靴(シューズ)

高級な靴(メンズ)の人気ブランドランキング

投稿日:

 

本当にデキる男は、靴への自己投資を怠らない、と言われていたりしますが。こちらの記事では、紳士靴のブランドの中でも、特に高級で、本格志向のものばかりを集め、ランキング形式でご紹介していきますので、是非、最後まで目を通していってください!

 

1位 JOHN LOBB(ジョン・ロブ)

JOHN LOBB(ジョン・ロブ)

 

www.johnlobb.com/

どんなブランド?

ジョンロブは、同名の英国人デザイナーによって設立された、ロンドンの高級シューズブランドです。

技術力、デザイン力、ともに、ジョンロブは世界で最も高い評価を得ている、と言われているほど。

本物のセレブや、エグゼクティブなメンズ、あるいは、一生に一度くらいは、本当に高級な靴を着用してみたいと願う男性達から、ジョンロブはいつの時代も憧れられている存在です。

価格帯や購入層は?

ジョンロブの価格帯は、数あるシューズブランドの中でも、最高ランクに高価です。

経済的に余裕があるベテラン世代の男性でないと手が出ないようなラインに設定されているわけですが、ジョンロブの世界観自体は、洗練されていて尖った雰囲気となっており、若い世代にもマッチします。

お薦めのシリーズは?

ALWYN

ALWYN

角度の付けられているエレガントなトゥーや、全体的にシャープなシルエットがモダンな印象となっている、ビスポークシューズのアトリエで誕生した、ジョンロブらしいモデルです。オリジナルの新しいバックルもさりげなく配置されています。

 

WILLIAM II BOOT

WILLIAM II BOOT

1940年代に発表されたアイコンスタイルのシューズを、 アンクルブーツにアレンジしたというモデルです。ハンドソーンのトゥキャップと並行に閉じるタイプのダブルバックルが特徴的。時代を越えて愛されるジョンロブの卓越した職人技を堪能することができます。

 

2位 三陽山長(SANYO YAMACHO)

三陽山長(SANYO YAMACHO)

http://www.sanyoyamacho.com/

どんなブランド?

三陽山長は、日本で誕生した、芸術的なセンスに溢れる紳士向けの高級シューズブランドです。

グッドイヤーウェルト製法にて産み出される、高品質な商品は、いずれもエレガントで、エグゼクティブなメンズが愛用するような、独特の空気感とオーラに溢れています。

商品の1つ1つに、日本人男性の古風な名前が付けられているというところも、三陽山長の世界観を、尖ったものにしています。

価格帯や購入層は?

三陽山長のシューズの価格帯は、かなり高額となっています。

若い層よりもむしろ、年齢を重ねた、本物の大人な男性に似合う、渋いけれども華のある世界観が特徴的。

ですので、重役に昇進した記念に購入する、というようなスケールの大きな夢を抱いてみる、というのも良いでしょう。

お薦めのシリーズは?

匠六郎

匠六郎

フレキシブルグッドイヤーウェルト製法によって仕立てられている、牛革にレザーソールという、エレガントなドレスシューズです。装飾のバランスもほどよく、まさに上品な本物の大人に似合う逸品といったところでしょう。内装のレッドも人の目を惹きます。

 

鞍之介

鞍之介

日本人的な「粋」の精神と、職人の「技」とが、見事に宿っているシューズです。深い味わいがあって、美しい色ムラの表現されている、牛革のテクスチャーは、紳士の足元を華麗に彩ってくれるはず。靴底に施されているゴールドのロゴマークも高級感たっぷりです。

 

3位 ALDEN(オールデン)

ALDEN(オールデン)

https://www.lakotahouse.com/

どんなブランド?

オールデンは、アメリカで誕生した伝統的な老舗シューズブランドです。

創業は、1884年のことですから、実に1世紀半近くに渡って、紳士のための靴を開発し続けてきたということになります。

土踏まずを心地良く圧迫してくれると言われているオールデン独特の木型は、他のブランドにはマネできないほど、高い技術力の結晶であると言われています。

価格帯や購入層は?

オールデンの靴は、かなり高価なので、ビジネスマン達の中でも、シューズにはお金を掛けておきたいと考える、高い意識を持った人々から支持されています。

10万円を越えるラインが当たり前なので、簡単に足を踏み入れられるようなブランドではないかもしれませんが、品数も豊富で、必ずお気に入りの一足が見つかるはずなので、しっかり自己投資したいと考えている人は、まず、オールデンから当たってみると良いでしょう。

お薦めのシリーズは?

4540H

4540H

洗練された細かい編み上げが芸術品のようで美しい、気品に溢れるオールデンのショートブーツです。微かにグラデーションがかっているかのような、深みと色気のあるカラーリングにも着目してみてください。

 

53670

53670

光沢感のあるシックなブラックの外装に、エレガントな真紅という内装が、鮮やかなコントラストを放っている、オールデンらしいドレスシューズです。靴を履いている時はもちろんのこと、玄関先に置いてある時でも、輝くオーラで持ち主の格をアップしてくれることでしょう。

 

4位 Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ・フェラガモ)

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ・フェラガモ)

http://www.ferragamo.com/

どんなブランド?

サルヴァトーレ・フェラガモは、同名のデザイナーによって設立されたイタリア発のトータルファッションブランドです。

そんな中でも、フェラガモは特にシューズの開発を得意としています。

海外のアパレル系ハイブランドの中でも、靴に強いというブランドは希少価値が高いので、ここは是非、狙ってみるべきでしょう。

女性ウケも良いブランドになるので、足元から、セクシーに演出することができるはずです。

価格帯や購入層は?

フェラガモは、ミドル層くらいの大人なメンズと親和性の高いブランドです。

海外のハイブランドは、どうしてもギラギラしたイメージや、チャラチャラしたイメージがつきものだったりしますが、フェラガモの場合は、上品で落ち着きがある、というイメージが定着しているため、ビジネスシーンにおいても、安心して着用することができるでしょう。

お薦めのシリーズは?

アリゲーター

アリゲーター

プレーントゥタイプのアリゲーター製シューズです。フェラガモの伝統的な職人技術から生まれたというシリーズで、独特の色気あるオーラを放っています。アダルトな魅力を演出したいという人に愛用して欲しい逸品です。

 

カーフ

カーフ

職人が手作業によって磨き上げているという、深みのあるレザーのカラーが非常に印象的となっている、エレガントなレースアップシューズです。余計な装飾や縫製が一切ないので、洗練された雰囲気の足元を魅せることができるでしょう。

 

5位 EDWARD GREEN(エドワードグリーン)

EDWARD GREEN(エドワードグリーン)

http://www.edwardgreen.jp/

どんなブランド?

エドワード・グリーンは、世界的にも靴の聖地として知られている、かの有名なイギリスのノーサンプトンエリアにて誕生した、本格的なシューズブランドです。

創業は、1890年と非常に古く、1世紀以上に渡って、紳士のためのエレガントで高品質な靴を生み出し続けてきました。

ブリティッシュな気品あるテイストが魅力で、英国ならではの雰囲気を楽しみたいメンズにお薦めできる、こだわりの強いブランドです。

価格帯や購入層は?

エドワード・グリーンの商品を愛用している層は、経済的に余裕のある、本物のセレブ達がメインです。

男なら、誰もが憧れを抱くような、キングオブシューズブランドであると言っても良いでしょう。

ビジネスバッグや、ビジネスシューズには、きちんと投資をしておきたい、そうすることで、良い仕事が舞い込んでくる、と信じている人に、是非愛用して欲しいブランドです。

お薦めのシリーズは?

SELWYN/82E

SELWYN/82E

極めてシンプルな中にも、独特の変わった表情が隠されている、高級ブランドならではのDNAがしっかりと感じられるシューズです。ビジネスからフォーマルまで、幅広いシーンに対応してくれそうな、クラス感のある上質な商品となっています。

 

RAVENSTONE/202E

RAVENSTONE/202E

妥協なきこだわりで、どこまでも履く人に寄り添っている、エドワード・グリーンならではの上質なシューズです。モンクストラップのチャッカブーツは、どんなファッションにも違和感なくマッチしてくれることでしょう。

 

6位 TRICKER’S(トリッカーズ)

TRICKER’S(トリッカーズ)

https://www.trickers.com/

どんなブランド?

トリッカーズは、英国で誕生した、紳士向けシューズの高級ブランドです。

1829年に創業しているので、間もなく200年が経過しようかという、超老舗企業というわけです。

英国を代表するビスポークのシューズブランドとしてメジャーであり、エレガントな靴のメーカーが集まっているノーサンプトンの中でも、一際、高貴な存在感を放っています。

価格帯や購入層は?

トリッカーズの商品は、自身の身につけるアイテムに、こだわりと本物の気品を求めるような、大人の男性から高い支持を得ています。

高級ブランドであることに間違いはありませんが、10万円を越えるようなラインのものは少なく、5万円前後で入手が可能となっているので、安心して手を伸ばすことができるでしょう。

デザイン性も高いので、ありがちなオシャレじゃ満足できないという人にもお薦めできます。

お薦めのシリーズは?

BOURTON COUNTRY SHOE

BOURTON COUNTRY SHOE

上品でありつつも、装飾が華やかで、足元を華麗に演出してくれそうなドレスシューズです。地味にまとまってしまいがちなスーツスタイルに、ガツンとしたアクセントが欲しい、という時などに、こういった靴を合わせてみると、理想のコーディネートを実現できることでしょう。

 

BOURTON

BOURTON

グラデーションの効いた鮮烈なカラーに、インパクトの強い2トーン。伝統的なシューズブランドでありながら、ここまで洗練されていて、尖った空気感のデザインに挑戦してくれる、というのは、なかなか希少価値の高いことであると言えるでしょう。

 

7位 CHURCH’S(チャーチ)

CHURCH’S(チャーチ)

http://www.church-footwear.com/

どんなブランド?

チャーチは、イギリスで誕生した、伝統的なシューズブランドです。

英国女王からも称賛の言葉をもらっているほど、世界的に信頼されている、超有名な紳士靴のメーカーというわけです。

グッドイヤーウェルト製法にて開発されているシューズには、とにかく手間が掛けられており、完成までには、実に250もの工程を要するのだと言われています。

価格帯や購入層は?

チャーチの商品は、基本的にオーソドックスでエレガントなのですが、デザインとして、どこか尖っていて、革新的というイメージの方が合っていたりします。

個性を求める若い世代のメンズや、アーティスティックな感性の強い男性にお薦めできるハイブランド、というわけです。

価格帯も、標準より少し高めという絶妙なラインに位置しているので、誰もが特別なタイミングでチャーチの商品を購入したくなることでしょう。

お薦めのシリーズは?

LOAFERS

LOAFERS

デザインそのものは、至ってオーソドックスで、丁寧に作り込まれているローファー、といった感じですが、とにかくカラーが斬新という、新たな切り口を提案してくれている、ファッションレベルの高い人が求めるアイテムです。

 

LOAFERS

LOAFERS

紳士向けのドレスシューズで、3トーンによってデザインされているもの、というのは、非常に高度なセンスが要求されるので、それだけでも希少価値があると言えるでしょう。一目見て、文句ナシにオシャレであるということが伝わってくる商品です。

 

8位 ALLEN EDMONDS(アレン エドモンズ)

ALLEN EDMONDS(アレン エドモンズ)

http://www.allenedmonds.com/

どんなブランド?

アレンエドモンズは、1922年にアメリカで誕生している、高級シューズブランドです。

何しろ、米国の歴代大統領達が愛用していたブランドになるので、本物を知る男達にとって御用達な存在というわけです。

アレンエドモンズは、リペア業務にも力を入れている、というところが特筆すべき点かもしれません。

多くのエグゼクティブなメンズの信頼を、長年に渡って勝ち取ってきた、実績のあるブランドです。

価格帯や購入層は?

アレンエドモンズの世界観は、どんな世代の男性にもマッチします。

ドレスシューズのみならず、カジュアルなラインの靴も同時に展開されているので、オンオフ共にお世話になっているという人も多いようです。

価格帯も、高品質である割には、驚くほど高価…ということがないので、色々な意味で、安心して購入することができるでしょう。

お薦めのシリーズは?

FIFTH AVENUE CAP-TOE OXFORD

FIFTH AVENUE CAP-TOE OXFORD

職人の手によって、丁寧に造り込まれていることが伝わってくる、アレンエドモンズらしい、オーソドックスなドレスシューズです。ほどよい装飾のバランスや、繊細なシューレースが絶妙で、色違いで複数所有したくなるほどの魅力を持っています。

 

BOULDER VENETIAN DRIVING MOCCASIN

BOULDER VENETIAN DRIVING MOCCASIN

ペタンとしたクールな表情や、あえてのスニーカーライクな靴底が、大人の抜け感を演出してくれそうな、オシャレシューズです。カラーは豊富に5種類で展開されており、2トーンのものも揃っているので、細かくチェックしてください。

 

9位 GRENSON(グレンソン)

GRENSON(グレンソン)

http://www.grenson.com/uk/

どんなブランド?

グレンソンは、イギリスで誕生した、シューズブランドです。

英国発のブランドだけあって、その世界観は、紳士的で上品な魅力に溢れています。

大人っぽい着こなしを求める、ビジネスマン達にピッタリの商品が揃っており、オフィスにおいても、街中においても、足元を華やかに演出してもらえることでしょう。

価格帯や購入層は?

グレンソンの商品は、30代~40代くらいのメンズに人気となっているようです。

高級ブランドとしてのイメージが強いですが、実は5万円前後で入手することが可能なので、若い世代であっても、比較的購入しやすいというわけです。

シックでキレイ目な雰囲気が特徴的なので、女性ウケを狙いたい人にもお薦めできます。

お薦めのシリーズは?

Adam

Adam

異素材のミックスされている感じが、独特の高級感とこだわりを演出してくれている、グレンソンらしい、贅沢なドレスシューズです。内装の味わい深いレッドと、立体感のあるロゴマークにも注目してみてください。

 

Archie

Archie

カジュアルな日の足元を、ドレッシーに演出したいということなら、こういったシューズがしっくりくることでしょう。装飾の雰囲気は、堅いビジネスシューズのようでありながら、素材やソールの感じに、大人っぽい抜け感がある、絶妙なアイテムです。

 

10位 COLE HAAN(コールハーン)

COLE HAAN(コールハーン)

https://www.colehaan.co.jp/

どんなブランド?

コールハーンは、アメリカのシカゴで誕生したブランドです。

創業したのは、1928年のことなので、遡ること、約100年の歴史を紡いできた、伝統的な企業ということになります。

設立当初は、メンズ向けのシューズのみを開発していたようですが、現在では、レディースやキッズ向けのラインも充実しており、さらには、バッグやアパレルなどのグッズも展開しています。

価格帯や購入層は?

コールハーンの世界観は、老若男女、どんな世代の人々にも幅広く愛されるという特徴を持っています。

メンズシューズに関しては、特に開発を得意としているので、種類が豊富という魅力もあります。

高級なブランドですが、5万円前後で入手可能なので、品質相応の満足いく商品を確実に購入することができるでしょう。

お薦めのシリーズは?

ゼログランド レーザー ウィング オックスフォード

ゼログランド レーザー ウィング オックスフォード

ドレスシューズのような高級感がありつつも、ランニングシューズにも劣らない機能性を誇る、次世代のオックスフォードです。ウィングチップのディテールが模されているレザーカットは、通気性と軽量性を追求するのにも一役買っています。

 

グランドエボリューション ショートウィング

グランドエボリューション ショートウィング

ハードなビジネスシーンから、ウィークエンドに至るまで、ありとあらゆるシーンに幅広くマッチする、究極の履き心地が体感できる贅沢なシューズです。衝撃が吸収されるような機能も装備されており、見た目の高級感だけではない、本物のクラフトマンシップを味わうことができます。

 

まとめ

高級シューズブランドの人気ランキングをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

既にチェックしているブランドもあれば、初めて知ったブランドもあるかもしれませんね。靴への投資は非常に大事だと言われていますから、是非、納得のいくシューズをよく吟味してください。

 

-靴(シューズ)
-,

Copyright© メンズファッションブランド7 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.