靴(シューズ)

エンジニアブーツ(メンズ)の人気ブランドランキング

投稿日:

 

こちらでは、作業員のための靴として開発された、エンジニアブーツの人気ブランドランキングをご紹介していきます。

機能的かつ耐久性も高いのに、それでいて、さりげなくファッショナブルというところが、エンジニアブーツの魅力と言えるでしょう。

超高級ブランドから、お得なブランドまで、幅広いラインナップとなっているので、お見逃しなく!

 

1位 RED WING(レッドウイング)

RED WING(レッドウイング)

http://www.redwingshoe.co.jp/

どんなブランド?

レッドウイングは、1905年に、アメリカのミネソタ州で誕生しているシューズブランドです。

ブランドを象徴するモチーフは「赤い羽根」で、ハンティング向けのスポーツ系ブーツが、代表的なモデルとして、高い人気を誇っています。

徹底してアメリカ内の国産であることにこだわっており、創業100周年を越えるブランドだけあって、世界的に高い知名度と人気、そして信頼度の高い実績があります。

価格帯や購入層は?

レッドウイングは、カジュアルな雰囲気を好む男性から人気があります。

ビジネス向けの商品も展開されているのですが、やはりレッドウイングと言えば、スポーティーでカジュアルかつ、ファッショナブルなラインに強いいう印象を持っている人が多いでしょう。

純度の高いアメリカ製ブランドでありながら、価格帯は良心的。そこが人気の秘密にもなっています。

お薦めのシリーズは?

11" ENGINEER (STEEL-TOE)

11" ENGINEER (STEEL-TOE)

1961年の発売以降、幾度かのマイナーチェンジを繰り返しながら、少しずつ進化を遂げて今に至る、エンジニアブーツの代表格です。味わいのあるレザーの質感、バックルのボリューム感、ソールのデザイン性など、どれをとっても100点です。

 

11" ENGINEER (NON-STEEL TOE) “STOVEPIPE"

11" ENGINEER (NON-STEEL TOE) “STOVEPIPE"

蒸気機関車やトラックの運転手などが履いていたという、いわゆるエンジニアブーツの原点となっているモデルです。マットな光沢感が魅力で、ソールのデザインもクールかつ都会的です。

 

2位 Dedes(デデス)

Dedes(デデス)

http://zozo.jp/brand/dedes/

どんなブランド?

デデスは、日本国内のブランドです。浅草にある靴問屋の「メンズサンエー」が展開しており、スタンダードなデザインに定評のあるデデスケンの、セカンドラインに位置するブランドとなっています。

ベーシックでかつキレイ目という、上品なカジュアルスタイルが楽しめるシューズが、リーズナブルな価格帯で展開されています。

セレクトショップ系のテイストが生かされており、気軽に履けるところが魅力です。

価格帯や購入層は?

デデスの価格帯は、かなりお安めです。ほとんどの商品が1万円未満で入手可能となっているので、ちょっとご近所までいく時などに、気楽に履いていけるような靴も揃います。

中高生でも安心して手を伸ばせるブランドですが、雰囲気自体は、子供っぽいということも、安っぽいということもないので、大人でも日常的なファッションアイテムとして取り入れることが可能です。

お薦めのシリーズは?

ドレープショートブーツ

ドレープショートブーツ

クシュッとした質感が大人っぽく、シルエットがキレイなドレープショートブーツです。このテイストで3,000円台を実現しているというのは驚きといって良いでしょう。カラーもブラック、ブラウン、キャメル、ベージュ、ネイビー、ワインなど、多数揃っているので、複数買いもアリです。

 

サイドジップベルトショートブーツ

サイドジップベルトショートブーツ

味わいのある深い色ムラが美しい、ショートブーツです。キレイ目なスタイルにも、ちょっとヤンチャなデニムスタイルにも、絶妙にマッチすることでしょう。価格も、5,000円台と文句ナシの安さです。

 

3位 WESCO(ウエスコ)

WESCO(ウエスコ)

http://shop.wescojapan.com

どんなブランド?

ウエスコは、1918年にアメリカのオレゴン州で誕生した、ワークブーツの老舗ブランドです。

丈夫で高品質な仕上がりに定評があり、世界でもトップレベルのブーツメーカーとして、多くのファンを獲得しています。

危険な場所で作業を行う人々の足元から、命を守ってきたという信頼度のあるブランドでありながら、ファッション性も高い、というところがウエスコの美味しいところ、と言えるでしょう。

価格帯や購入層は?

ウエスコはカジュアルなファッションを愛好する大人が、最後に辿り着くようなブランドとして、君臨しています。

いつかはウエスコのブーツを…と憧れられるような存在でもあります。それだけあって、価格帯は、かなりお高め。

10万円以上する商品が普通に展開されているので、経済的に余裕がないと、なかなか足を踏み入れることはできないでしょう。

お薦めのシリーズは?

BOSS British Tan Domane

BOSS British Tan Domane

ウエスコの中でも、無骨で堅牢な造りを誇るこちらのモデルは、BOSSという名称で、世界中のバイカー達から愛されています。キングオブブーツの名に相応しい逸品で、存在感も抜群。フロントにはウエスコのロゴも輝いています。

 

BOSS RW Rough&Grain

BOSS RW Rough&Grain

毛羽立っているレザーの質感が特徴的で、裏表が逆になっているかのような、独特の感覚を喚起させる、デザイン性の高いブーツです。バックルの質感とのコントラストも魅力。

 

4位 WHITE’S BOOTS(ホワイツブーツ)

WHITE’S BOOTS(ホワイツブーツ)

https://www.stumptownjapan.com/onlinestore/

どんなブランド?

ホワイツブーツの歴史は、アメリカの南北戦争以前にまで遡ります。

ヴァージニア州にて、オットーホワイトの父と祖父が事業を始めたのですが、その後、正式にオットーホワイトがワークブーツとしてのブランドを立ち上げた、とのことです。

ホワイツブーツは、ブーツ業界では王様と称されることもあり、アメリカを代表するようなブランドとして成長しています。

ハンドメイドで高品質なブーツは、一生モノのとして多くの人々に愛されているのです。

価格帯や購入層は?

ホワイツブーツは、シューズ業界でキングと呼ばれているだけあり、価格帯もキングレベルとなっています。

10万円を越えるモデルが当たり前に揃っているので、予算は多目に、20万円くらいを見積もっておくと良いでしょう。

大人の男が目指す、本物のカジュアルが、ここにあります。

お薦めのシリーズは?

12’SQUARE TOE NOMAD

12’SQUARE TOE NOMAD

雑誌「SENSE」とのコラボレーションによって生まれたモデルです。3方向からのベルトが、1つのリングにつながっている、というデザインが象徴的。オールブラックで仕上げられているので、足元がクールにキマります。

 

12’ NOMAD BROWN

12’ NOMAD BROWN

ハイクオリティな、ハンドソーン製法によるエンジニアブーツが欲しい!というファンからの長年の要望に応えるべく誕生したという、とっておきのモデルです。堅牢かつ存在感もあり、世界中のバイカー達に愛されている商品となっています。

 

5位 CHIPPEWA(チペワ)

CHIPPEWA(チペワ)

http://www.chippewaboots.jp

どんなブランド?

チペワは、1901年に、ウィスコンシン州のチペワフォールズにて誕生したブランドです。

そこで働くランバーマンの足を守るべく、チペワのワークブーツは産み出されました。

どんな過酷な環境でも耐え得る、高品質なチペワのブーツは、瞬くまに米国全土へと広まっていったのでした。

価格帯や購入層は?

チペワのブーツは、耐久性が非常に高く、またデザイン的にも優れており、本物を見抜く目を持った大人の男性から、需要が高くなっています。

インディアンがモチーフとなっているので、ネイティブ・アメリカン的なファッションを求める人からも人気があります。

価格帯は、5万円前後くらいで、安心して購入できるラインと言えるでしょう。

お薦めのシリーズは?

11-inch “Original” Steel Toe Engineer

11-inch “Original” Steel Toe Engineer

セーフティーブーツでありながら、履き心地に長け、都会的なデザインセンスも感じられるという、全方向に隙のないエンジニアブーツです。バックルのエンドや、三角のステッチなど、ところどころに尖ったエッセンスが感じられます。

 

7-inch “Original” Engineer

7-inch “Original” Engineer

着脱が容易という点も魅力的なショートブーツです。もちろん、耐久性が高いことは言うまでもありませんが、深くて奥行きのあるレザーの味わいは、純粋に美しいブーツという評価を与えられるに相応しいでしょう。

 

6位 George Cox(ジョージ・コックス)

George Cox(ジョージ・コックス)

http://www.georgecox-shop.jp

どんなブランド?

ジョージ・コックスは、1906年に、イギリスのノーザンプトンにて誕生したブランドです。

トレンドを取り入れる能力に長けており、時代を代表するデザイナーやショップの靴を作ることにより、ここまで徐々にその名声を高めてきました。

特に、1949年に発売したブローゼルクリーパーズと呼ばれる厚底の靴は、世界で初めてラバーソールを採用した靴として、ジョージコックスの名を決定的なものにしました。

価格帯や購入層は?

ジョージ・コックスは、キレイ目な格好を好む紳士的なメンズからも、カジュアルなファッションを愛好する大人達からも、総じて需要の高いブランドです。

英国を代表するような、老舗のシューズブランドですが、価格帯が比較的抑え目で、10万円以内の予算で収まるというところも魅力と言えるでしょう。

お薦めのシリーズは?

ブラックワキシー・ゴールドバックル・リップルソール

ブラックワキシー・ゴールドバックル・リップルソール

ジョージ・コックスの渾身作とも言える、分厚いリップルソールによって仕立てられているファッショナブルなエンジニアブーツです。鮫のヒレのような波が特徴のこのソールは、別名、シャークソールとも呼ばれています。ここまでソールがしっかりしていれば、普段、長距離を歩くという人でも安心して履くことができるでしょう。足首のあたりがクシュッとなる絶妙のシルエットも美しいです。

 

7位 AVIREX(アヴィレックス)

AVIREX(アヴィレックス)

http://www.avirex-usa.com

どんなブランド?

アヴィレックス社は、1975年にアメリカ空軍のコントラクターとして誕生しました。

パイロットが身につけるフライトジャケットやシューズには、詳細な規定が設けられており、特に戦闘機には予圧装置やヒーターなどもなかったため、防寒性や機能性には、厳しい条件が課せられていました。

そんな中で、軍人の命を守るためのウエアやブーツなどを開発し続けてきたアヴィレックスには、世界的に信頼が寄せられている、というわけです。

価格帯や購入層は?

アヴィレックスの商品は、カジュアルなファッションを好むメンズの中でも、特にミリタリーテイストのラインに興味を示す層から、熱い支持を得ています。

価格帯については、品質がしっかりしている割にはかなりリーズナブルとなっているため、学生やフレッシュな社会人であっても、安心して手を伸ばすことができるでしょう。

お薦めのシリーズは?

ホーネット

グッドイヤー製法によって製造されている堅牢なブーツで、耐久性に優れており、履き心地も抜群!という商品です。無駄のないデザインと、ノスタルジックな味わいが人気となっているのですが、このクオリティで1万円台というのは、驚きです。カラーはブラックとブラウンの2種類で、どんなスタイルにもバッチリハマることでしょう。

 

8位 LONE WOLF(ロンウルフ)

LONE WOLF(ロンウルフ)

https://www.lonewolfboots-store.jp

どんなブランド?

ロンウルフは、アメカジメーカーのトップ企業と称されている、東洋エンターテイメントが擁するブーツブランドです。

正式には、シュガーケーンというブランド内に存在する、ブーツラインという位置づけで展開されています。

国内生産によって、真面目かつ丁寧に産み出される商品の品質や、極厚の革で造られる堅牢な質感などなど、本場アメリカ製のブーツと比較しても、全く引けを取らないと、ファンから高い評価を得ています。

価格帯や購入層は?

ロンウルフは、ファッションに関する情報に敏感で、ちょっとツウな人が好むようなブランドに目のない、こだわりが強いメンズから高い評価を得ています。

価格帯は、やや高めとなっていますが、10万円を越えるほど高価というわけではなく、およそ5~8万円程度で入手可能となっています。

お薦めのシリーズは?

ENGINEER

ENGINEER

エンジニアや、ミュージシャン、バイカー達から人気となっている、ファッション性の高いヴィンテージチックなテイストの漂う、エンジニアブーツです。定番中の定番ですが、存在感とオーラが抜群で、誰もが一度は履いてみたいと思うような空気感を持っています。

 

ENGINEER

ENGINEER

ベージュのスウェードで仕立てられている、オシャレなエンジニアブーツです。シンプルですが、1つ1つのディテールがしっかりしているので、全体としての見栄えが非常に美しく、高級品であるということが伝わってきます。

 

9位 ALPHA INDUSTRIES (アルファインダストリーズ)

ALPHA INDUSTRIES (アルファインダストリーズ)

https://alpha-usa.jp/shop/default.aspx

どんなブランド?

アルファインダストリーズは、1954年にアメリカで誕生した、ミリタリー系のファッションブランドです。

元々は、アメリカ軍に納入するフライトジャケットの製造から、そのビジネスがスタートしたメーカーになります。

日本では、1986年に、映画『トップガン』が大流行したことにより、MA-1という規格のジャケットが大流行しました。

価格帯や購入層は?

アルファインダストリーズの商品は、ミリタリーテイストを愛好する、アメカジ系ファッションに身を包む男性から、熱い支持を得ています。

軍に納入していたような、本格的なブランドだけあって、機能性、耐久性、ともに優れているわけですが、価格帯はかなりリーズナブル。エンジニアブーツであれば、1万円台でも入手可能です。

お薦めのシリーズは?

エンジニアブーツ

エンジニアブーツ

グッドイヤー製法で仕立てられている上質なレザーによるエンジニアブーツです。堅牢な造りですが、適度にクシュッとしていて、美しいシルエットが魅力です。

 

ショートエンジニアブーツ

ショートエンジニアブーツ

ブラックと、明るいブラウンの2色で展開されている、ショートエンジニアブーツです。どんなファッションにも合わせやすい雰囲気で、着脱のしやすさも抜群です。特にベージュに近い明るいブラウンは、経年変化に期待が持てます。

 

10位 YOSUKE(ヨースケ)

YOSUKE(ヨースケ)

https://yosuke-idocorp.com/

どんなブランド?

YOSUKEは、人と同じじゃつまらない!という、キャッチコピーをコンセプトに掲げ、大胆で奇抜なシューズを展開しているブランドです。

他では絶対に見つからないような、斬新なデザインのシューズが数多く揃っているので、好きな人にとっては、たまらないブランドで、虜になってしまう人も多いことでしょう。

ただ、シンプルなドレスラインなども展開されているので、幅広いシーンで活躍させることが可能です。

価格帯や購入層は?

YOSUKEの世界観は、まだまだヤンチャなファッションを楽しんでいたい大学生や、芸術系の仕事をしている人やクリエイティブなアーティスト、歳を取っても、絶対に自分を曲げたくない!と考えるような人々とマッチします。

個性的で、手間の掛かるデザインのものが展開されている割に、価格帯は、かなり抑え目となっているので、若い世代にお薦めできるブランドです。

お薦めのシリーズは?

スタッズエンジニアブーツ

スタッズエンジニアブーツ

スクエアのスタッズがグルグルに巻かれている、攻撃的な雰囲気のエンジニアブーツです。ミュージシャンや、ストリート系の中でもブラックっぽいファッションを好む人にお薦めできるデザインとなっています。

 

本革エンジニアブーツ

本革エンジニアブーツ

くしゅっとした柔らかい本革の質感が、こなれた感を演出してくれる、シルエットの美しいブーツです。履きこなすほどに、自分の足に馴染んでいってくれる感覚を味わうことができるでしょう。ブーツインスタイルも楽しみやすい商品です。

 

まとめ

以上、こちらの記事では、エンジニアブーツで人気となっているブランドをご紹介してきました。

どんなファッションにも合わせやすい雰囲気のエンジニアブーツ。是非、お気に入りの一足に出会ってください。

 

-靴(シューズ)
-, ,

Copyright© メンズファッションブランド7 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.