを追求しようとした結果、誕生した製品になるので、独特のシンプルな機能美が備わっています。カラーは珍しく、必要最低限の4種類。いずれも使いやすい色ばかりです。

 

07-01003

07-01003

ブリーフケースのかっちり感と、トートバッグのルーズっぽさとが、絶妙に融合されている、何とも表現しがたい、便利そうなビジネスバッグです。シュリンクレザーの柔らかい質感にも魅了されてみてください。

 

4位 土屋鞄製造所

土屋鞄製造所

https://www.tsuchiya-kaban.jp/

どんなブランド?

土屋鞄製造所は、日本で古くから信頼され続けている、老舗のバッグブランドです。

老舗というと、センスが昔ながら…という先入観を持ってしまうかもしれませんが、土屋鞄の場合、それは誤りです。

土屋鞄製造所は、職人やデザイナーに積極的に若い世代を採用しているブランドで、いつ見ても、新しい風を感じさせてくれるのです。

もちろん、品質は最高レベル。ビジネスマンにお薦めできる安定感抜群のブランドです。

価格帯や購入層は?

土屋鞄製造所の製品を購入している層は、20代くらいから60代くらいまでと、非常に幅の広いことが特徴となっています。

「大人カワイイ」雰囲気のものもあれば、ワイルドなものもあるし、フェミニンなものもあったり、と自分に合う一品を見つけやすいでしょう。

価格帯は、標準より少し高めですが、純日本製であることを考えると、コスパは良いと言えます。

お薦めのシリーズは?

ウルバーノアーバンブリーフ

ウルバーノアーバンブリーフ

シンプルに仕上げられている、端正な造りのブリーフケースです。輪郭がハッキリとしているので、存在感は抜群。知的で洗練された空気感が漂っています。芳醇な気品と色気を感じ取ってみてください。

 

ヒノン スクエアブリーフ

ヒノン スクエアブリーフ

男女問わずに使えそうな、エレガントな佇まいの美しいブリーフケースです。持ち手の根革部分が、宝石のようなデザインになっていて、人の目をさりげなく惹いてくれることでしょう。

 

5位 HERZ(ヘルツ)

HERZ(ヘルツ)

https://www.herz-bag.jp

どんなブランド?

革製品を愛でたい!愛着を持って、長く使い続けたい!と考えている人は、ヘルツと相性が合うはずです。

ヘルツは、職人の愛情や個性が強く商品に打ち出ているブランドで、とにかく製品そのものから漂ってくる存在感が抜群。マニアにはたまらない魅力を放っています。

価格帯や購入層は?

ヘルツの商品を愛用している層は、20代から40代くらいの、革製品愛好家達です。

凝った造りで、独特のオーラを持っているバッグが欲しい、という人にピッタリでしょう。「大人カワイイ」という言葉が、まさにピッタリのブランドでもあります。

価格帯は、非常に良心的です。

お薦めのシリーズは?

二本手2wayビジネスバッグ(BW-20)

二本手2wayビジネスバッグ(BW-20)

革の魅力が生きるバッグを、きちんと作ってみました、といった感じの、たまらない可愛らしさが詰まっているブリーフケースです。シンプルな造りですが、ビジネスバッグで、ここまでカワイイ空気感を持っているというのは、ある意味、異端です。

 

あおりポケット二本手ビジネスバッグ(BW-104)

あおりポケット二本手ビジネスバッグ(BW-104)

ここまで装飾が省かれている、シンプルなバッグを打ち出してくるというのは、よほど自信のあるブランドでなくてはできない技です。革本来の魅力的な表情を主役に据えたような、こだわりの強い製品と言えるでしょう。

 

6位 FARO(ファーロ)

FARO(ファーロ)

http://www.farojapan.com

どんなブランド?

ファーロは、ヨーロッパのように気品溢れる洗練されたテイストが魅力なのですが、実は日本で誕生した、メイドインジャパンならではの技術力が詰まったブランドです。

革を薄く漉く技術に関して、とにかく天下一品!なので、軽量であることにも重きを置きたいビジネスマンにとっては、必見!と言えるでしょう。

もちろん、デザイン性も優れていて、言うことなし!なブランドです。

価格帯や購入層は?

ファーロの製品を愛用している層は、30代~40代くらいのビジネスマンが中心です。

一般的な知名度に関しては、そこまで高くないので、情報に強い層の人々から、良い噂が広まっているようなブランドと言えるでしょう。

価格帯は、標準よりやや高めくらいで、ちょうど手を伸ばしたくなるラインに設定されています。

お薦めのシリーズは?

MONTEBELLO2 MOUSSE

MONTEBELLO2 MOUSSE

FAROで発の、2ルーム仕様なビジネスバッグです。部屋の使い分け方は、使う人によって様々に工夫されることでしょう。1泊の出張などにも向いている、収容力の高い商品です。

 

UMBERTO MOUSSE

UMBERTO MOUSSE

優美な姿で、都会的な印象のある、エレガントなブリーフケースです。これぞ、ファーロの真骨頂といった雰囲気でもあります。ナチュラルな牛シボレザーが採用されており、経年変化にも期待ができます。

 

7位 PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

http://www.pellemorbida.com

どんなブランド?

ペッレモルビダは、優雅な旅のお供に連れていきたくなるような、エレガントなアイテムを開発している、コンセプチュアルなブランドです。

大人として、ワンランク上の垢抜け感が欲しい、と考えている人にお薦めで、男女問わずに愛用できるセレブっぽい雰囲気が魅力です。

価格帯や購入層は?

ペッレモルビダの商品を愛用している層は、30代~40代くらいの男女です。

カップルでの愛用もお薦めできるブランドで、商品に施されている、船底っぽいエレガントな流曲線なども魅力です。

価格帯は標準クラスで、日本製の割には低価格であると言えるでしょう。

お薦めのシリーズは?

CA013

CA013

ペッレモルビダらしい要素が、贅沢にいくつも詰まっている王道のビジネスバッグです。プリズムと呼ばれる型押しが施されており、海面のように静かに輝いてくれるところがポイント。

 

CA102

CA102

2トーンで構成されている、大人っぽい雰囲気が魅力の、ブリーフケースです。ペッレモルビダのバッグならではの、「ホイッスル」も付属しており、遊び心が満載です。上質なサフィアーノレザー製です。

 

8位 万双(マンソウ)

万双(マンソウ)

https://www.mansaw.net

どんなブランド?

革製品に対して、ワンランク上のこだわりを持ちたい、と考えているなら、万双がお薦めです。

万双の名前を、当たり前に知っている、というメンズは少ないかもしれません。なぜなら、万双は実店舗を東京にしか持っていない、希少価値の高いブランドだからです。

しかしながら、マニアの間では確実にその名が知れ渡っているという、超実力派なのです。

価格帯や購入層は?

万双の商品と相性が良いのは、40代~60代くらいのミドル世代な、渋い大人の男性です。

女性受けを狙うのではなく、後輩の男子に憧れられるような、男の中の男でありたい、と願うなら、万双のバッグが打って付けなのです。

万双は、知を極めたような、尊敬される人が狙いそうなブランドであると言えるでしょう。

価格帯はやや高めですが、商品の質を見れば納得です。

お薦めのシリーズは?

ブライドル ブリーフケース(A4)

ブライドル ブリーフケース(A4)

必要最低限の装飾と、上質なブライドルレザーで構成されている、端正なブリーフケースです。いかにも仕事がデキる男の使うアイテム、といった空気感が漂っています。カラーは5色展開となっています。

 

双鞣和地 シングルブリーフケース

双鞣和地 シングルブリーフケース

重厚感があり過ぎず、それでいて、信頼感の持てる、ほどよい魅力を携えているビジネスバッグです。この革素材は、万双が長年の歳月を掛けて、独自に開発した特別なものになります。

 

9位 SOMES SADDLE(ソメスサドル)

SOMES SADDLE(ソメスサドル)

http://www.somes.co.jp

どんなブランド?

ソメスサドルは、北海道を拠点に構える、馬具のメーカーでもあります。

騎手の命を預かる重要な馬具の開発をしているだけあって、ソメスサドルの商品は、とにかく信頼度抜群。造りもしっかりしていますし、レザーへのこだわりも、尋常ではありません。

ところどころに、馬を思わせる要素が入っているという遊び心も、人気のポイントです。

価格帯や購入層は?

ソメスサドルの商品を購入している層は、20代、30代、40代くらいの男女です。

オーソドックスな中にも、少し尖った感性が漂っているので、そういった世界観と波長の合う、感度の高い人々に受けているようです。

ありきたりなブランドでは満足できない、という人のためのとっておきブランド、といったポジションをキープしていると言えるでしょう。

価格帯は、標準より少し高めくらいです。

お薦めのシリーズは?

グスト フラップブリーフ

グスト フラップブリーフ

シボ感が強調されている、国産牛革によるブリーフケースです。上品な佇まいのフラップ付きバッグに仕上げられており、カラーは、ブラックとキャメルの2色展開です。なにかと細部にこだわりが詰まっています。

 

パーリオ ブリーフケース

パーリオ ブリーフケース

オイルの艶感が際立っている、オーソドックスでお行儀の良い空気感漂う、ブリーフケースです。スーツによく似合う、深みのあるネイビーが魅力。ショルダーバッグ仕様にも対応しています。

 

10位 FUJITAKA(フジタカ)

FUJITAKA(フジタカ)

https://fujitaka-japan.com

どんなブランド?

フジタカは、日本で長年に渡ってバッグの開発を行っている、老舗ブランドになります。

品質に関する信頼度はとにかく抜群で、革製品に対して、こだわりの強い、大人世代な人々からの根強い支持を得ています。

日本的な色彩を重んじているブランドでもあり、独特のカラーバリエーションが特徴的だったりもします。

価格帯や購入層は?

フジタカの商品と相性の良い世代は、40代、50代、60代くらいで、渋い大人なビジネスマン達に良く似合うブランドであると言えるでしょう。

価格帯は、高過ぎることも、安過ぎることもなく、ほどよいラインに設定されているため、安心して手を伸ばすことができるはずです。

お薦めのシリーズは?

レザービジネスバッグB4 ベリル 

レザービジネスバッグB4 ベリル 

中央の一文字ジップを堺に、上下の2トーンで構成されている、ハイセンスなビジネスバッグです。気になるカラーバリエーションは、3種類。ブラック☓ブラックのみ、1トーンとなっています。

 

レザービジネスバッグ A4ジャスト 

レザービジネスバッグ A4ジャスト 

ハンドルと、ボディとのコントラストに、独特の色気が感じられる、色彩に重きが置かれているビジネスバッグです。キーサックもワンポイントのアクセントになっています。

 

まとめ

以上、こちらの記事では、高品質でしかもハイセンスという、メイドインジャパンならではの魅力が味わえる、日本製ビジネスバッグのブランドを、ランキング形式でご紹介させてもらいました。

ビジネスバッグは、男性にとって毎日使う必須アイテムですから、ここは是非とも良質な投資をしておきたいところでしょう。お気に入りのバッグは見つかったでしょうか?

 

-鞄(バッグ)
-, ,

Copyright© メンズファッションブランド7 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.