鞄(バッグ)

人気のボストンバッグ(メンズ)ブランドランキング

投稿日:

 

こちらでは、旅行や出張時に大活躍してくれる、大容量のボストンバッグや、コンパクトサイズのスタイリッシュなボストンなどを、幅広くご紹介していきます。

日本のブランド、海外のブランド、高級ブランド、お手頃ブランド、などなど、幅広く登場しますので、最後までお見逃しなく!

 

1位 COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)

http://cocomeister.jp/

どんなブランド?

ココマイスターと言えば、近年、急成長を遂げている、日本の大人気ブランドです。

世界観はヨーロッパテイストで、公式サイトに登場するモデルも英国紳士風の男性ばかりなのですが、実は日本の職人が丁寧に縫製を行っている、ということで、高品質なわりにコスパが良いと評判になっているのです。

マットーネ、マルティーニ、ブライドル、コードバン、などなど、使われているレザーの種類も豊富で、見ていて飽きの来ないブランドです。

価格帯や購入層は?

ココマイスターの商品は、40代以降の男性と相性が良いでしょう。

もちろん、商品自体の雰囲気はオーソドックスなので、どんな年齢の人にもマッチするのですが、どちらかというと、大人びていて、落ち着いている印象なので、派手さや個性を求める若い世代の人からすると、少し物足りなく感じてしまう部分もあるかもしれない、というわけです。

価格帯は、バッグなら5~8万円くらいのゾーンが中心といったところで、大きめのものになると10万円を越えてきます。

お薦めのシリーズは?

マルティーニトランジット

マルティーニトランジット

長方形の底面に、膨らみを帯びた側面、というボストンバッグらしい王道のスタイルが表現されている、スタンダードなモデルです。イタリアで伝統的に生産されている、マルティーニの芳醇な質感を楽しんでみてください。

 

マットーネトラウトマンスドロフ

マットーネトラウトマンスドロフ

ボストンバッグと言えば大容量!というイメージですが、こちらは、ボストンの中ではコンパクトなサイズ感が魅力で、ちょっとした出張や1泊旅行の際に重宝しそうなスタイル。2トーンのボディもキュートです。

 

2位 COACH(コーチ)

COACH(コーチ)

http://japan.coach.com/

どんなブランド?

コーチはニューヨークで誕生した、高級ファッションブランドです。

日本人との親和性がバツグンで、特にミドル層からの支持が厚く、一見、ブランドものには興味がなさそうに思える人であっても、さりげなくバッグからコーチの財布を取り出したり、背中にコーチのリュックサックを背負っていたりと、とにかく世間への浸透度が高いブランドとして評価ができます。

それだけ、信頼性もあるので、迷ったらコーチ、というのは間違いのない選択であると言えます。

価格帯や購入層は?

コーチは、30代、40代、50代くらいの、落ち着きある「きちんとした」大人に人気があります。

象徴的モチーフである「C」のマークが施されているモノグラムタイプの商品は、特に人気が高いのですが、実際のところ、コーチは品数もバリエーションも豊富で、若者に向けたような尖った雰囲気のアイテムも次々に開発していたりします。

お薦めのシリーズは?

エクスプローラー バッグ 52 スポーツ カーフ レザー

エクスプローラー バッグ 52 スポーツ カーフ レザー

コーチが得意としている、タフな雰囲気のあるスポーツカーフレザーによって仕立てられているボリューム感たっぷりのボストンバッグです。ロゴ入りのタグも付いているので、説得力もバツグン。機内にも手荷物として持ち込めます。

 

エクスプローラー バッグ ペブル レザー

エクスプローラー バッグ ペブル レザー

上品なペブルレザーで構成されている、王道なフォルムのボストンバッグです。ラゲージタグと、取り外し可能なストラップなどが付属しており、持ち運びのしやすさがとにかく快適。グレーに近いブラックが貴重です。

 

3位 YUHAKU(ユハク)

YUHAKU(ユハク)

https://www.yuhaku.co.jp

どんなブランド?

YUHAKUは、日本のデザイナー兼職人が立ち上げた、芸術性の高いブランドです。

特筆すべきはその染色技術で、YUHAKUの商品には、ハッと息を飲むほどの美しいグラデーションや、春の空のような色ムラなどが施されていたりします。

色を重ねても、一般的なレザーのように黒ずんだりすることがなく、どこまでも透明感があるので、YUHAKUのレザー商品には、日本国内からのみならず、世界からも注目が集まっています。

価格帯や購入層は?

YUHAKUの商品は、アーティスティックな感性があり、自分の選ぶものに強いこだわりを持つ、比較的若い世代の男性から人気があります。

といっても、商品自体は、別に雄々しいわけではないため、女性であっても、ユニセックスに愛用していくことができるでしょう。

価格帯は、ものによってはかなり高価ですが、一目惚れをして、購入していく人も多いです。

お薦めのシリーズは?

Travel VOLANDO

Travel VOLANDO

森林が描かれている絵画のような、独特の色彩が施されている、アーティスティックなボストンバッグです。バッグ=物を持ち運ぶためのもの、という概念を超越し、いかに絵になるか、ということが考えられているような、そんな逸品です。

 

フラップボストン

フラップボストン

YUHAKUらしい染色技術のみならず、デザインとしての構成力の高さもうかがえる、非常に贅沢なボストンバッグです。田舎の無人駅にて、こんなバッグを持って佇んでいたら、まるで映画のワンシーンのよう…といった感じの、趣ある商品です。

 

4位 Orobianco(オロビアンコ)

Orobianco(オロビアンコ)

http://orobianco-jp.com

どんなブランド?

オロビアンコは、イタリアで誕生したブランドです。

イタリアのブランドというと、高くてとっつきづらい…という印象を持っている人も多いかもしれませんが、オロビアンコは、多くのビジネスマンにとって、身近で心強い存在と言えるでしょう。

華やかなのに、ビジネスにも向いていて、品があって、でも個性もあるという、男性がファッションに求めがちな全てが詰まっているといっても過言ではありません。

価格帯や購入層は?

オロビアンコの世界観は、若い世代のビジネスマンとマッチしています。

価格帯が意外なほどに低めなので、デビュー仕立てのフレッシュな社会人や、就職活動中の大学生でも、安心して購入することができるブランドなのです。

品数もとても豊富なので、自分の感性にちょうどしっくりくる1点を見つけやすい、という利点もあります。

お薦めのシリーズは?

KOMPLIMENTI-G

KOMPLIMENTI-G

1室の広いコンパートメントが生かされており、ショルダーと手持ちの2WAYで使用できる商品です。スポーティーな印象もあるので、出張時のみならず、ジムへ通う際などにも積極的に活躍させることができそうです。

 

PANTERA-B

PANTERA-B

オロビアンコの中では珍しく、女性も愛用できる商品として開発されているボストンバッグです。装飾がエレガントで、セレブチックな空気感に溢れています。色は、ネイビー☓グリーンか、ホワイト☓ブラックとなっています。

 

5位 dan genten(ダンゲンテン)

dan genten(ダンゲンテン)

https://genten-onlineshop.jp/pc/item/index.cgi?itemBrcd=12

どんなブランド?

ダンゲンテンは、日本で誕生した、本格的な革製品のブランドです。

ゴートヌメなど、特殊な革素材を多用してくることが特徴的で、革本来の表情を主役に据えたような、マニアに受けるタイプの商品を多く開発しています。

男らしいワイルドな渋さに溢れるレザーグッズが多いので、ファッション上級者として、お目の高い女性からモテたいと考えているなら、是非、狙うべきブランドです。

価格帯や購入層は?

ダンゲンテンの商品は、30代後半くらいのオシャレな男性と相性が良いでしょう。

いよいよ、上質なものを身に着けないとカッコつかない…と思い始める、大人の中の大人世代に受けるブランドであると言えます。

価格帯は、安いわけではありませんが、高品質なわりには控え目に設定されている部類です。

お薦めのシリーズは?

サドルベルトボストンバッグ

サドルベルトボストンバッグ

ハンドル部分のベルト風デザインが、圧倒的な存在感を醸し出している、ボリューム感のある、無骨でワイルドな表情のボストンバッグです。革マニアにとってはたまらない、贅沢な雰囲気に溢れています。

 

アビラII ボストン型ミニ2WAYショルダー

アビラII ボストン型ミニ2WAYショルダー

クラシカルな佇まいで、ジャケットやスーツなどにスッと馴染んでくれそうな、上品系コンパクトボストンです。ファッショナブルなだけでなく、防犯性も兼ね備えられているという、様々な魅力の詰まった商品です。

 

6位 万双(マンソウ)

万双(マンソウ)

https://www.mansaw.net

どんなブランド?

万双は、東京に拠点を構える、知る人ぞ知るツウなブランドです。本格的な革素材を、熟練された職人達が手作業によって縫製しています。

人間工学に基づいたような、ハイレベルな構造もまた魅力。基本的には、シンプルで使いやすいフォルムをしているのですが、一目見ただけで、手の込んだ商品であるということは、確実に伝わってきます。

価格帯や購入層は?

万双の商品は、ミドルからシニア層の、本物を求める渋い大人の男性から高い支持を集めています。

実店舗は少なく、東京にしか存在しないものの、その知名度は、ネットを中心にジワジワ高まっており、遠方からの注文も多いようです。

価格帯は、品質にしっかり見合っているといった感じで、不必要に高いということはありません。

お薦めのシリーズは?

双鞣和地 ボストンバッグ

双鞣和地 ボストンバッグ

万双が、長年の月日を掛けて開発したという、オリジナル皮革によって仕立てられている、レザーのボストンバッグです。ほどよい色ムラが魅力的で、表情豊かな経年変化を期待することができるでしょう。

 

双鞣和地 オーバーナイトバッグ

双鞣和地 オーバーナイトバッグ

ブリーフケースのような印象ですが、たっぷりの収容力を誇るオーバーナイトバッグです。メインのコンパートメントが分かれているので、PCやタブレットなどの精密機器と、衣類他のアイテムを別で管理したいという人にお薦め。

 

7位 PELLE MORBIDA(ペッレモルビダ)

http://www.pellemorbida.com

どんなブランド?

一緒に豪華客船の旅に出掛けたくなるような、セレブチックな世界観の大人ブランド、ペッレモルビダは、日本で誕生したブランドです。

商品の雰囲気は、とにかく洗練されていて、上品。キレイ目で繊細なファッションを好む男女にバチッとハマることでしょう。

船や波などがモチーフになっているので、海沿いに住んでいるなど、「海洋系」に思い入れのある人にもお薦めできます。

価格帯や購入層は?

ペッレモルビダの世界観は、30代後半くらいの男女とベストマッチすることでしょう。

あるいは、ちょっと背伸びしたい若い世代の人が持つのにも向いていますし、商品によっては、40代、50代の人にも、バッチリハマります。

価格帯は、日本のブランドである割には、控え目に設定されていると言えるでしょう。品質相応の、良心的なゾーンです。

お薦めのシリーズは?

MB025 被せ付きボストンバッグ

MB025 被せ付きボストンバッグ

シンプルに1色で構成されているのですが、装飾やディテールなどが洗練されているので、全体として見た時に、ほどよいボリュームと存在感のあるボストンバッグです。ペッレモルビダのアイコンであるホイッスルも付属しています。

 

MR010-ボストンバッグ

MR010-ボストンバッグ

ペッレモルビダらしいセンスの詰まった、シンプルなのに「ありそうでない」雰囲気のボストンバッグです。海面のようにキラキラとしたテクスチャーや、船のように浮いて見えるハンドルがポイント。

 

8位 GANZO(ガンゾ)

GANZO(ガンゾ)

http://www.ganzo.ne.jp

どんなブランド?

ガンゾは、一般的な知名度こそあまり高くありませんが、革製品マニアであれば、確実にその名を知っているという、超実力派ブランドです。

ブライドルや、コードバンなど、紳士人気の高い、基本の革素材を押さえているだけでなく、リザードや、クロコダイルなども、幅広く取り扱っているところが特徴です。

商品の雰囲気は、基本的にオーソドックスで使いやすい定番のものが中心です。

価格帯や購入層は?

ガンゾの商品は、シンプルで品が良いため、世代を選びません。

ベストマッチと言えるのは、30代~40代くらい、といったところでしょう。

そろそろ、本格的な革製品を持っていないとナメられる、とか、安易に海外ブランドに走りたくない、と考える意識の高い男性にウケる傾向があります。

お薦めのシリーズは?

7QS-H (ナナキューエス-エイチ)ボストンバッグ

7QS-H (ナナキューエス-エイチ)ボストンバッグ

贅沢にレザーが全面に施されているガンゾ自慢のボストンバッグです。しっかりとしたジップの存在感も男らしく、ボクシーなフォルムとともに、購買欲をそそってくることでしょう。ガンゾのロゴもさりげなく施されています。

 

7QS-H (ナナキューエス-エイチ)スクエアボストン

7QS-H (ナナキューエス-エイチ)スクエアボストン

荷物が多い人にとっては、嬉しいマチ幅の、スクエア系大容量ボストンです。持ち手の長さは調整できるようになっているので、タイトに持つことも可能。ビジネスにも、カジュアルにも、どちらにもハマる、汎用性の高さが魅力です。

 

9位 BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

https://www.bottegaveneta.com/jp

どんなブランド?

ボッテガヴェネタは、イタリアで誕生した、超高級ブランドです。数ある海外ハイブランドの中でも、かなり高いランクに位置しているブランドで、庶民はそう簡単に手が出せません。

デザインに関しては、特別「奇抜」というわけではないのですが、必ずどこかにレザーの編み込み=イントレチャートの要素が施されている、という特徴があります。

価格帯や購入層は?

ボッテガの商品を愛用しているのは、30代以降の本物のセレブです。

グッチやヴィトンと比べると、そこまで主張が強くないので、本物の良さを見抜く目を持っていないと、なかなかボッテガを購入しよう!という気にはならないはず。

それだけに、ボッテガを使っていると「おっ!大人だな…」と思ってもらえることは間違いありません。

お薦めのシリーズは?

ダークカモミール ラテ ネロ ダブルスエード ダッフルバッグ

ダークカモミール ラテ ネロ ダブルスエード ダッフルバッグ

コーヒーが飲みたくなるような、美味しい色合いで構成されている、斬新なシリーズ。ボッテガの中では、あまり見掛けないようなフレッシュな空気感が魅力です。ハンドルにイントレチャートのエッセンスが詰まっているので、お見逃しなく。

 

トルマリン イントレチャート ナッパ クロコダイル ダッフルバッグ

トルマリン イントレチャート ナッパ クロコダイル ダッフルバッグ

ソフトなクロコダイルレザーとスムースレザーの編み込みが美しい、芸術品のようなボストンバッグです。1色のみで構成されていますが、それでも、やはりボッテガならではの高級感たっぷりなオーラに溢れています。

 

10位 SOMES SADDLE(ソメスサドル)

SOMES SADDLE(ソメスサドル)

http://www.somes.co.jp

どんなブランド?

ソメスサドルは、北海道に拠点を置く、一風変わったブランドです。何しろ、バッグや財布の開発だけでなく、馬具の開発をも行っているという、本格的な技術力を誇るブランドなのです。

もちろん、取り扱っているレザーの質感も、超一級品ばかり。違いを見抜く目を持つ大人は、ソメスサドルに目を付けています。

価格帯や購入層は?

ソメスサドルは、男性人気、女性人気、共に高いブランドです。

自身の持つアイテムに関して「上質」であることにこだわりたい、という、洗練された価値観を持つ大人から高い評価を得ています。

価格帯は、ほどよく高めで、驚くほど…というようなことはないので、購買欲をちょうど良い具合に刺激してくれることでしょう。

お薦めのシリーズは?

ソメスサドル×エイチティーレーベル 2018SS「BOSTON L」

ソメスサドル×エイチティーレーベル 2018SS「BOSTON L」

シューズデザイナーである、坪内浩氏とのコラボレーションによって誕生したというバッグです。傷が付きやすいコーナーには、絞り技法で形づくられたレザーが採用されているなど、細かい配慮が行き届いています。

 

ソメスサドル×エイチティーレーベル BOSTON(M)

ソメスサドル×エイチティーレーベル BOSTON(M)

ほどよいサイズ感が魅力のこちらは、外装と内装に色味のコントラストが付けられているなど、デザイン性も高い逸品となっています。旅の良きパートナーになってくれること、間違いナシでしょう。

ほどよいサイズ感が魅力のこちらは、外装と内装に色味のコントラストが付けられているなど、デザイン性も高い逸品となっています。旅の良きパートナーになってくれること、間違いナシでしょう。

 

まとめ

以上、こちらの記事では、ボストンバッグで人気のブランドをランキング形式でご紹介させてもらいました。

お気に入りのバッグでテンションを上げつつ、良い旅を楽しんでください!

 

-鞄(バッグ)
-, ,

Copyright© メンズファッションブランド7 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.