鞄(バッグ)

革製ビジネスバッグ(メンズ)のブランドランキング

投稿日:

 

そろそろ、いい歳になってきたことだし、本格的なビジネスバッグを使わないと、取引先や、後輩達にナメられてしまうかも…?なんて考えている人も。就職活動中で、面接官に好印象を与えたい!と考えている人も。こちらの記事で、理想的な革製ビジネスバッグに出会っていってください!

 

1位 BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

https://www.bottegaveneta.com/jp/

どんなブランド?

ボッテガ・ヴェネタは、海外ハイブランドの中でも、トップクラスの高級感を誇る、イタリアのブランドです。

選び抜かれた職人達が生み出す、美しいレザーの編み込み、イントレチャートは、ボッテガの何よりの象徴です。

ボッテガのビジネスバッグを愛用できるというのは、成功者としての気高い証、と言えるでしょう。

価格帯や購入層は?

ボッテガの商品を愛用しているのは、40代〜50代くらいの、経済的に余裕あるセレブ層の人々が中心です。

よほど、成功しているか、ビジネスバッグには、特別な投資をしよう、という確固たる考えを持っている人でないと、そう簡単に、ボッテガのビジネスバッグを購入することはできないでしょう。

お薦めのシリーズは?

ネロ テラコッタ イントレチャート ナッパ クラブ デュオ ブリーフケース

ネロ テラコッタ イントレチャート ナッパ クラブ デュオ ブリーフケース

ブラックにレッドもしくはブルーの鮮やかなラインが入っている、ハイセンスなブリーフケースです。イントレチャートというテクスチャーの違いに、カラーのコントラストが絶妙にミックスされていて、心地良く鑑賞することができます。

 

スティールニュー ネロ フレンチカーフ ブリーフケース

スティールニュー ネロ フレンチカーフ ブリーフケース

コの字にクッキリと描かれている、ハンドルの根管部分に特徴のある、デザイン性の高い商品です。ボッテガらしい、イントレチャートの要素は、ボトムとハンドルの部分に。実用性の高いショルダーストラップも付属しています。

 

2位 BURBERRY(バーバリー)

BURBERRY(バーバリー)

https://jp.burberry.com/

どんなブランド?

バーバリーは、言わずと知れた、英国の大人気ブランドです。物心のついた日本人が、生まれて初めて意識する海外ブランドは、もしかするとバーバリーである、というケースがもっとも多いのかもしれません。

それくらい、バーバリーは、この国において、圧倒的な存在感を持っていますし、人気、知名度ともに高く、あらゆる世代に浸透しています。上品なチェック柄は、全ての人の憧れの的です。

価格帯や購入層は?

バーバリーは、気品溢れる雰囲気でありながら、親しみやすいところが魅力のブランドです。

しかし、その価格帯はギョッとするほど、実はかなり高価。たとえば、チェック柄のマフラーは、多くの高校生が身に付けているので、リーズナブルなのかな?と思いきや、それは偽物や類似品である場合も多く、本家で購入すると、バーバリーはがっつりとお高めなのです。

お薦めのシリーズは?

ミディアム レザートリム ロンドンチェック ブリーフケース

ミディアム レザートリム ロンドンチェック ブリーフケース

コントラストの薄い、エレガントなチェック柄を楽しむことのできるブリーフケースです。スリムながらも、しっかりと自立しますし、ストラップも付いていて、機能的な逸品。女性ウケもバツグンであることが期待されます。

 

ラージ ロンドンレザー ブリーフケース

ラージ ロンドンレザー ブリーフケース

バーバリーと言えば、チェック柄、という定番をあえて外したい、上級者な人に向いている、シックなブリーフケースになります。メタル調のロゴがオシャレで、ハイセンスなオーラに溢れています。

 

3位 COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)

http://cocomeister.jp/

どんなブランド?

革のビジネスバッグを探していて、特にブランドは決めていない、という人がいたら、真っ先にお薦めしたいのがココマイスターです。

ココマイスターは近年、日本国内において急成長を遂げている、今、大注目株のブランドなのです。

ブライドルや、コードバン、マットーネ、クリスペルカーフなど、海外製の上質な皮革を、日本の熟練された職人が縫製しているという、革業界の黄金コースを突き進む、最先端のブランドです。

価格帯や購入層は?

ココマイスターの世界観は、ミドル〜シニア層の、気品溢れる紳士なビジネスマンに向いています。

お硬い職業の人でも違和感なく使えるような、きちんとしたビジネスバッグが勢揃いしています。

価格帯は、安くありませんが、品質に見合っていますし、メイドインジャパンという信頼を寄せられるので、コスパは悪くないと言えるでしょう。

お薦めのシリーズは?

マットーネモンドヴィマイスター

マットーネモンドヴィマイスター

キラキラと光るテクスチャーは、レザーの編み込みによるものです。芸術品のような、ここまでの佇まいを実現できるというのは、ココマイスターのように、レベルの高い職人を有しているブランドでなければ難しいでしょう。

 

クリスペルカーフダルムシュタット

クリスペルカーフダルムシュタット

ビジネスバッグに求めること=収容力ではない、というケースだってあり得ます。必要最低限のものをスマートに持ち運びたいのであれば、俄然、このクリスペルカーフ製、薄型のブリーフケースをお薦めします。

 

4位 CORBO(コルボ)

CORBO(コルボ)

http://corbo.co.jp

どんなブランド?

コルボは、渋谷を拠点に構える、都会的で現代的なセンスに溢れたブランドです。

カジュアルなラインも、ビジネス向けのラインも揃っており、男女問わず高い人気を誇っています。

オーソドックスなだけでなく、意外とありそうでなかった、というようなちょっと尖った個性が感じられるようなブランドなので、ファッション上級者からのウケがバツグンです。

価格帯や購入層は?

コルボは、20代~30代くらいの、情報ツウで、ファッションの流行に敏感な世代からの支持が高くなっています。

価格帯は、品質相応で標準ラインといったところですが、オシャレなブランドであるわりには、安いと感じる人もいるかもしれません。

狙い目なブランドとして、推薦できます。

お薦めのシリーズは?

Famiglia シングルタイプ ブリーフバッグ

Famiglia シングルタイプ ブリーフバッグ

コルボオリジナルで開発された贅沢な皮革素材が採用されている、大ヒットモデルです。ビジネスバッグの決定版!といった感じで、一目惚れをして購入していくという人も多いようです。

 

Moon less night ビジネスバッグ

Moon less night ビジネスバッグ

一見、よく見掛けるブリーフケースのよう!?と思いきや、よく見ると、全くその辺のブリーフケースとは一線を画する、デザイン性に富んだ、コルボのオリジナリティ溢れるビジネスバッグです。隠れた機能性の高さに驚かされることでしょう。

 

5位 FUJITAKA(フジタカ)

FUJITAKA(フジタカ)

https://fujitaka-japan.com

どんなブランド?

フジタカは、日本で誕生した、老舗の革製品ブランドです。特筆すべきは、色彩に対するこだわりでしょう。

ビジネスバッグの定番色と言えば、黒や茶色やネイビーなどですが、フジタカでは、日本古来の豊かな色彩を、商品に対して巧みに取り入れていくので、下品な派手さがなく、上品な艶やかさが際立つのです。

価格帯や購入層は?

フジタカの商品と相性の良い層は、40代以降のベテラン世代なビジネスマンです。

洗練されていつつも、ブランド全体に、渋い味わいが漂っているので、そろそろ、大人として落ち着いた本格的なレザーのビジネスバッグを探したい、と考え始める人から、需要が高いようです。

価格帯は、高品質なわりには良心的です。

お薦めのシリーズは?

レザービジネスバッグ A4ジャスト オーブ No.634504

レザービジネスバッグ A4ジャスト オーブ No.634504

厳選された北米の上質な原皮によって構成されている、フジタカらしいセンスが際立つビジネスバッグです。発色の鮮やかなイエローであっても、この気品であれば、堂々とビジネスシーンで活躍させられるはず。

 

レザービジネスバッグ A4 ベリル No.646551

レザービジネスバッグ A4 ベリル No.646551

中央のジップラインを堺に、ハイセンスな2トーンで構成されているブリーフケースです。黒バージョンのみ、ブラック☓ブラックとなっていますが、それ以外だと、ネイビーもしくはグレーとのコントラストが楽しめます。

 

6位 SOMES SADDLE(ソメスサドル)

SOMES SADDLE(ソメスサドル)

http://www.somes.co.jp

どんなブランド?

ソメスサドルは、日本で唯一、馬具の製造を行っているという、北海道のブランドです。

騎手の命を預かる馬具の製造を行っているだけあって、その素材の良さや、縫製の丁寧さは、バツグン。信頼度の暑いブランドであると言えるでしょう。

ポジションも、メジャー過ぎないので、お目の高い人であれば、知っているブランド、といった感じで、かなり美味しいと言えます。

価格帯や購入層は?

ソメスサドルは、男女問わず人気の高いブランドになります。

世代的には、30代前半くらいとマッチしそうですが、どちらかというと、若さよりも、大人っぽさが際立っているような世界観です。

価格帯は、標準よりも少し高めくらいで、比較的、安心して手を伸ばすことができるラインに設定されています。

お薦めのシリーズは?

エグゼクティブ ダレスバックⅡ

エグゼクティブ ダレスバックⅡ

医者や弁護士や企業のCEOなど、お堅い職業の人が愛用しそうな、エグゼクティブな雰囲気の漂うダレスバッグです。金具部分のフォルムが、王冠を連想させるところも、ワンポイントとして、エレガントなのにキュートです。

 

ウィズダム ブリーフケース

ウィズダム ブリーフケース

タンニン鞣しの牛革に、角シボの型押しが施されている、美しいテクスチャーのブリーフケースです。マットな質感が都会的で、オフィスライフをより上品に演出してくれることでしょう。微妙に流曲線の施されているポケットも、ソメスサドルならでは。

 

7位 HUNTING WORLD(ハンティングワールド)

HUNTING WORLD(ハンティングワールド)

https://www.huntingworld.jp/hw/index.html

どんなブランド?

ある世代の人々が高確率で、強い思い入れを抱いているという、独特の路線をいくブランド、ハンティングワールドが日本で最初にブレイクしたのは、バブル真っ盛りの80年代~90年代くらいのことです。

ハンティングワールドのポーチや、セカンドバッグを持っている、というとのは、当時のビジネスマンにとってステータスのようなものでした。

そして、現代でも時代は繰り返され、若者の間で今またハンティングワールドは流行の兆しを魅せています。

価格帯や購入層は?

ハンティングワールドのファンが多いのは、50代~60代くらいのベテラン世代ですが、20代くらいの若いビジネスマンが、逆にハンティングワールドを愛用する、というオシャレが今、注目されています。

上層部からのウケも良くなることでしょうし、話題も膨らむはず、ということで是非、挑戦してみて欲しいブランドです。

価格帯は、かなりお高めです。

お薦めのシリーズは?

4096BSW ウィンウッド

4096BSW ウィンウッド

ハンティングワールドの中でも、都会的でかつ現代的なエッセンスが詰まっている、尖った雰囲気のオシャレなビジネスバッグです。ハンティングワールドを買おうとしている人が抱く「オジサン臭いかも…?」という不安も、このバッグなら一切感じないことでしょう。

 

4094BSW ウィンウッド

4094BSW ウィンウッド

彩度の低いグリーンと、逆に鮮烈なレッドとのコントラストがハイセンスな逸品です。ハンティングワールドらしい質感と、象のマークのロゴが、ファンの心を虜にするはず。機能的で耐久性も高い商品です。

 

8位 GANZO(ガンゾ)

GANZO(ガンゾ)

http://www.ganzo.ne.jp

どんなブランド?

ガンゾは、革製品に対して、一定以上の高い品質を求める、本格志向な人々から熱い支持を得ているブランドです。

海外のハイブランドに対して「どうしてこんなに高いの?」という疑問を抱くような人が、次々とガンゾの元へ集まってきている、という話もあります。

ただ、なんとなく…ではなく、きちんと素材に対する知識を深めている人が、選びに選び抜いた末、購入していく…ガンゾはそんなブランドです。

価格帯や購入層は?

ガンゾの特徴は、上質でオーソドックスということなので、あらゆる世代の人々とマッチします。

特に、30代~40代くらいのビジネスマンとは親和性バツグンといったところでしょう。

価格帯は、やや高めといったレベルですが、驚くほどではありません。高品質なものをそれ相応の価格で、安心して入手したいと考えている大人な男性にお薦めできます。

お薦めのシリーズは?

BRIDLE (ブライドル)38cmブリーフケース

BRIDLE (ブライドル)38cmブリーフケース

カッチリとした王道の美しいブリーフケースを求めている人にお薦めしたい逸品です。採用されている素材は、アンティークな質感が魅力の堅牢なブライドル。馬具などにも使われる本格的な皮革なので、高級感が違います。

 

NB-1 (エヌビーワン)ブリーフケース

NB-1 (エヌビーワン)ブリーフケース

輪郭はカチっとしているのに、クシュッとしたフェミニンな表情も魅せてくれる、ギャップの際立つハイセンスなブリーフケースです。ガンゾの職人がいかに優れているか、ということを思い知らせてくれる、優秀なシリーズ。

 

9位 IL BISONTE (イル ビゾンテ)

IL BISONTE (イル ビゾンテ)

http://www.ilbisonte.jp/onlinestore/

どんなブランド?

イルビゾンテは、イタリアで誕生した革製品のブランドです。

本格志向の人にウケる、信頼度の高いブランドでありながら、ちょっとチャラっとしたオシャレな空気感も持っているという、ハイブリッドなところが、他にはない異質な魅力を放っています。

オシャレ系のバッグブランドは、アパレルも込みのケースが多いですが、イルビゾンテは革アイテムの専門店なので、品数やカラーが豊富というところも魅力です。

価格帯や購入層は?

イルビゾンテを求める世代の中心は、30代前後の男女です。

本格的でありながら、価格帯が控え目というところが、何より美味しく、オシャレでファッションに敏感な人々に狙われがち、という「その手があったか!」系のブランドです。

イルビゾンテのバッグを使っている、というと、ファッションを安易に捉えていない人、という空気感を醸し出すことができます。

お薦めのシリーズは?

ブリーフケース

ブリーフケース

レザーとナイロンのコンビネーションによって仕立てられている、オロビアンコらしいセンスに溢れているブリーフケースです。ブラック☓ブラック、ネイビー☓こげ茶などのバリエーションが存在しますが、一番のお薦めは、ブラック☓ヌメです。

 

ショルダーバッグ

ショルダーバッグ

カジュアルなシーンでも活躍させられそうな、ショルダーバッグです。マチがしっかりしているので、容量はかなりのもの。旅行のお供にも向いている、テンションの上がりそうな商品と言えるでしょう。

 

10位 Paul Smith(ポールスミス)

Paul Smith(ポールスミス)

http://www.paulsmith.co.jp/

どんなブランド?

ポール・スミスは、英国発のファッションブランドです。

人気、知名度、ともに高く、日本では圧倒的と言える存在感を放っています。

シンプルな黒を基調としているのに、ところどころに差し色で鮮やかなマルチカラーがあしらわれているなど、ちょっと尖ったセンスが、多くの人の心を掴んでいます。

多くのデパートにインショップとして入っているので、親しみやすさを感じている人も多いはずで、女性ウケも抜群です。

価格帯や購入層は?

ポール・スミスは、オシャレに目覚めたばかりの高校生から、洗練された感性を持つ大人のビジネスマンまで、幅広い層に愛されています。

ショップの雰囲気も、敷居が低い感じで、初心者もウエルカム!な感じですが、だからといって、決して値段が安いわけではありません。

ただ、オシャレなわりには、お得感があると思う人も多いことでしょう。

お薦めのシリーズは?

クラシックテック2WAYブリーフケース

クラシックテック2WAYブリーフケース

伝統的で、クラシカルな佇まいが魅力的なブリーフケースです。これだけだと、ポール・スミスらしさが感じられない、という人は、内装までしっかりチェックしてください。ポール・スミスらしい配色センスがちゃんと発揮されています。

 

シグネチャージップストライプ 3WAYブリーフケース

シグネチャージップストライプ 3WAYブリーフケース

これぞ、ポール・スミス!という、マルチカラーが炸裂している、ハイセンスなブリーフケースです。しかも、ジップも複数施されていて、シンプルなのに独特!という、絶妙な立ち位置をキープしている商品です。

 

まとめ

レザービジネスバッグのブランドをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

そろそろ、本格的な革のバッグを愛用したい、と考えている人にとって、背中を押すような記事となることを願います。

 

-鞄(バッグ)
-, ,

Copyright© メンズファッションブランド7 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.