靴(シューズ)

サンダル(メンズ)の人気ブランドランキング

投稿日:

 

暑くなってくるシーズンには、靴下がいらず、ラフに着用できるサンダルの存在が必須になってきます。どんなサンダルを履くのが、大人のメンズとしてオシャレなのだろう…と迷っている人は、是非、こちらのランキングを参考にしていってください!

 

1位 Teva(テバ)

http://jp.teva.com/

どんなブランド?

テバは、アメリカで1984年に誕生した、フットウェアブランドです。

世界で初めて、ストラップ付きのスポーツサンダルを開発したという確固たる実績を持っています。

このサンダルは、水辺での安全かつアクティブな動きを実現するために、足首を固定しようという発想から生まれたとのこと。

カジュアルなファッションによく似合う、オシャレなシューズの数々が展開されており、サンダルのブランドとしては、必ず上位にランクインしてくるような人気メーカーです。

価格帯や購入層は?

テバの商品は、どんな世代の人とも相性バッチリです。

メンズのみならず、レディースやキッズなどのラインも充実しているので、家族でハマってみるというのもお薦め。

価格帯も非常に手頃なラインに設定されており、1万円を切るような値段で、理想的なサンダルを入手することが可能となっています。

お薦めのシリーズは?

HURRICANE XLT 2 CROSS STRAP

HURRICANE XLT 2 CROSS STRAP

ホールド性と快適性に定評のある、テバらしい王道のモデルです。速乾性もあるので、水辺などのアウトドアシーンにも最適。夏に向けて一足は持っておきたい、マスト感のあるサンダルです。

 

ORIGINAL UNIVERSAL PREMIER

ORIGINAL UNIVERSAL PREMIER

テバの人気モデルを、アウトソールでアップデートしたという、贅沢な商品です。歩行時の衝撃を和らげるクッション性も兼ね備えられており、快適な履き心地が実現されています。カラーは、4色展開となっています。

 

2位 BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)

BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)

http://www.birkenstockjpn.co.jp/

どんなブランド?

ビルケンシュトックは、ヨハネスアダムビルケンシュトックによって設立された、世界的なシューズブランドです。

創立は1774年と、目を疑ってしまうほどの歴史ある企業です。

ビルケンシュトックのシューズは、ファッション性に優れているだけでなく、元々開発チームに古くから整形外科医が存在していたなどの背景もあるため、とにかく履き心地が良いのです。

戦争などの時代も経てきているビルケンシュトックですが、その商品は、傷ついた兵隊達に支給されていたとのこと。

価格帯や購入層は?

ビルケンシュトックの世界観は、世代や人物像を選びません。老若男女問わず、世界中の人々を何百年もに渡って魅力し続けてきたブランドなので、今さらその魅力については、細かく語るまでもない、といったところでしょう。

ファッションにサンダルを取り入れていきたい、ということなら、最初の一足はビルケンシュトックにしておいて、間違いありません。

価格帯も非常に良心的で、1万円程度の予算があれば大丈夫です。

お薦めのシリーズは?

Arizona/アリゾナ

Arizona/アリゾナ

見るからに足にフィットしそうな佇まいの、ビルケンシュトックらしい、定番モデルです。肌に優しく耐久性にも富んでいるアッパーが、快適な履き心地を与えてくれます。2本のベルトでフィット感を微妙に調整することも可能。

 

Ramses/ラムゼス

Ramses/ラムゼス

人気のトングサンダルメンズモデルです。タウンユースから、アウトドアまで、幅広いシーンで活躍させることができるでしょう。広めにカットされたベルトは、快適なだけでなく、足元にラフでワイルドな印象を与えてくれるはずです。

 

3位 adidas(アディダス)

adidas(アディダス)

https://shop.adidas.jp/

どんなブランド?

アディダスは世界的に有名で、3本の指にも入ると言われる、スポーツブランドです。ストライプのロゴマークは、誰もが一度は目にしていることでしょう。

スニーカーやサンダルなどのサイドにもデザインとしてあしらわれていることが多く、あの3本ラインは、多くの人々を魅力しています。

信頼度の高いブランドなので、迷ったらアディダスにしておけば、間違いはないでしょう。

積極的に他ブランドとコラボを行うような、攻めの姿勢を忘れないブランドでもあります。

価格帯や購入層は?

アディダスの人気は、全世代の人々の間で共通しています。

独特のクセや、妙な個性がないので、とにかく、スポーティーで爽やかという印象を持っている人が多いことでしょう。

中高生の頃から、通学や部活の際にお世話になっていた、という人も多いはず。

価格帯も、高過ぎず、安過ぎない、安心できるラインに設定されています。

お薦めのシリーズは?

アディレッタ [ADILETTE SANDAL 2.0 W]

アディレッタ [ADILETTE SANDAL 2.0 W]

常に進化を遂げているシャワーサンダルの元祖的なモデルです。アイコニックなスタイルはそのままに、新鮮なアレンジが加えられている一足。ミッドフットとヒールには、調節可能なストラップがあしらわれています。メッシュの裏地で通気性も抜群。

 

デュラモ SLD サンダル

デュラモ SLD サンダル

一体構造で足に優しくフィットしてくれる、スポーツ前後のシャワータイムに最適なモデルです。速乾性もあり、歩きやすさも抜群。アディダスのアイコニックなストライプが、当然のように施されていて、文句ナシにオシャレです。

 

4位 UGG(アグ)

UGG(アグ)

https://www.ugg.com/jp/

どんなブランド?

アグは、1978年にカリフォルニアで誕生したブランドです。

シープスキンのブーツを開発したことからその歴史は始まっていますが、現在では、サンダルやスニーカーなど、カジュアルでラフ、かつハイセンスな商品の数々が展開されています。

ブランド名が、UGGとなったのは、2016年で、つい最近のこと。日本でも、直営店がオープンされるなど、勢いのある企業です。

価格帯や購入層は?

アグは、決してそこまで高級!というわけではなく、求めやすい価格帯のアイテムばかりなのですが、なぜか上流階級に存在するファミリーに似合いそうな世界観が漂っています。

セレブだからといって、サンダルにまで何万円もかけたくない!というような、抜け感のあるオシャレを欲している人のためのブランド、というようなイメージです。

お薦めのシリーズは?

BEACH SLIDE

BEACH SLIDE

サンダルというと、耐久性の高いゴムやナイロンで仕立てられているのが一般的ですが、こちらは高級感のあるスウェード素材でデザインされています。大人のカジュアルにさりげなく取り入れやすい、ワントーンなカラーリングが魅力。

 

XAVIER

XAVIER

ピカピカのゴールドが目を惹く、遊び心の感じられる一足。アッパーのライニングはシープスキン製。軽量でしなやかな履き心地にもこだわって開発されています。コーディネートの主役になり得る商品と言えるでしょう。

 

5位 PRADA(プラダ)

PRADA(プラダ)

http://www.prada.com/ja.html?cc=JP

どんなブランド?

プラダは、世界的に有名な超人気ブランドです。女性人気の高いブランドになりますが、その影で、密かに男性にも熱く支持されているのです。

モード調のシックでエレガントな世界観が特徴的なので、メンズもファッションに取り入れやすいという魅力があるのです。

彼女と共に愛用することができたり、お気に入りの女性と、会話の糸口を見つけることができる、というメリットも得られるような、セクシー感の漂うブランドでもあります。

価格帯や購入層は?

プラダの雰囲気は、色っぽくてセレブリティな大人の男女に合うことでしょう。

価格帯はかなり高額となっていますが、サンダルだからといって、適当なもので済ませたくない!という意識の高いメンズにとって、プラダの商品は、グッとくること間違いナシです。

お薦めのシリーズは?

サンダル

サンダル

カーフスキン製のアッパーと、スタッズ付きのレザーインサートによって構成されている、高級感がハンパないサンダルです。頭のてっぺんから、つま先まで、一切の妥協を許さないという、ファッションにこだわりを持つ、大人なメンズにお薦め。

 

サンダル

サンダル

軽量なラバーソウルが、快適な履き心地を実現してくれている、カーフスキン製のエレガントなサンダルです。春夏のモード系ファッションに、こういったアイテムが1つ加わると、何ランクも上のオシャレを実現することができるでしょう。

 

6位 CROCS(クロックス)

CROCS(クロックス)

https://www.crocs.co.jp/

どんなブランド?

クロックスは、どんなデパートやショッピングモールでも、堂々と目立つ位置で展開されているようなブランドです。

全世代の人々の間で支持され、爆発的な広がりを見せていますが、意外にも歴史はそこまで古くなく、誕生したのは2002年のことです。

発祥の地はアメリカのコロラド州。ちなみに、クロックスのシューズは、クロスライトという、ゴムでもプラスチックでもない、独特の素材でできています。

匂いが気にならず、足に合わせて形状が変化するなど、特許も取得している、究極の素材なのです。

価格帯や購入層は?

クロックスは、子供からシニア層の大人まで、全ての人のニーズを満たしているブランドです。

特に、シューズの穴につけるアクセサリーは、カスタマイズが好きな日本人の感性にバッチリハマっているようです。

価格帯も手頃なので、一人で何足も所有している、なんて人も多いはず。

お薦めのシリーズは?

LiteRide™ Clog

レジャースタイルにピッタリのスポーティなモデルです。フットベッドには、新素材であるライトライドが使用されているとのこと。軽量で弾力性が高く、さらなる快適な履き心地が実現されています。

 

Bayaband Clogs

アスレチック感のある、大胆でオシャレなスタイルが魅力のモデルです。サイドにあしらわれている、クロックスのロゴも鮮やかで可愛らしく、ほどよいアクセントになっています。3,000円台という価格もありがたい商品。

 

7位 BUTTERO(ブッテロ)

BUTTERO(ブッテロ)

http://www.buttero.jp/

どんなブランド?

ブッテロは、今、日本国内において続々とショップがオープンしているなど、人気に火が着き初めている勢いのあるブランドです。

誕生国はイタリアで、現地の職人が1点1点、ハンドメイドによって温かみと高級感のあるシューズを生み出しています。

レザーの生産が盛んなトスカーナ地方に本拠地があるため、地の利が生かされているような、高品質な素材感も魅力となっています。

価格帯や購入層は?

ブッテロのシューズを愛用している人は、職人の熱や愛がこもっているような、クオリティの高い商品に対して反応する、こだわりの強い人々です。

世代的には、20代~30代のメンズと特に相性が良いイメージです。

価格帯としては、高めの部類にカテゴライズされますが、驚くほどではないので、手を伸ばしてみる価値があるでしょう。

お薦めのシリーズは?

B2631 PE-OILB

B2631 PE-OILB

ブッテロにおいて、長年、定番として愛されているモデルです。肉厚な革が魅力的で、カットワークが施されており、エレガントな編み込みが特徴となっています。2万円台という価格は、サンダルだと思うと高価かもしれませんが、オシャレにしっかりお金を掛けたい人ならその価値がわかるはず。

 

B2603 PE-TOSCH

B2603 PE-TOSCH

スポーティーなのに色気のある、重なった肉厚のオイルドレザーが魅力的なモデルです。グリップ力が高く、ソールも減りにくいので、長年愛用していくことができるでしょう。フットベッドにはクッション材も入っているので、履き心地も快適。

 

8位 New Balance(ニューバランス)

New Balance(ニューバランス)

http://shop.newbalance.jp/shop/default.aspx

どんなブランド?

ニューバランスは、アメリカで誕生しているスポーツ系のシューズブランドです。

元々は、扁平足の人に合うような靴を、医学的な見地から、矯正のために開発していたようなメーカーなので、その技術力は本物。

ニューバランスというブランド名は、履いた人に、新たなバランス感覚を味わって欲しいという思いから付けられている、とのこと。

価格帯や購入層は?

ニューバランスの商品は、世代を問わず、多くの男女から愛されています。

本格的なスポーツのシーンにおいても採用されているのみならず、カジュアルなタウンユースとしても重宝されているのです。

価格帯は、いたって標準的で健全です。サンダルなら、予算が1万円もあれば充分でしょう。

お薦めのシリーズは?

SD750 NP

SD750 NP

爪先、甲部、踵部、の3箇所でフィット感の調整が可能となっている、優れものなサンダルです。ユニセックスサイズで、ブラック、ホワイト、ネイビー、という3パターンのカラーが展開されています。

 

SDL330 BC

SDL330 BC

自然な屈曲性が魅力的で、どんな人の足にも違和感なくフィットする快適なサンダルです。アウトドアからデイリーまで幅広いシーンに対応してくれることでしょう。バリエーションは、迷彩柄の色違いが2タイプ存在しています。

 

9位 DIESEL(ディーゼル)

DIESEL(ディーゼル)

https://www.diesel.co.jp/

どんなブランド?

ディーゼルは、イタリアで誕生したファッションブランドです。

しっかりと高級感があるのに、入門しやすい親しみやすさもあるので、ファッションに目覚めたばかりの初心者にもお薦めできる存在。

デニム素材を、巧みにアイテムに取り入れる能力に長けているブランドでもあります。セレブが休日に抜け感のあるオシャレを楽しみたい、というようなシチュエーションを連想させてくれます。

価格帯や購入層は?

ディーゼルの世界観は、セレブチックなのに、価格帯は絶妙に購買欲を煽ってくる、抑え目なラインに設定されています。

学生でも、ちょっと頑張れば手が届くような値段なので、若い層のメンズ、レディースから、非常に高い支持を得ています。

予算はサンダルなら、1万円もあれば充分でしょう。

お薦めのシリーズは?

SA-MARAL

SA-MARAL

コントラストの控え目な2トーンのデザインが、ワンランク上のオシャレをアシストしてくれるであろう、ディーゼルらしい雰囲気のサンダルです。カラーは、ブラックとブルーの2色展開となっています。

 

WASH

WASH

ソールがオールラバーで構成されている、水陸両用なユースフル系サンダルです。ダークブルーとブラックのバリエーションも存在しますが、鮮やかなホワイトがインパクトに満ちているのでお薦め。

 

10位 GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)

https://www.gucci.com/jp/

どんなブランド?

グッチは、イタリアの調高級ブランドです。

日本では、ヴィトンやエルメスと並び、圧倒的な知名度を誇るブランド界の王様として知られています。

ファッション性も高く、オシャレなセレブは皆、グッチのシューズやバッグをこぞって愛用したがります。

緑と赤のラインが象徴的なので、グッチらしさをアピールしたいなら、それ相応の商品を選んでいきましょう。

価格帯や購入層は?

グッチは、経済的に余裕のあるセレブや、オシャレには出費を惜しみたくないという、確固たる信念を持つ人に愛されています。

価格帯は超高額が基本なので、サンダルと言えど、予算は10万円を見積もっておいてください。

お薦めのシリーズは?

GUCCI ストライプ ストラップ サンダル

GUCCI ストライプ ストラップ サンダル

まるで模様のように、直線的なグッチのロゴがデザインされている、ハイセンスなサンダルです。春夏のオシャレを足元で満喫したいなら、こういった商品を是非、手に入れてみてください。価格は、およそ10万円ほどです。

 

ウェブ&レザー トング サンダル

ウェブ&レザー トング サンダル

シンプルな中に、グッチらしい要素が全て盛り込まれている、まさにセレブのためのさりげなく高級感があるサンダルです。ラバーのソールには立体感もあるので、ラグジュアリーな履き心地が実現されています。

 

まとめ

こちらの記事では、春夏に活躍させたい、オシャレなサンダルと、人気ブランドの情報をお伝えさせてもらいました。価格は数千円のものから、十万円くらいのものまで、ピンキリ。自身のオシャレに対するポリシーについて、改めて見直した上で、ショッピングに臨んでください。

 

-靴(シューズ)
-, ,

Copyright© メンズファッションブランド7 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.