鞄(バッグ)

革製ボストンバッグ(メンズ)のブランドランキング

更新日:

 

出張が多い人や、旅行好きな人にとって、大容量のボストンバッグは、必須アイテムと言えるでしょう。

ビジネス向きのものから、カジュアル向きのものまで、こちらでは、そんなボストンバッグの数々をご紹介していきますので、人気ブランドのランキングと共に、商品をチェックしてください。

 

1位 COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)

http://cocomeister.jp/

どんなブランド?

ココマイスターは、ヨーロッパから輸入した本格的で高品質な皮革を、日本の熟練された職人が縫製しているという、黄金のコラボレーションを満喫することのできる、高級ブランドです。

誕生したのは、わりと最近のことになりますが、ネットなどを中心に話題沸騰となっており、ビジネスマン達の新定番ブランドとして、定着しつつある動きとなっています。

価格帯や購入層は?

ココマイスターの世界観は、上品な英国紳士…といった感じで、40代以降の、ミドル層、シニア層な男性と、相性がピッタリです。

ただ、オーソドックスな雰囲気の商品が中心なので、若い世代であっても、違和感なく使うことができるでしょう。

価格帯については、品質が良いので、お値段もそれなり…といった感じですが、長年愛用していけることを考えると、コスパはかなり良いブランドであると言えます。

お薦めのシリーズは?

マルティーニダニエルオーク

マルティーニダニエルオーク

イタリアで製造されている、上品で落ち付きのあるシボが魅力的な皮革、マルティーニによって仕立てられているボストンバッグになります。大き過ぎないミニボストンというサイズ感が、多くの人のニーズにハマることでしょう。

 

マットーネトラウトマンスドロフ

マットーネトラウトマンスドロフ

イタリアで千年の歴史を誇るという伝統的なレザー、マットーネ製のボストンバッグです。フォルム自体はとてもシンプルでオーソドックスなデザインとなっていますが、ワンポイントで、表面のポケットに違う色が施されており、2トーンとして楽しめるところが特徴的。

 

2位 PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

http://www.pellemorbida.com

どんなブランド?

ペッレモルビダは、地中海風の世界観が魅力的で、豪華客船の旅を思わせる、優雅な雰囲気を醸し出しているブランドです。

しかし、実は生産国が日本であるという点がポイント。海外っぽい、セレブ感に溢れているのに、品質はメイドインジャパンというところが、多くのファンに受け入れられているのです。

デパートなどでも見掛けることの多い、比較的、メジャーなブランドです。

価格帯や購入層は?

ペッレモルビダの雰囲気が似合う世代は、30代後半~40代前半くらい、といったところでしょう。

大人っぽく垢抜けたい、と考えている人に、ペッレモルビダは絶妙にマッチするはず。オーソドックスで使いやすい上に、洗練された気品が感じられるのです。

価格帯は、標準よりもやや高めといったところ。決して安いブランドではないので、良いものにお金を掛けている実感を味わうことができるでしょう。

お薦めのシリーズは?

MB025-被せ付きボストンバッグ

MB025-被せ付きボストンバッグ

シンプルなようでありながらも、細かい装飾などが凝っているので、パッと遠くから見た時の存在感、高級感が違ってくる、上質なボストンバッグです。ペッレモルビダらしい、流曲線や、ホイッスルなどの要素も盛り込まれています。

 

9B001-ボストンバッグ

9B001-ボストンバッグ

ペッレモルビダらしい、洗練された現代的な空気感の漂う、エレガントなボストンバッグです。身体に馴染むようにクシュッとしているボストンも多いですが、こちらは型崩れのしない、カッチリタイプ。好きな人にとっては、たまらない商品でしょう。

 

3位 LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

http://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/homepage

どんなブランド?

ルイヴィトンは、フランス発の言わずと知れた、超高級ブランドです。

日本では、あまりの人気の高さに、女子高生や、地元のヤンキーまでもが、ルイヴィトンの財布やバッグをこぞって愛用したがります。

それ故、アンチも存在してしまうような、一面を持っていたりしますが、それもこれも、ルイヴィトンの放つ圧倒的な魅力が、人々を狂わせてしまうからこそ。

本家のヴィトンは、正真正銘の伝統的なハイセンスブランドなのです。

価格帯や購入層は?

ルイヴィトンは、価格帯がとにかく高めなので、経済的に余裕のある世代でないと、購入することは難しいでしょう。

ただ、デザイン的には、20代、30代のファッションと親和性が高いので、少し背伸びをしてでも、頑張ってヴィトンのバッグを1つか2つは持っておきたいところ。

高品質で耐久性は高いので、長く使えて、威張りも効かせられることを思うと、コスパは良いという考え方もできます。

お薦めのシリーズは?

キーポル・バンドリエール 45

キーポル・バンドリエール 45

これぞ、ルイヴィトンのバッグ!という圧倒的な存在感に満ちた、堂々たる風格のボストンバッグ。全ての人が憧れるような、独特の高級感が漂っています。モノグラムの地にブラックのレザーがワンポイントのアクセントとして効いています。

 

キーポル・バンドリエール 45

キーポル・バンドリエール 45

ルイヴィトンのシグネチャーである、市松模様がベースとなっている、弾けたデザインのボストンになります。こんなバッグで常夏の島へバカンスに行けたら、それはもう、最高にゴキゲンな人生であると言えるでしょう。

 

4位 TUMI(トゥミ)

TUMI(トゥミ)

http://www.tumi.co.jp/

どんなブランド?

ハイスペックであることや、高機能であることにこだわりたい、左脳派のビジネスマンにとって、とにかく魅力的な存在として映っているのが、アメリカ発のブランド、TUMIです。

なにしろ、レザー1つとっても、米国軍の防弾チョッキに採用されているような、耐久性の高いものが使われていたりするのです。

2WAY、3WAY、は当たり前、というように、TUMIのバッグは、とにかくビジネスマンに嬉しい機能が詰まりまくっているのです。

価格帯や購入層は?

TUMI は、30代~50代くらいの、働き盛りなビジネスマンと相性が良いブランドです。

味わいのある、芸術品的なバッグに興味を示すような人は、あまりTUMIでモノを買おうとは思わないでしょうが、逆に、とにかく機能的であることにグッと来る、強く惹かれるというタイプの人は、どんどんのめりこんでいくはず。

価格帯は、品質相応といった感じで、海外のハイブランドに特有の高額帯に設定されているということはありません。

お薦めのシリーズは?

ラージ・ウィールド・スプリット・ダッフル

ラージ・ウィールド・スプリット・ダッフル

デザイン、技術、機能、全てのパフォーマンスにおいて、完璧であると、TUMI が自信を持って送り出している商品になります。これさえあれば、何泊の出張を命じられたとしても、不安になる必要はないでしょう。

 

フレームド・ソフト・ダッフル

フレームド・ソフト・ダッフル

開口部がフレーム設計になっているため、出し入れしやすいという点が特徴的なダッフルバッグです。広くて見やすいコンパートメントの内部には、2~3泊くらい分の衣類が余裕で収容可能となっています。

 

5位 dunhill(ダンヒル)

dunhill(ダンヒル)

https://www.dunhill.com/

どんなブランド?

ダンヒルは、大人になると共に男性が憧れを抱き始める、本物感の漂うブランドです。

知名度や信頼度も圧倒的で、有名なところでは、サッカーの日本代表が、ダンヒルのスーツをオフィシャルで着用しています。

シックでモダンで、エレガントな世界観が魅力となっていて、あらゆるビジネスシーンを高級感たっぷりに演出してくれることでしょう。

価格帯や購入層は?

ダンヒルは超高級ブランドになるので、40代、50代となり、社会的に高い地位に昇り詰めることのできたような人々が、主に愛用しているイメージです。

若い世代が背伸びをして購入するのもアリですが、嫉妬の対象となってしまうような危うさも秘めているという…、ダンヒルはそれだけ、特別な存在として認知されているような、全てのメンズの憧れの的です。

お薦めのシリーズは?

デューク オードリー ロールトップ オーバーナイトバッグ

デューク オードリー ロールトップ オーバーナイトバッグ

どこからどう見ても、高級なボストンバッグであることが伝わってくる、圧倒的なオーラに包まれている商品です。レザーの質が良いのは、もちろん、ディテールが凝っており、レベルの高いクラフトマンシップを実感することができます。

 

ボストン スモール ホールドオール

ボストン スモール ホールドオール

ソフトグレインカーフスキン製の、高級ボストンバッグです。一見、シンプルなようですが、よく見ると、1つ1つの要素がこだわり抜かれていて、抜群に垢抜けています。センスの良い、立体的なラインも、特徴的。

 

6位 COACH(コーチ)

COACH(コーチ)

http://japan.coach.com/

どんなブランド?

コーチは、日本国内において、抜群の人気と知名度を誇るブランドです。

誕生したのはニューヨークですが、とにかく日本人の感性にマッチするラインナップが特徴的なのです。

海外のハイブランドであることには間違いないのですが、コーチはそんな中でも、イヤミのない上品さが魅力であると言えるでしょう。

別のブランドとコラボしたような、攻め系の商品も実は多く、革新的なスタンスが若者からも評価されています。

価格帯や購入層は?

コーチは、40代、50代くらいの男女からの支持が熱いブランドです。

もういい大人だし、そろそろちゃんとした高級ブランドのバッグを持ちたい…と考える人に、寄り添ってくれるような存在なのです。

価格帯は、確かに高いのですが、驚くほどではなく「意外とこんなもんなんだ」と感じる人も多いのではないでしょうか。

お薦めのシリーズは?

エクスプローラー バッグ 52 スポーツ カーフ レザー

エクスプローラー バッグ 52 スポーツ カーフ レザー

旅行用にデザインされているボストンバッグが、コーチお得意のスポーツカーフレザーによって仕立てられている贅沢な商品です。この仕上がりで15万円台というのは、対費用効果を考えると、かなりお得かもしれません。

 

エクスプローラー バッグ ペブル レザー

エクスプローラー バッグ ペブル レザー

上質なペブルレザーによって仕立てられている、シンプルながらも、高級感に溢れているボストンバッグです。飛行機の機内にも、持ち込みOKなサイズなので、気軽に旅行へ連れて行くことができるでしょう。10万円ちょうどなので、思い切りやすい価格と言えます。

 

7位 GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)

https://www.gucci.com/jp/

どんなブランド?

グッチは、日本国内において、ルイヴィトンと人気を2分していると言われる、知名度の高い大人気ブランドです。

オシャレな人が真っ先に手を伸ばしたがるハイブランドと言えば、その代表格はグッチでしょう。

「GG」のモノグラムに、赤と緑のラインが象徴的ですが、お決まりのパターンに収まっている商品ばかりではなく、非常に攻めたような斬新なデザインのものも次々に登場している、ファッション性の高いブランドです。

価格帯や購入層は?

グッチは、30代、40代くらいの、ファッションにこだわりを持つ、セレブな男女と、相性の良いブランドです。

グッチの商品を自身のコーディネートに取り入れるというのは、かなりレベルの高い技術を要することのように思えますが、商品自体は、奇抜過ぎることもなく、ほどよく華があるので、どんな服にも、非常に合わせやすいと言えるでしょう。

お薦めのシリーズは?

〔グッチ クーリエ〕ソフト GGスプリーム キャリーオンダッフルバッグ

〔グッチ クーリエ〕ソフト GGスプリーム キャリーオンダッフルバッグ

抜群の存在感と、高級感溢れるオーラに満ちた、グッチならではの華やかなボストンバッグです。様々なデザインのモチーフが、ペタペタと貼られているようなテクスチャーになりますが、これはよほどのセンスがなければ、成立しないことです。

 

〔ネオ ヴィンテージ〕ソフトGGスプリーム ウェブ ダッフルバッグ

〔ネオ ヴィンテージ〕ソフトGGスプリーム ウェブ ダッフルバッグ

クラシカルでありつつも、華やかな存在感があって、グッチファンならずとも、思わずこれにはグラっと来てしまうような、ダッフルバッグです。25万円というと、高く感じる人もいるかもしれませんが、50万円くらいしていてもおかしくない仕上がりなので、お値打ちかもしれません。

 

8位 FUJITAKA(フジタカ)

FUJITAKA(フジタカ)

https://fujitaka-japan.com

どんなブランド?

フジタカは、日本で誕生した、老舗の革製品ブランドです。

日本のビジネスマン達が使いやすいような、落ち着きのある上品なビジネスバッグの数々を、これまで、長年に渡って展開してきました。特筆すべき点は、日本的な色彩の美を重要視している、ということでしょう。

フジタカの商品は、とにかく色気のあるカラーで展開されているので、これは必見です。

価格帯や購入層は?

フジタカの商品は、ミドル層のビジネスマンと相性が良いでしょう。

本物志向の大人達が持つ感性にヒットするようなブランドなので、40代、50代に突入したら、是非とも狙ってみてください。

価格帯は、質相応といった具合で、驚くほど高価ということはありませんので、安心して購入することができるでしょう。

お薦めのシリーズは?

レザーボストンバッグ ジャスパーレザー No.45351

レザーボストンバッグ ジャスパーレザー No.45351

ショルダーストラップを調整することで、2通りの肩掛けを行うことができ、さらには手持ちスタイルも可能という、3WAYなボストンバッグです。ワイルドな風貌で、一人旅のお供にもお薦めできます。

 

レザーボストンバッグ ラプター No.631311

レザーボストンバッグ ラプター No.631311

かしこまったような、上品な佇まいが魅力的で、プライベートの旅行のみならず、1泊程度の出張にも是非、連れて行って欲しい、ボストンバッグです。やはり、気になるのは、このバッグのカラーでしょう。全4色展開になるので、迷ってみてください。

 

9位 SOMES SADDLE(ソメスサドル)

SOMES SADDLE(ソメスサドル)

http://www.somes.co.jp

どんなブランド?

ソメスサドルは、馬具の製造を行っているという、特殊な肩書きを持つブランドです。

北海道に拠点があるためか、なんとなく、その他のブランドとは、一線を画すような、独特の空気感が特徴的です。

馬の要素や、馬具のテイストなども取り入れられており、感度の高い、人とはちょっと違うファッションを好むような男女の間で人気となっています。

価格帯や購入層は?

ソメスサドルの商品は、落ち着きがあって、上品なので、もう少し垢抜けたいと考えているような、20代の人々や、そろそろ年相応の高級感あるバッグを持ちたいと考え始める30代くらいの男女から、需要が高くなっています。

どこか尖った雰囲気がありつつも、全体としてはオーソドックスなので、それ以外の世代の人であっても、違和感なく使いこなせることでしょう。

価格帯は、標準よりもややお高めくらいです。

お薦めのシリーズは?

ソメスサドル×エイチティーレーベル BOSTON(M)

ソメスサドル×エイチティーレーベル BOSTON(M)

シューズデザイナーである、坪内浩氏とのコラボレーションによって誕生した、ボストンバッグになります。コーナー部分に当てられている革は、特殊な技法によって、産み出された工夫である、とのこと。

 

ソメスサドル×エイチティーレーベル BOSTON(L)

ソメスサドル×エイチティーレーベル BOSTON(L)

ゆったりとした大きなサイズが魅力であるこちらのバッグは、外装のみならず、内装もカラーも美しいので、欠かさずチェックしていってください。ありそうでない、凝ったデザインのショルダーストラップにも注目すべきです。

 

10位 YUHAKU(ユハク)

YUHAKU(ユハク)

https://www.yuhaku.co.jp

どんなブランド?

YUHAKUは、日本人のデザイナー兼職人が立ち上げたブランドです。

染色技術に定評があり、美しい色ムラの施されている、優雅なグラデーションは、YUHAKUの人気を不動のもににしています。

YUHAKUの商品は、いずれも芸術性が高く、国内のみならず、海外からも高い評価を得ています。

価格帯や購入層は?

商品によっては、かなり高価で、とても手が出そうにない…なんてものもあったりしますが、それでも、YUHAKUの商品は、唯一無二の圧倒的な美しさを持っているので、欲しい!と一目惚れをして購入していくような人が後を絶ちません。

お薦めのシリーズは?

Travel VOLANDO / ボストンバッグ

Travel VOLANDO / ボストンバッグ

オーソドックスな雰囲気の上質なレザーに、独特の絵画タッチな装飾が施されている、芸術的なボストンバッグです。シルエットは、シンプルであって欲しいけれど、それだけじゃ満足できない!という意識の高い人にお薦めできる商品です。

 

フラップボストン

フラップボストン

感性の鋭い男性が好みそうな、独特の渋さと世界観を持っている、YUHAKUならではのハイセンスなボストンバッグです。クラシカルな雰囲気がありつつ、ラグジュアリー。こんなバッグを持ってしまったら、行ったことのない土地に、フラリと足を運びたくなることでしょう。

 

まとめ

こちらでは、ボストンバッグの人気ブランドを、ランキング形式でご紹介してきました。

大きなバッグは、必然的に価格も高くなるので、購入するには多少の勇気が必要になってきますが、長く使うものですから、とにかく納得できる良いものを選びましょう!

 

-鞄(バッグ)
-, ,

Copyright© メンズファッションブランド7 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.