鞄(バッグ)

日本製ショルダーバッグ(メンズ)のブランドランキング

投稿日:

 

こちらの記事では、高品質で安心して購入することのできる、信頼の日本製ショルダーバッグに関する情報をお届けしていきます。メンズ向けの人気ブランドをランキング形式でご紹介していきますので、最後まで目を通していってください!

 

1位 土屋鞄製造所

土屋鞄製造所

http://store.world.co.jp/s/takeokikuchi/

どんなブランド?

土屋鞄製造所は、日本で昔から高品質な革製品を造り続けている老舗ブランドです。

ブライドルや、コードバンなどが使われている、紳士人気が高い、オーソドックスな定番商品も展開していますし、ナチュラルな革の表情を生かした、洒落た雰囲気のアイテムも揃っています。

老舗だからと古い価値観を持った企業だということは一切ありません。土屋鞄製造所は、デザイン力や、技術力に優れており、ファッション性、耐久性、共に高いのです。

価格帯や購入層は?

土屋鞄製造所の商品は、男性であっても、女性であっても、違和感なく似合いますし、また、世代も特に選ぶことがありません。

ただ、あえて、紳士なビジネスマン向けにターゲットが絞られている商品もありますので、注意深く選んでみてください。

価格帯は、安くはありませんが、メイドインジャパン品質であるわりには、良心的であると言えるでしょう。

お薦めのシリーズは?

トーンオイルヌメソフトルーズショルダー

トーンオイルヌメソフトルーズショルダー

とにかく、たっぷりの収納力が魅力、という柔らかなオイルヌメ革のショルダーバッグです。汎用性が高いので、出張やプライベートの旅行他、様々なシチュエーションにおいて、活躍してくれることでしょう。

 

ビークルハーフフラップショルダー

ビークルハーフフラップショルダー

ヴィンテージでクラシカルな空気感がある、大人の男性向け、ショルダーバッグです。気ままな街歩きに、このようなバッグを携えてみてはいかがでしょうか?着る服を選ばないので、長年、愛用していくことができそうです。

 

2位 master-piece(マスターピース)

master-piece(マスターピース)

http://master-piece.co.jp

どんなブランド?

マスターピースは、オシャレに対する感度の高い、若い世代のメンズから絶大な支持を集めているファッションブランドです。

その本拠地は、大阪の南堀江という、これまた若者が集まるオシャレなエリアに存在しています。

マスターピースのアイテムは、いずれも、凝った装飾や、独特の派手なデザインが魅力的だったりします。

ボリューミーで、カジュアルな服装に合わせやすい商品が揃っているので、覗いてみるとかなり楽しく感じることでしょう。

価格帯や購入層は?

マスターピースの商品を購入しているのは、20代~30代くらいの男性です。

価格帯は、そこまで安いわけではありませんが、学生であっても手を伸ばせるくらいのラインに設定されているので、あまり気張らずに、アイテムを揃えていくことができるでしょう。

中には、ビジネス向けの商品もあるので、隈なくチェックしてみてください。

お薦めのシリーズは?

LINK

LINK

存在感と華のあるデザインの、ショルダーバッグです。カラーバリエーションが豊富で、10種類もあるので、必ず好みの色が見つかるはず。価格も1万円台とリーズナブルなので、2色持ち、3色持ちをするのもお薦めです。

 

LINK

LINK

発色が鮮やかで、地味目なスタイルの日にも、これさえ提げておけばパッと雰囲気が明るくなるであろう、マスタピースらしさの光るショルダーバッグです。カラーバリエーションは、9種類ほど存在しています。

 

3位 HERGOPOCH(エルゴポック)

HERGOPOCH(エルゴポック)

http://www.hergopoch.com

どんなブランド?

日本は高品質な商品を作り出すことで世界的に信頼されているわけですが、エルゴポックは、まさにそんな、「日本的」なものづくりを行っている、代表的な革製品のブランドです。

エルゴポックのバッグは、非常にオーソドックスで、普段のファッションに溶け込むような、使い勝手の良さそうなものばかり。けれど、しっかりと「主張を持っている」ような、存在感とオーラが漂う、素晴らしいアイテムが揃っているのです。

価格帯や購入層は?

エルゴポックのメインターゲットは、30代後半くらいの人々ですが、デザインに、持てあましてしまうような奇抜さがないので、どんな世代の人であっても、違和感なくコーディネートに取り入れていくことができるでしょう。

価格帯は、メイドインジャパン品質が楽しめる割には良心的で、安心して購入できる絶妙なラインに設定されています。

お薦めのシリーズは?

GL-GSL2(ショルダーバッグ)

GL-GSL2(ショルダーバッグ)

キレイ目にキメたい日のコーディネートにバチッとハマりそうなショルダーバッグです。スタイリッシュな縦長のフォルムで、文庫本などを収納するのに便利な小分けスペースも完備されています。ソフトな艶革は、使い込むほどに馴染んでくることでしょう。

 

AF-DC(クラッチバッグ/ショルダーバッグ/2Way)

AF-DC(クラッチバッグ/ショルダーバッグ/2Way)

日本において、古くから人々に親しまれてきた、「巾着」というアイテムに焦点を絞り、デザインを再構築したという、画期的な商品です。クラッチ的な持ち方をしたり、紐を手首に巻きつけて持ったりと、様々なスタイルを楽しむことができます。

 

4位 aniary(アニアリ)

aniary(アニアリ)

http://www.aniary.com/

どんなブランド?

アニアリは、徹底して日本製であることにこだわっている、信頼度の高い革製品のブランドです。

デザインは、至ってシンプルで、いずれもオーソドックスな使いやすいものばかり。それでいて、革素材は、非常にこだわり抜かれており、オリジナルで開発したものも多く見られます。

とにかくカラーのバリエーションが豊富で、1つのアイテムにつき、10種類以上が当たり前に展開されていたりするので、色に興味のある人は、チェックすべきでしょう。

価格帯や購入層は?

アニアリの商品と相性の良い世代は、20代後半くらいから、30代後半くらいまでの男女でしょう。

きちんと主張があるけれど、落ち着いているアイテムが多いので、そろそろ本格的な革製品を持つようになりたい…と考え始めた人にピッタリのブランドです。

価格帯も、日本製であるということを考えると、わりと手頃なので、安心して購入できるはずです。

お薦めのシリーズは?

07-03003

07-03003

「美は細部に宿る」という言葉をポリシーとして掲げ、製作しているというミニショルダーバッグです。見るからに上質とわかるシュリンクレザーや、コロンとした温かみのあるフォルムの中に、職人の細かいこだわりが詰まっています。

 

01-03009

01-03009

ダブルファスナー仕様で、貝のようにパックリと開くことが可能なショルダーバッグです。縦型バッグは、スタイリッシュだけれど、取り出しにくい…という盲点を見事にクリアしている、優れた逸品です。

 

5位 COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)

http://cocomeister.jp/

どんなブランド?

ココマイスターは、日本で誕生した、上質な革製品のブランドです。

ヨーロッパから輸入している贅沢な皮革を、日本の職人達が優れた技術により、縫製しているという、夢のようなコラボレーションが実現しており、ここ近年、ビジネスマン達を中心に、大人気となっています。

ブライドルや、コードバンなど、人気の高い定番アイテムが、様々な形で展開されていますので、革製品マニアでも納得できるはずです。

価格帯や購入層は?

ココマイスターの商品には、独特の重厚感や説得力があるので、若い世代というよりも、むしろ、ベテラン世代のビジネスマンにお薦めできます。

サイトに登場するモデルさんも、白髪の英国紳士だったりするので、ダンディーに魅せたいという人に向いているブランドであると言えるでしょう。

価格帯は、決して安くありませんが、頑丈で信頼度の高い造りをしているので、コスパは悪くないと言えます。

お薦めのシリーズは?

マットーネ・ラージショルダー

マットーネ・ラージショルダー

イタリアの最高級皮革、マットーネによって仕立てられている、オーソドックスで使いやすい雰囲気の、大きめショルダーバッグです。フラップはマグネット開閉式で、気楽に開け閉めをすることができます。

 

ドルチェードボディショルダー

ドルチェードボディショルダー

ボディショルダーバッグに対して、前から興味があったけれど、自分に似合うのかよくわからない…と、敬遠していたなんて人には、こちらのアイテムがお薦めです。落ち着きのあるデザインで、どんな世代の男性にも似合うので、迷わず購入してみてください。

 

6位 HERZ(ヘルツ)

HERZ(ヘルツ)

https://www.herz-bag.jp

どんなブランド?

ヘルツは、同じ職人さんが、製造工程の最初から最後まで、必ず立ち会うという、「愛情」や「責任」の感じられる、誠実なものづくりを行っているブランドです。

革製品が好きな人って、結局、こういう雰囲気が好きなんだよな!という、王道でありつつも、なかなか他のブランドが実現できない商品を、次々に形にしている、といった印象があります。

本格的なのに、愛嬌があって、可愛らしい商品が多いので、男女問わず、性別も問わず、似合うこと間違いナシです。

価格帯や購入層は?

ヘルツの商品は、老若男女、誰にでも似合う雰囲気を持っています。親子で、あるいは、カップルで、お揃いのバッグを使うなんていうスタイルが、とてもお薦めできるブランドです。

注文してから商品を手造りするという方式なので、さぞかし高価なのだろう、と思いきや、ヘルツの価格帯は、拍子抜けするほどリーズナブルだったりします。そこもまた大きな魅力ポイント。

お薦めのシリーズは?

リバーシブルショルダーバッグ(CK-124)

リバーシブルショルダーバッグ(CK-124)

ヘルツでロングセラーモデルとなっている、ショルダーバッグです。一見すると、どこがリバーシブルなのかわからないくらい、自然に造られているので、凝ったギミックに弱いという男子も高確率で反応することでしょう。

 

二本ベルトの2wayミニバッグ(CW-67)

二本ベルトの2wayミニバッグ(CW-67)

ロングセラーとなっている、使い勝手の良いミニショルダーバッグです。本体部分のデザインに、とっても存在感があり、ポンと置いてあるだけで絵になります。フタは差し込み式なので、見た目よりも開閉はラクラクです。

 

7位 FUJITAKA(フジタカ)

FUJITAKA(フジタカ)

https://fujitaka-japan.com

どんなブランド?

フジタカは、日本で昔から信頼度の高い、品質の良い革製品を造り続けてきた老舗ブランドです。

特筆すべきは、日本的な「色彩」というものに重きを置いている、ということでしょう。

いわゆる、典型的な赤や青や黄色ということではなく、自然界に存在する、花や土や草木のような色を彷彿とさせてくれるので、日本人にはよく馴染みますし、とにかく上品です。

価格帯や購入層は?

フジタカの商品と相性が良いのは、40代以降の落ち着きある、ベテラン世代のビジネスマン達でしょう。

海外のハイブランドに手を出すのは、自身のキャラクター的にちょっと…と抵抗を感じてしまう人や、かといって、ノーブランドの安価なアイテムは持ちたくない、しっかりとした、品質の良いレザーグッズを持っていたい、という人にお薦めできます。

価格帯は、標準よりもやや高めくらいです。

お薦めのシリーズは?

レザーショルダーバッグ B5 フィット No.635101

レザーショルダーバッグ B5 フィット No.635101

フォルムが特徴的で印象深い、フジタカ製のレザーショルダーバッグです。本体の色に対し、差し色的にデザインされているストライプに、色彩を重んじるフジタカならではの美学が感じられます。

 

ショルダーバッグ グラフィック No.645101

ショルダーバッグ グラフィック No.645101

日本で古くから親しまれてきた、伝統的な模様がブリントされている、フジタカらしい美学の宿るショルダーバッグです。昔ながらな雰囲気で構成されているのに、都会的な印象もあるという、優れたデザインです。

 

8位 sot(ソット)

sot(ソット)

http://sot-web.com

どんなブランド?

ソットは、高品質なのにリーズナブルな革製品の数々が手に入るブランドとして、日本国内で男女問わず、高い人気を誇っています。

ソットのコンセプトは、革製品や財布も、アクセサリーの1つとして捉え、開発するということです。利便性の高さばかりが追求されてしまいがちな商品であっても、自身を美しく魅せる、アクセサリーを生み出すような感覚で製造しているのだそうです。

価格帯や購入層は?

ソットの製品は、若い世代の男女にウケています。

レザーの質がとにかく柔らかい!と評判で、女性人気もとにかく高いのです。カップルでの愛用にも向いているので、彼女にプレゼントを検討しているという人も、注目していってください。

実店舗はレアな存在ですが、高価過ぎないラインなので、通販のストアを頼るのが良いでしょう。

お薦めのシリーズは?

DUWY ミニショルダーバッグ

DUWY ミニショルダーバッグ

姫路にある老舗タンナーで製造されたという、上質でふっくらとしたレザーが楽しめるショルダーバッグです。ユニセックスなデザインで、サイズ感も絶妙。長財布などが出し入れしやすいように設計されています。

 

SCORCHショルダーバッグ

SCORCHショルダーバッグ

エイジングが楽しめるタンニングレザーで仕上げられており、しなやかで絶妙なムラ感も魅力という、経年変化にも期待ができるショルダーバッグです。ブラウンとブラックの2色があり、いずれも高い人気を誇っています。

 

9位 PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

http://solatina.net/item/

どんなブランド?

ペッレモルビダは、コンセプチュアルなブランドです。地中海近辺で、豪華客船の旅を楽しむ…というような、優雅な世界観で展開されているので、ヨーロッパ発のブランドだと思ってしまうかもしれませんが、実は正真正銘、日本で誕生している企業になります。

エレガントで垢抜けている、洗練された大人になりたいなら、ペッレモルビダのバッグを愛用するのがお薦めです。

価格帯や購入層は?

ペッレモルビダの商品は、30代~40代くらいの男女と相性が良いでしょう。

落ち着いた大人の雰囲気があるので、仕事で初めてスーツを着る時に、どんなバッグを合わせたら良いだろう…と迷ってしまった人であっても、ペッレモルビダのバッグなら、納得できるはずです。

価格帯は標準的で、コスパも良いので、安心して購入できることでしょう。

お薦めのシリーズは?

ON010

ON010

休日のちょっとしたお出掛けに使えそうな、絶妙なサイズ感が魅力のバッグです。シチュエーションに合わせて、クラッチのように使えたり、ポーチのように使えたりと、臨機応変な能力を持っている逸品です。

 

9B013

9B013

働く男のための、エレガントなショルダーバッグです。コンパクトながらも、カメラなどが入るサイズ感で、休日の旅行などに、サブバッグとして活躍してくれることも期待できるでしょう。

 

10位 Dakota BLACK LABEL(ダコタ ブラックレーベル)

Dakota BLACK LABEL(ダコタ ブラックレーベル)

http://www.dakota-princessbag.com/fs/dakota/c/dakotablacklabel

どんなブランド?

ダコタは、女性からの高い支持を得てきた革製品の老舗企業で、2000年代になってから、男性向けのラインも誕生したというブランドです。

特筆すべき点は、革の質がとにかく柔らかいということでしょう。さらには、丈夫で使いやすいので、ダコタの製品を長いこと愛用しているというファンは多く存在します。

価格帯や購入層は?

ダコタの商品は、丈夫で長もちするにも関わらず、商品の価格帯は非常にリーズナブル。コスパはとても良いブランドであると言えるでしょう。

バッグに関しては、ほとんどの商品が、5万円以内くらいで入手可能です。

カップルでの愛用にも向いているので、プレゼントにペアで購入するというのは、いかがでしょうか?

お薦めのシリーズは?

ショルダーバッグ イッシュ 1620393

ショルダーバッグ イッシュ 1620393

ベーシックなデザインでありながら、ポケットの数が多く、収納力に富んでいるショルダーバッグです。リラックスムードが漂っていますが、いざという時には、通勤用としても能力を発揮してくれることでしょう。

 

ジャスティス 2wayショルダーバッグ 1621003

ジャスティス 2wayショルダーバッグ 1621003

クラシカルな印象のある、横長のショルダーバッグです。ボクシーな雰囲気もあり、日々のお出掛けに必要最低限なアイテムを、スタイリッシュに持ち運ぶことができるでしょう。

 

まとめ

以上、日本製のショルダーバッグに関する情報を、ランキング形式でお届けさせてもらいました!気になるブランドは、見つかりましたでしょうか?運命的な一品に出会ってくださいね!

 

-鞄(バッグ)
-, , ,

Copyright© メンズファッションブランド7 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.