鞄(バッグ)

アウトドア用ボストンバッグ(メンズ)で人気のブランドランキング

投稿日:

 

こちらでは、アウトドア用のメンズ向けボストンバッグで人気となっているブランドをランキング形式でご紹介していきます。

耐久性の高いものから、セレブ向きなバッグまで、幅広いジャンルのものが揃っています。

 

1位 MAMMUT(マムート)

https://www.mammut.jp

どんなブランド?

マムートは、スイス発祥のブランドです。クライミングのプロが愛用するような、本格的なギア製品やウェア、バッグ、などを幅広く開発しているのが、マムートの特徴です。

高品質なだけでなく、ファッション性も高いため、アウトドアの用途としてだけでなく、タウンユースのバッグとしてもマムートの製品は人気があります。

価格帯や購入層は?

マムートの製品は、若い世代の感度が鋭いメンズから人気があります。

女性受けも良いブランドなので、カップルでの愛用にも向いています。

適度にオシャレで、クール過ぎず、甘過ぎることもないため、どんなファッションにも合わせやすいというところが魅力です。

価格帯は1万円前後で、高そうに見えるのにお得だと感じる人も多いことでしょう。

お薦めのシリーズは?

Cargo Light

Cargo Light

ブラック系とブルー系、2パターンのカラーバリエーションが用意されている、ダッフルバッグです。クラシカルなデザインでありつつ、最大限に軽量化が図られているので、荷物が増えていきがちなアウトドアシーンを支えてくれることでしょう。

 

Cargon

Cargon

サイドに刻印されているマムートのロゴがスタイリッシュで印象的なボストンバッグです。サイズは5種類が揃っています。遠征時や大きな荷物を運ぶ必要のある時などに、このバッグがあれば安心でしょう。

 

2位 BRIEFING(ブリーフィング)

BRIEFING(ブリーフィング)

https://www.briefing-usa.com

どんなブランド?

ブリーフィングは、日本で誕生した本格的なメンズバッグのブランドです。

アウトドア向けの耐久性に優れたバッグも揃っていますし、通勤に使えるようなビジネスバッグも多種開発されています。

ブラックのベースに、赤いロゴというのがブリーフィングの王道のデザインです。

カモフラージュ柄なども多く、メンズのファッションにど真ん中で刺さります。

価格帯や購入層は?

ブリーフィングのバッグを愛用している層は、20代~30代くらいのビジネスマンが中心です。

高品質でファッション性も高いのに、価格帯が手頃なので、安心して購入できると感じている人が多いようです。

女性受けを狙うというよりは、男性同士の目線を意識しつつ愛用を考える人が多いイメージでもあります。

お薦めのシリーズは?

クラブボストン

クラブボストン

このテイストは、メンズなら誰もが気になり、欲しい!と思うことでしょう。スタイリッシュなカモフラージュ柄に仕上げられており、タフである上に、キメ細やかな配慮も行き届いているので、是非試してみてください。

 

ジョイント ジム ボストン

ジョイント ジム ボストン

建築などで、部材を融合する時に生じるラインをイメージしてデザインしている、という独特な世界観のバッグです。色調などはオーソドックスで、どんなファッションにも合わせやすいため、1つ持っていると長年重宝していけることでしょう。

 

3位 OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ)

OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ)

https://www.outdoorproducts.jp

どんなブランド?

アウトドアプロダクツは、米国で誕生したアウドドア系のブランドです。

シンプルで使いやすいデザインのバッグが揃っており、スポーツシーンやアウトドアシーンのみならず、タウンユースとしても、アウトドアプロダクツのバッグを愛用したがる人は多いです。

迷ったらアウトドアプロダクツにしておいて間違いない、というくらいメジャーで人気のある存在です。

価格帯や購入層は?

アウトドアプロダクツは、中高生くらいからミドル層、シニア層まで、幅広い人々に愛されています。

価格帯がリーズナブルなので、誰でも抵抗なく手を伸ばせます。男女問わず、ファッションに取り入れやすいというところも魅力であると言えるでしょう。どんな系統の服装にも違和感なく似合います。

お薦めのシリーズは?

ダッフルバッグ 232

ダッフルバッグ 232

汎用性が高く、使いやすいデザインの細長いダッフルバッグです。サイドに輝いているロゴには説得力もあり、山であっても、街であっても、安心してかつぐことができるでしょう。カラーも豊富に揃っています。

 

キューブボストンバッグ

キューブボストンバッグ

立体的で、どんな形状の荷物でも安心して持ち運べそうな、頼もしいボストンバッグです。どんなカラーを選んだとしても、ベルトのブラックが全体をクールに引き締めてくれます。アウトドアプロダクツのロゴも、バランスよく施されています。

 

4位 MYSTERY RANCH(ミステリーランチ)

MYSTERY RANCH(ミステリーランチ)

https://www.mysteryranch.jp

どんなブランド?

ミステリーランチは、本格的なアウトドア系のグッズが揃っているブランドです。

本格的といっても、レジャーのためのアウトドア向け…というより、山岳救助隊や森林消防隊など、人命を救うために身体を張って仕事をしているようなプロの人々が使うためのバッグが揃っているというイメージです。

価格帯や購入層は?

ミステリーランチは、マニアックでツウで、本格的な仕様のバッグにトキメキを覚える人々から高い需要を誇っています。

小柄な女子が逆にミステリーランチのゴツいバッグを背負うのがオシャレ!というような風潮もあります。

アウトドアシーンのみならず、あえてタウンユースにも使って欲しいブランドといった感じです。

お薦めのシリーズは?

MISSION DUFFEL 90

MISSION DUFFEL 90

一見、オーソドックスでシンプルなテイストに見えるのに、アシンメトリーなジップの配され方に特徴があったり、と「ありがちでない」デザイン性の高さを感じることのできるボストンバッグです。ファッションを意識する人には、こういったバッグがオススメ。

 

ミッションローバー COYOTE

ミッションローバー COYOTE

ミリタリーテイストで、オシャレ度の高いメンズと親和性が高そうな、本格仕様のボストンバッグです。これが1つあれば、収容面で困る、戸惑う、といったこととは無縁になれるでしょう。タウンユースにも使ってみて欲しいバッグです。

 

5位 COACH(コーチ)

COACH(コーチ)

http://japan.coach.com/

どんなブランド?

コーチはニューヨーク発祥のハイブランドです。

日本人との親和性が抜群で、ブランド品を愛する多くの人が、コーチからのデビューを経験していたりします。

以前は、高齢の女性からの支持が特に厚いブランドでしたら、最近では若いメンズもコーチのバッグを積極的にファッションに取り入れる傾向があります。

価格帯や購入層は?

コーチはハイブランドになるので、価格帯はもちろんお高めです。

ただ、ヴィトンやグッチなどと比べると、そこまで高価過ぎる感じではないので、リーズナブルだと感じる人もいることでしょう。

ほどよく上品で、イヤミもあり過ぎないので、コーチを無難だと捉える人は多いはずです。女性ウケも抜群に良いブランドです。

お薦めのシリーズは?

エクスプローラー バッグ 52 スポーツ カーフ レザー

エクスプローラー バッグ 52 スポーツ カーフ レザー

アウドドアなシーンであっても、たとえばグランピングなど、セレブ仕様なキャンプへ行く場合には、こういったエレガントなバッグがオススメ。レザーの質に高級感が漂っている、ハイブランドならではのボストンバッグです。

 

エクスプローラー バッグ 52 ペブル レザー

エクスプローラー バッグ 52 ペブル レザー

高級感は欲しいけれど、ひけらかし過ぎるのはちょっと…というタイプの人には、こういったバッグをオススメします。さりげないセレブ感が魅力的で、一流ブランドなのに、そこまでアピールしていないところが、女性からの好感度も上げてくれそうです。

 

6位 Coleman(コールマン)

Coleman(コールマン)

http://www.coleman.co.jp

どんなブランド?

コールマンは、ガソリンランプの開発からその歴史が始まった、米国のアウトドア系ブランドです。

アウドドアを愛する人々の間では、コールマンと言えば、メジャーで人気のあるブランドなのですが、一般的な知名度はそこまで高くありません。

そこがまた、ツウでありたい人々の購買欲を煽るという、絶妙なポジションのブランドです。

価格帯や購入層は?

コールマンのバッグを愛用したがる層は、20代~50代くらいと、幅はとても広いです。

普段から、よくアウトドアシーンで休日を楽しんでいる、というタイプのメンズがコールマンのバッグを欲しがる傾向にあると言えるでしょう。

クールでスタイリッシュな雰囲気もあるため、タウンユースにも向いています。

お薦めのシリーズは?

ボストンバックLG (ブラックチェック)

ボストンバックLG (ブラックチェック)

バランスの良いフォルムで、どんなに荷物が増えても、賢く収納していけそうな、頼もしいボストンバッグです。柄の入っているところと、ブラックのところの配分が絶妙で、どこから見てもスタイリッシュです。

 

3ウェイボストン MD(トゥルーネイビー)

3ウェイボストン MD(トゥルーネイビー)

スクエアなフォルムが印象的なコールマンのボストンバッグです。ここまでスクエアだと、それがかえって個性として映り、オシャレな印象に。2トーンの配分も絶妙ですし、サイドのロゴもよく映えています。

 

7位 GREGORY(グレゴリー)

GREGORY(グレゴリー)

https://www.gregory.jp

どんなブランド?

グレゴリーは、最高品質の理想的なバックパックを開発したい!という並々ならぬ情熱の元に生み出されたブランドです。

ファッション性も高いため、アウトドアを愛する人の中でも、特にオシャレを意識する傾向にある人は、グレゴリーのバッグを選びたがります。

山脈のような形の幾何学的なロゴが印象的で目を惹きます。

価格帯や購入層は?

グレゴリーのバッグを購入している層は、比較的若い世代の男女です。

メンズファッションにもレディースファッションにも違和感なく馴染む雰囲気なので、幅広い層の人々から愛されています。

価格帯も、1万円前後で手を伸ばしやすいので、安心です。

テイスト自体はもっと高齢の人にも似合うオーソドックスな感じとなっています。

お薦めのシリーズは?

アルパカダッフル90L

アルパカダッフル90L

大容量の荷物の運搬に適している、超タフなダッフルバッグです。分割された内側のメッシュポケットは、アクセサリー類を、すぐに使えるよう整理整頓するのに適しています。着脱可能なバックストラップでハンズフリースタイルにも対応。スグレモノです。

 

スタッシュダッフル65L

スタッシュダッフル65L

グレゴリーの類まれなるセンスが光る、特殊な形状のダッフルバッグです。悪天候であっても、安心して頼れるバッグなので、長期旅行のお供に是非、連れていってみてください。カラーは2種類のバリエーションが用意されています。

 

8位 Patagonia(パタゴニア)

Patagonia(パタゴニア)

https://www.patagonia.jp/home/

どんなブランド?

パタゴニアは、アウトドアを愛する人々の間で、圧倒的支持を得ている大人気ブランドです。

専門店を街で見掛けることも多く、幅広いアイテムが取り揃えられている印象です。

遠い異国の地、未開の土地を思わせるような、パタゴニアという響きにも魅せられます。

冒険心をくすぐってくるような、独特の空気感を持つブランドです。

価格帯や購入層は?

パタゴニアのデザインは、シンプルな中にも独特で尖ったようなテイストが感じられるため、ファッションにうるさい男女が興味を示す傾向にあります。

色使いなども、そのほかのアウトドア系ブランドと比較すると、やはり特殊な感じがします。

価格帯は手頃で、高そうに見えますが1万円前後で入手できる商品が中心です。

お薦めのシリーズは?

ブラックホール・ダッフル 60L

ブラックホール・ダッフル 60L

悪天候であっても、長期に渡ってしっかり対応してくれる防水仕様なダッフルバッグです。このタフさは、なかなか実現できないでしょう。ワントーンでまとめられているのに、ディテールが凝っているため、高級感もあります。

 

ブラックホール・ダッフル 45L

ブラックホール・ダッフル 45L

サーモプラスチック、ポリウレタンフィルムがラミネートされているため、悪天候であっても、中身をしっかりと守ってくれるボストンバッグです。アウトドアのお供には、まさにこういった頼もしいバッグがふさわしいでしょう。

 

9位 CHUMS(チャムス)

CHUMS(チャムス)

http://shop.chums.jp/shop/

どんなブランド?

チャムスは、ファッショナブルでポップで明るいテイストが魅力のアウトドア系ブランドです。

アウトドア系のファッションブランドで、ここまで弾けた世界観を表現しているブランドは、なかなか珍しいと言えるでしょう。

ペンギンのような姿の可愛らしいブービーバードが大人気となっています。

価格帯や購入層は?

チャムスは、若い女性からも高い人気を誇っています。

持っていると間違いなく「可愛い!」と言ってもらえるので、自身のファッションに合うかどうかだけでなく、女性との接点が増えるといったような観点からも、チャムスのバッグには注目して欲しいです。

価格帯はほとんどのバッグが1万円以内で入手可能です。

お薦めのシリーズは?

オールデイダッフルIIスウェットナイロン (ボストンバッグ)

オールデイダッフルIIスウェットナイロン (ボストンバッグ)

まるみを帯びたフォルムと明るいカラーリングが可愛らしく、アウトドアなお出掛け時にテンションを上げてくれるであろう、チャムスのボストンバッグです。ブービーバードのカラフルなロゴや、ジップの持ち手など、ディテールも凝っているので注目。

 

コロラドリバーボストンバッグ(トート/ボストンバッグ)

コロラドリバーボストンバッグ(トート/ボストンバッグ)

クールでスタイリッシュなだけでなく、虹色のリボンなど、可愛らしい要素もミックスされている、絶妙なテイストのボストンバッグです。メンズのファッションに似合うのはもちろんのこと、女性ウケもかなり期待ができる逸品です。

 

10位 THE NORTH FACE(ザノースフェイス)

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)

https://www.goldwin.co.jp/tnf/

どんなブランド?

ザ・ノース・フェイスは、米国で誕生した、アウトドア系のブランドです。

大胆なロゴの入れ方が特徴的で、虹のような明るさを感じさせるマークが目を惹きます。本格的なアウトドアシーンに限らず、ザ・ノース・フェイスの商品は、メンズがタウンユースとして使うバッグにも最適です。

街中でも、ザ・ノース・フェイスのロゴは頻繁に目にします。

価格帯や購入層は?

ザ・ノース・フェイスの価格帯は手頃で、誰もが安心して手を伸ばせるラインに設定されています。

中高生であっても、ザ・ノース・フェイスのバッグなら、躊躇なく買うことができます。

もちろん、20代、30代、以降の大人であっても、オーソドックスなデザインで、ファッションになじませやすいので、是非、手にとってみてください。

お薦めのシリーズは?

グラム ダッフル

グラム ダッフル

バックパックのように背負うこともできてしまう、多機能なダッフルバッグです。男女兼用なデザインで、3種類あるどのカラーをチョイスしたとしても、ファッションに溶け込んでくれることでしょう。

 

BCダッフルXXL

BCダッフルXXL

プロとして活動している遠征隊も愛用されるほどの、高機能なダッフルバッグです。ショルダーハーネスなどの利便性がさらに改良されているという点も魅力ですし、濡れや汚れに強いラミネート素材なども完備されていて、パーフェクトです。

 

まとめ

以上、アウトドア向けのボストンバッグが充実しているブランドを、ランキング形式でご紹介させてもらいました。

お気に入りの素敵なバッグに出会ってくださいね!

-鞄(バッグ)
-, ,

Copyright© メンズファッションブランド7 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.